南九州大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
南九州大学
宮崎キャンパス
宮崎キャンパス
大学設置 1967年
創立 1962年
学校種別 私立
設置者 学校法人南九州学園
本部所在地 宮崎県宮崎市霧島5-1-2
北緯31度56分10.7秒 東経131度24分55.0秒 / 北緯31.936306度 東経131.415278度 / 31.936306; 131.415278座標: 北緯31度56分10.7秒 東経131度24分55.0秒 / 北緯31.936306度 東経131.415278度 / 31.936306; 131.415278
キャンパス 宮崎キャンパス
都城キャンパス
学部 健康栄養学部
環境園芸学部
人間発達学部
研究科 園芸学・食品科学研究科
ウェブサイト 南九州大学公式サイト
テンプレートを表示

南九州大学(みなみきゅうしゅうだいがく、英語: MINAMI KYUSHU UNIVERSITY)は、宮崎県宮崎市霧島5-1-2に本部を置く日本私立大学である。1967年に設置された。大学の略称南九(なんきゅう)。 高鍋町が大学創設の地である[1][2]

概要[編集]

宮崎キャンパスに健康栄養学部、都城キャンパスに環境園芸学部、人間発達学部を置き、をテーマに研究・教育活動が行われている。高鍋キャンパスは2017年高鍋町に売却された[1]

伝統的に、環境園芸学部からは中学・高校(理科・農業)教員、健康栄養学部からは管理栄養士や栄養教諭が数多く輩出されている。

沿革[編集]

都城キャンパス 本館
  • 1962年2月8日 - 学校法人宮崎高等学校設置認可。宮﨑高等学校設置認可。
  • 1962年4月1日 - 宮崎高等学校開校。
  • 1965年1月25日 - 学校法人南九州学園に改称。南九州短期大学(英語科)設置認可。
  • 1967年
    • 2月7日 - 南九州大学園芸学部園芸学科、造園学科設置認可。
    • 高鍋町位置)に園芸学部園芸学科、造園学科の1学部2学科で開学[3]
  • 1974年4月1日 - 宮崎高等学校生徒募集停止。
  • 1976年
    • 3月19日 - 南九州大学園芸学部に農業経済学科増設認可。
    • 農業経済学科増設[3]
  • 1985年12月25日 - 園芸学部に食品工学科増設認可。
  • 1986年 - 食品工学科増設[3]
  • 1992年2月3日 - 宮崎高等学校廃止認可。
  • 1998年12月22日 - 南九州大学大学院園芸学・食品科学研究科設置認可。
  • 1999年 - 大学院園芸学・食品科学研究科開設[3]
  • 2001年8月1日 - 南九州大学環境造園学部造園学科、地域環境学科設置認可。
  • 2002年
    • 4月1日 - 南九州大学園芸学部造園学科および農業経済学科の学生募集停止。
    • 環境造園学部(造園学科、地域環境学科)設置。園芸学部(園芸学科、食品工学科)との2学部体制[3]
  • 2002年12月19日 - 南九州大学健康栄養学部管理栄養学科、食品健康学科の設置認可。
  • 2003年4月1日 - 宮崎市霧島町に[3]南九州大学宮﨑キャンパスを開設し、健康栄養学部管理栄養学科、食品健康学科を置く。南九州短期大学を田吉キャンパスから宮﨑キャンパスに移設。南九州大学園芸学部食品工学科の学生募集停止。
  • 2006年12月7日 - 南九州大学園芸学部食品工学科廃止を届出。
  • 2008年5月30日 - 南九州大学環境園芸学部設置を届出。
  • 2009年4月1日 - 南九州大学都城キャンパスを開設、環境園芸学部環境園芸学科を設置。南九州大学園芸学部および環境造園学部(両学部とも高鍋キャンパス)の学生募集停止。
  • 2009年10月30日 - 南九州大学人間発達学部子ども教育学科設置認可。
  • 2011年6月28日 - 南九州大学健康栄養学部食品健康学科を食品開発科学科に名称変更の届出。
  • 2012年4月1日 - 南九州大学健康栄養学部食品健康学科を食品開発科学科に名称変更。
  • 2017年9月 - 高鍋キャンパスを高鍋町に売却[1]。跡地はキヤノンの新工場に[4][5]

学部・学科[編集]

  • 環境園芸学部
    • 環境園芸学科
      • 園芸学分野
        • 園芸生産環境専攻
        • 植物バイオ・育種専攻
      • 造園学分野
        • 造園緑地専攻
        • 花・ガーデニング専攻
      • 自然環境分野
        • 自然環境専攻

大学院[編集]

  • 園芸学・食品科学研究科
    • 園芸学専攻(修士課程)
      • 園芸生産科学分野
      • 園芸資源科学分野
      • 環境保全分野
      • 造園学分野
    • 食品科学専攻(修士課程)
      • 食品微生物分野
      • 食品化学分野
      • 食品生化学分野

付属施設[編集]

  • 環境園芸学部附属フィールドセンター(都城)
  • 子どもの学び研究所(都城)
  • 子育て支援センター(都城)
  • 環境教育センター(都城)
  • 図書館
    • 南九州大学・南九州短期大学図書館(宮崎)
    • 南九州大学都城図書館(都城)
  • 環境造園学部附属実習場(高鍋) - 高鍋キャンパス時代の施設。
  • 園芸学部附属農場(高鍋) - 高鍋キャンパス時代の施設。

併設校[編集]

  • 南九州短期大学
    • 国際教養学科
      • 英語コミュニケーションコース
      • 留学コース
      • ビジネス・キャリアコース
      • オフィス情報コース
      • ホテル・観光コース
      • 医療事務・医療秘書コース
      • スポーツ健康コース
    • 専攻科(国際教養専攻)

ロケ地として使用したドラマ[編集]

キャンパスグッズ・名物[編集]

  • 「キャンパス銘菓 若紫」
宮崎キャンパス健康栄養学部食品開発科学科(旧:食品健康学科)と延岡市菓子メーカー㈱虎屋との共同開発。
福祉施設で栽培された甘藷(かんしょ)の「宮崎紅」を主原料、紫甘藷「アヤムラサキ」を副原料に使用したソフトクッキーである。

   ※ 甘藷(かんしょ)とは、サツマイモの別名

  • 「南九酒」
宮崎キャンパス健康栄養学部食品開発科学科の「醸造実習」で開発した焼酎。他にも「南九ワイン」や「南九へべす酒」「南九梅酒」等を開発している。
  • 「食育教材 食育カルタ」
宮崎キャンパス健康栄養学部管理栄養学科の2008年度卒業生7名が作成した。
食をテーマにした読み札と、色鉛筆やサインペンで描かれたはがき大の絵札がセットになっている。

大学関係者一覧[編集]

教員[編集]

出身者[編集]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

国内大学[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 高鍋キャンパスについて”. 南九州大学 (2017年10月6日). 2018年6月18日閲覧。
  2. ^ 教育学術オンライン 平成26年4月 第2561号(4月23日)”. 日本私立大学協会. 2018年6月19日閲覧。
  3. ^ a b c d e f キャンパス散策 2015.
  4. ^ “キヤノン、宮崎に新工場、南九州大キャンパス跡地に 需要拡大にも対応”. 産経WEST. (2017年8月30日). https://www.sankei.com/west/news/170830/wst1708300044-n1.html 2018年6月18日閲覧。 
  5. ^ “キヤノン高鍋進出へ 南九大跡地”. 宮崎日日新聞. (2017年8月30日). https://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_27760.html 2018年6月19日閲覧。 
  6. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]