飾磨郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
兵庫県飾磨郡の位置

飾磨郡(しかまぐん)は、兵庫県播磨国)にあった

郡域[編集]

1896年明治29年)に行政区画として発足した当時の郡域は、下記の区域にあたる。

  • 姫路市の一部(概ね木場、八代、東山、四郷町各町、御国野町各町、飾東町各町以西かつ飾東町各町、保城、西中島、白国、広嶺山、上大野、夢前町各町より南西かつ広畑区各町、青山、飾西、打越、白鳥台、夢前町各町以東および家島町各町。ただし南駅前町、朝日町、北条口、下寺町、国府寺町、五軒邸、同心町、五郎右衛門邸、米屋町、鍛冶町、野里寺町、大野町、威徳寺町、梅ヶ枝町、河間町、坊主町、小利木町、柳町、鷹匠町、材木町、景福寺前、柿山伏、龍野町、琴岡町、船橋町、東雲町、花影町、神田町、定元町、千代田町、南畝町より内側および神屋町・幸町・神和町・城見町・大善町・双葉町・城東町京口台・京口町・城東町野田の各一部を除く[1]

歴史[編集]

飾磨郡(第1次)[編集]

鎌倉時代後期頃には飾東郡飾西郡に分割されていたようである。

飾磨郡(第2次)[編集]

1.水上村 2.城北村 3.市殿村 4.国衙村 5.飾磨町 6.家島村 7.高浜村・下中島村 8.妻鹿村 9.白浜村 10.八木村 11.糸引村 12.四郷村 13.御国野村 14.花田村 15.谷外村 16.谷内村 21.高岡村 22.安室村 23.曽左村 24.置塩村 25.鹿谷村 26.菅野村 27.余部村 28.八幡村 29.広村 30.英賀保村 31.津田村 32.荒川村 33.手柄村(紫:姫路市 *は発足時の姫路市)

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年
以前
旧郡 明治29年4月1日 明治29年 - 昭和5年 昭和6年 - 昭和19年 昭和20年 -
昭和29年
昭和30年 -
昭和63年
平成1年 -
現在
現在
姫路市 姫路市 姫路市 昭和21年3月1日
姫路市
姫路市 姫路市 姫路市
飾東郡 城北村 大正14年4月1日
姫路市に編入
水上村 水上村 昭和8年4月1日
姫路市に編入
國衙村 明治45年4月1日
城南村
昭和10年10月1日
姫路市に編入
市殿村
飾西郡 高岡村 高岡村
安室村 安室村 昭和11年4月1日
姫路市に編入
荒川村 荒川村
手柄村 手柄村
飾東郡 飾磨町 飾磨町 飾磨町 昭和15年2月11日
市制 飾磨市
下中島村 大正8年4月1日
飾磨町に編入
飾西郡 津田村 津田村 昭和8年4月1日
飾磨町に編入
英賀保村 英賀保村 昭和11年4月1日
飾磨町に編入
飾東郡 高浜村 高浜村
妻鹿村 昭和2年11月1日
町制 妻鹿町
昭和13年4月1日
飾磨町に編入
白浜村 白浜村 昭和11年1月11日
町制 白浜町
飾西郡 広村 広村 昭和16年4月1日
広畑町
八幡村 八幡村
余部村 余部村 余部村 昭和29年7月1日
姫路市に編入
曽左村 曽左村 曽左村
飾東郡 八木村 八木村 八木村
糸引村 糸引村 糸引村
四郷村 四郷村 四郷村 四郷村 昭和32年10月1日
姫路市に編入
花田村 花田村 花田村 花田村
御国野村 御国野村 御国野村 御国野村
谷外村 谷外村 谷外村 昭和29年8月1日
飾東村
昭和33年1月1日
姫路市に編入
谷内村 谷内村 谷内村
家島村 昭和3年11月10日
町制 家島町
家島町 家島町 家島町 平成18年3月27日
姫路市に編入
飾西郡 置塩村 置塩村 置塩村 置塩村 昭和30年7月1日
夢前町
鹿谷村 鹿谷村 鹿谷村 鹿谷村
菅野村 菅野村 菅野村 菅野村

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治29年(1896年)4月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 住居表示実施地区の境界は不詳。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典』28 兵庫県、「角川日本地名大辞典」編纂委員会、角川書店、1988年9月1日。ISBN 4040012801

関連項目[編集]

先代:
-----
行政区の変遷
- (不明) (第1次)
次代:
飾東郡飾西郡
先代:
飾東郡・飾西郡
行政区の変遷
1896年 - 2006年 (第2次)
次代:
(消滅)