佐賀女子短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
佐賀女子短期大学
佐賀女子短期大学
佐賀女子短期大学
大学設置 1965年
創立 1897年
学校種別 私立
設置者 学校法人旭学園
本部所在地 佐賀県佐賀市本庄町本庄1313
学部 キャリアデザイン学科
こども学科
健康福祉学科
研究科 幼児教育専攻
福祉専攻
ウェブサイト 佐賀女子短期大学公式サイト
テンプレートを表示

佐賀女子短期大学(さがじょしたんきだいがく、英語: Saga Women's Junior College)は、佐賀県佐賀市本庄町本庄1313に本部を置く日本私立大学である。1965年に設置された。大学の略称は佐賀女子短、佐女、女短。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 佐賀女子短期大学は、佐賀県内で3番目に設置された私立短期大学で、1897年に中島ヤスが創設したの家塾にはじまる。短大の設置は1966年で当初は家政科のみの単科短大だったが、順次学科が増設され最大で3学科7専攻とかなりの規模を誇っていたが、学科の再編もあって今日では2学科と1学科2専攻に規模縮小されている。キャンパスはJR佐賀駅の南側にあり、近隣には佐賀大学がある。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 佐賀女子短期大学の経営母体となっている学園訓は「順和」・「礼譲」・「敬愛」・「奉仕」となっている。さらに、学園訓に基づいて真の女性としての天分を養い女性にふさわしい其々の個性・能力に応じた教育によって資格・技芸を身につけ、将来の社会生活・家庭生活の発展向上に尽くす人材の育成を行なうことが当短大の「建学の精神」とされている[1]

教育および研究[編集]

  • 佐賀女子短期大学健康福祉学科食物栄養専攻におけるカリキュラムに「有機農業実習」が取り入れられているが、これは食育を学ぶ一環として行なわれている。

沿革[編集]

  • 1897年 中島ヤスによる家塾創設にはじまる。
  • 1946年 旭高等女学校となる。
  • 1966年 佐賀女子短期大学開学。
  • 1967年 児童教育科を増設。
  • 1968年 家政科を専攻分離する。
  • 1969年 学科名の改称が行なわれる。
  • 1970年 家政科にII部が設置される。募集は1983年度まで。
  • 1972年 児童教育学科を専攻分離する。
  • 1978年 文学科設置。
  • 1985年 文学科の専攻課程を名称変更する。各専攻とも募集は2000年度まで
  • 1989年 家政学科を生活学科に改称。家政専攻→生活専攻とする。
  • 2001年 文学科を文化コミュニケーション学科に改組。
  • 2004年 児童教育学科の各専攻名称を変更。なお、専攻別の募集は2007年度まで
  • 2006年 現代的教育ニーズ取組支援プログラムに採択される。
  • 2008年 学科の名称変更および再編を行なう予定。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 佐賀県佐賀市本庄町本庄1313

年度別学生数[編集]

- 家政科 児童教育科 文学科 出典
課程 一部 二部 一部 -
入学定員 ** ** ** ** -
総定員 ** ** ** ** -
1966年 女63 - - - [2]
1967年 女108 - 女108 - [3]
1968年 女137 - 女185 - [4]
1969年 不明 [5]
1970年 女219 記載なし 女138 - [6]
1971年 女206 女183 - [7]
1972年 女225 女257 - [8]
1973年 女267 女105 女308 - [9]
1974年 不明 [10]
1975年 女343 女97 女498 - [11]
1976年 女410 女108 女576 - [12]
1977年 女451 女123 女559 - [13]
1978年 女421 女135 女522 女68 [14]
1979年 女382 女111 女487 女132 [15]
1980年 女366 女119 女560 女119 [16]
1981年 女362 女122 女609 女177 [17]
1982年 女390 女129 女557 女177 [18]
1983年 女371 女67 女537 女170 [19]
1984年 女347 女33 女549 女144 [20]
1985年 女317 記載なし 女497 女159 [21]
1986年 女310 - 女517 女204 [22]
1987年 女357 - 女499 女214 [23]
1988年 女377 - 女392 女243 [24]
1989年 女435[25] - 女347 女317 [26]
1990年 女**1[27] - 女349 女363 [28]
1991年 女421 - 女373 女295 [29]
1992年 女414 - 女358 女278 [30][31]
1993年 女434 - 女351 女330 [32]
1994年 女447 - 女363 女340 [33]
1995年 女442 - 女383 女286 [34]
1996年 女433 - 女393 女203 [35]
1997年 女420 - 女389 女183 [36]
1998年 女399 - 女385 女170 [37]
1999年 女361 - 女342 女134 [38]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

2008年度からの学科体制
  • キャリアデザイン学科
  • 健康福祉学科
    • 食物栄養専攻:「栄養教育」・「栄養管理」・「栄養調理」の各コースからなる。
    • 介護福祉専攻
  • こども学科
過去の学科体制(2007年度以前)
  • 生活学科:健康福祉学科に改組されている。
    • 生活専攻:「生活文化」・「養護」の各コースが設置されていた。「養護」コースのカリキュラムは、2008年度よりキャリアデザイン学科の養護教諭・医療事務系の科目に組み込まれている。
    • 食物栄養専攻
    • 生活福祉専攻
  • 児童教育学科
    • こども学専攻:
    • 乳幼児保育専攻:
  • 文学科:後に文化コミュニケーション学科となる。
    • 国語国文専攻
    • 英語英文専攻
II部
  • 家政科

専攻科[編集]

  • 幼児教育専攻
  • 福祉専攻

取得資格について[編集]

