森為三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

森 為三(もり ためぞう、1884年 - 1962年)は日本の動物学者。

人物[編集]

1884年生まれ[1]。1909年4月、併合前の韓国に招碑されて官立漠城高等学校の教授となった[2]。森は1924年5月まで15年にわたってこの学校に勤続したが、この間に漠城高等学校の校名は1911年11月京城高等普通学校、1921年4月京城第一高等普通学校と変遷した[2]。1924年5月に京城第一高等普通学校教諭を依願退職し、1925年4月30日京城帝国大学予科教授に任じられたが、この間の11ケ月間公務員としての空白期間がある[2]。京城帝大関係の韓国側資料に、「森は農林専門学校出身なので学士の資格がなく、初めは講師であった」[3]とあることから、この11ケ月の間、森は京城帝国大学予科の講師を務め、その後教授に正式採用されたと考えられている[2]1962年逝去[1]

1936年 京都帝国大学 理学博士 論文の題は「Studies on the geographical distribution of freshwater fishes in eastern Asia(東亜に於ける淡水魚類の地理的分布に就ての研究) 」[4]

著書[編集]

論文[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b 国立国会図書館(NDL)典拠データ検索
  2. ^ a b c d 稲葉継雄 (2004). “京城帝国大学予科について : 「朝鮮的要素」と「内地的要素」を中心に”. 九州大学大学院教育学研究紀要 7: 35-49. http://hdl.handle.net/2324/3667. 
  3. ^ 李 忠雨 (1980). 京城帝国大学. 多楽園. p. 71. 
  4. ^ 博士論文書誌データベース