資格
  • 司書:キャリアデザイン学科にて取得できるようになっている。司書・総合教養系の科目を選択する必要がある。
  • 司書教諭:キャリアデザイン学科にて取得できるようになっていた。司書・国語教諭系の科目を選択する必要があった。
  • 栄養士:健康福祉学科食物栄養専攻にて取得できるようになっている。
  • 介護福祉士:健康福祉学科介護福祉専攻にて取得できるようになっている。
  • 保育士:こども学科にて取得できる。但し、乳幼児保育コースに所属する必要がある。
教職課程
  • 幼稚園教諭二種免許状:こども学科にて取得できるようになっている[39]
  • 小学校教諭二種免許状:こども学科こども学コースにて取得できるようになっている。[40]
  • 中学校教諭二種免許状
    • 国語:旧来の文学科国語国文専攻より現在のキャリアデザイン学科において設置されていた。司書・国語教諭系の科目を選択する必要があった。
    • 英語:旧来の文学科英語英文専攻にて取得できるようになっていた。
    • 家庭:旧来の生活学科生活専攻にて取得できるようになっていた。
  • 養護教諭二種免許状:かつては、人間生活学科養護心理コース(旧来の生活学科生活専攻養護コース)で取得することになっていたが、2008年度よりキャリアデザイン学科の養護教諭・医療事務系科目を履修することになっている。
  • 栄養教諭二種免許状:健康福祉学科食物栄養専攻。但し、栄養教育コースに所属する必要がある。

附属機関[編集]

  • 図書館が学内にある。所蔵図書はおよそ100,000冊となっている。

教育[編集]

  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    • 「食育教育」:栽培から調理までの体験
    • ほか、佐賀県内3短大と連携したプログラムとして「こどもの自然・こどもと環境」がある。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

  • 文化系・体育系を含めておよそ20のクラブ活動がある。詳細は、ホームページを参照にされたい。

学園祭[編集]

スポーツ[編集]

  • バレーボール部が、「九州大学リーグI部」に所属しており、2006年には「九州国体」に出場している。
  • バドミントン部が、「九州学生リーグI部」に所属しており、2006年には「九州国体」に出場している。また、「全日本インカレ」出場の実績もある。
  • バスケットボール部が「九州学生リーグIII部」に所属している。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 佐賀女子短期大学の同窓会は「若楠会」となっている。

大学関係者一覧[編集]

教職員[編集]

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 交通アクセス:JR長崎本線佐賀駅下車。同駅より佐賀市営バスで3・佐賀女子短大線もしくは63・佐賀大学・女子短大線に乗車し、「佐賀女子短大前」で下車。

学生食堂[編集]

  • 学内にある。

[編集]

  • キャンパスに隣接された場所にある。

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

社会との関わり[編集]

  • 保育者養成校の社会資源を地域に還元することをねらいに、「子育てコミュニティカレッジ」を開設している。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

附属学校[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2008年度用入学案内冊子より引用した
  2. ^ 昭和42年度版『総覧』42頁
  3. ^ 昭和43年度版『総覧』43頁
  4. ^ 昭和44年度版『総覧』46頁
  5. ^ 昭和45年度版『総覧』46頁に記載はあるが、学園紛争の関係で、当年度の学生数の情報収集ができず、便宜上昨年度と同数で表示されている。
  6. ^ 昭和46年度版『総覧』47頁
  7. ^ 昭和47年度版『総覧』47頁
  8. ^ 昭和48年度版『総覧』49頁
  9. ^ 昭和49年度版『総覧』51頁
  10. ^ 昭和50年度版『総覧』53頁に記載はあるが、諸事情によりやむを得ず、昨年の学生数が表記されている。
  11. ^ 昭和51年度版『総覧』55頁
  12. ^ 昭和52年度版『総覧』54頁
  13. ^ 昭和53年度版『総覧』54頁
  14. ^ 昭和54年度版『総覧』54頁
  15. ^ 昭和55年度版『総覧』55頁
  16. ^ 昭和56年度版『総覧』57頁
  17. ^ 昭和57年度版『総覧』57頁
  18. ^ 昭和58年度版『総覧』60頁
  19. ^ 昭和59年度版『総覧』62頁
  20. ^ 昭和60年度版『総覧』63頁
  21. ^ 昭和61年度版『総覧』71頁
  22. ^ 昭和62年度版『総覧』72頁
  23. ^ 昭和63年度版『総覧』74頁
  24. ^ 昭和64年度版『総覧』77頁
  25. ^ うち生活学科女241、家政学科女194
  26. ^ 1990年度版『総覧』79頁
  27. ^ 1991年度版『総覧』80頁には、「1」と表記されているが、前後の学生数から考えると、おそらく誤植だと思われる。
  28. ^ 1991年度版『総覧』80頁
  29. ^ 1992年度版『総覧』83頁
  30. ^ 1993年度版『総覧』85頁
  31. ^ 短大蛍雪 』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ、1992年9月臨時増刊号)439頁には「1,088(うち1年生510)」と表記されている。
  32. ^ 1994年度版『総覧』87頁
  33. ^ 1995年度版『総覧』89頁
  34. ^ 1996年度版『総覧』91頁
  35. ^ 1997年度版『総覧』92頁
  36. ^ 1998年度版『総覧』94頁
  37. ^ 1999年度版『総覧』82頁
  38. ^ 2000年度版『総覧』86頁
  39. ^ 旧来の児童教育学科乳幼児保育専攻(幼児教育専攻含む)およびこども学専攻(初等教育専攻含む)においてもこの課程が設置されていた
  40. ^ 旧来の児童教育学科乳こども学専攻(初等教育専攻)においてもこの課程が設置されていた
  41. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  42. ^ 佐賀市立図書館所蔵。詳細は佐賀市立図書館にて。

公式サイト[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。

座標: 北緯33度14分48.7秒 東経130度17分15.3秒