国際短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国際短期大学
本館
本館
大学設置 1950年
創立 1933年
学校種別 私立
設置者 学校法人国際学園
本部所在地 東京都中野区江古田4-8-8
学部 国際コミュニケーション学科
情報ネットワーク学科[1]
ウェブサイト 国際短期大学公式サイト
テンプレートを表示

国際短期大学(こくさいたんきだいがく、英語: Kokusai Junior College)は、東京都中野区江古田4-8-8に本部を置く日本私立大学である。1950年に設置された。大学の略称は国短(こくたん)。

概観[編集]

大学全体[編集]

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 国際短期大学における建学の精神は「自主独立・融和協調」となっている。
  • 教育理念は「21世紀を支える社会人を育てる大学教育」となっている。

教育および研究[編集]

  • 国際短期大学には、情報ネットワークおよび英語コミュニケーションの各学科が設けられており、いずれもビジネス社会で有用なカリキュラムが設けられている。海外留学制度もある。

学風および特色[編集]

  • 国際短期大学は、実学教育・個別指導・体験学習を重視した教育が行われている。

沿革[編集]

  • 1933年 高木章(当時衆議院議員)により中野高等無線電信学校が創立される
  • 1941年 財団法人中野学園設立(理事長高木章)。中野学園中学校設立(旧制。校長遠山丙午)
  • 1943年 軍部の接収により中野高等無線電信学校廃止(校舎は軍の科学技術兵器学校となる)
  • 1946年 国際外国語学校が設置される
  • 1948年 財団法人中野学園を財団法人国際学園と改称。中野学園中学校(旧制)を国際中学校と国際高等学校に改組
  • 1950年 国際外国語学校を発展改組して国際短期大学(英語科・学長高木章)を設置
  • 1951年 財団法人国際学園を学校法人国際学園に改組。国際中学校廃止。中野高等無線電信学校(校長小沢佐重喜、後に大野伴睦)を再開
  • 1962年 電気通信科を増設
  • 1968年 東京測量専門学校(校長岡崎英城、後に高木一明)を設立
  • 1973年 国際学園日本語学校(校長海野俊介、後に高木一明)を設立
  • 1974年 中野高等無線電信学校を廃止
  • 1978年 国際学園日本語学校(校長海野俊介、後に高木一明)を設立
  • 1994年 電気通信科を情報通信科に改組
  • 1998年 学科名の変更が行われる
    • 英語科→英語コミュニケーション学科
    • 情報通信科→情報ネットワーク学科
  • 2001年 英語コミュニケーション学科に男子学生の募集を開始する
  • 2003年 東京測量専門学校を廃止
  • 2010年 英語コミュニケーション学科と情報ネットワーク学科を統合し、国際コミュニケーション学科に改組

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 東京都中野区江古田4-8-8

交通アクセス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 国際コミュニケーション学科:「英語キャリアコース」・「国際観光コース」・「総合ビジネスコース」の各コースがある。
旧学科[編集]
  • 英語コミュニケーション学科:「国際観光」・「児童英語インストラクター」・「総合ビジネス」の各コースがある。
  • 情報ネットワーク学科:「ネットワークエンジニア」・「情報メディア」・「総合ビジネス」の各コースがある[1]

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

資格
教職課程
  • 中学校教諭二種免許状の課程が設置されていた。
    • 英語:英語科および英語コミュニケーション学科にて設置されていた。
    • 職業:情報ネットワーク学科の前身となっている電気通信科にて設置されていた時期があった。

年度別学生数[編集]

年度 英語科 電気通信科 出典
1954年 166(11 - [2]
1955年1957年 不明 - [3]
1958年 135(28 - [4]
1959年 168(23 - [5]
1960年 145(64 - [6]
1961年 158(64 - [7]
1962年 256(84 記載なし [8]
1963年 205(76 162 [9]
1964年 161(38 167 [10]
1965年 106(52 100 [11]
1966年 167(57 164 [12]
1967年 160(55 165 [13]
1968年 121(44 83 [14]
1969年 121(44 83 [15]
1970年 134(44 84 [16]
1971年 171(40 103 [17]
1972年 209(52 112 [18]
1973年 219(53 110 [19]
1974年 219(53 110 [20]
1975年 180(29 91 [21]
1976年 188(22 100 [22]
1977年 228(49 106 [23]
1978年 580(68 129(4 [24]
1979年 547(46 139(4 [25]
1980年 467(20 107(1 [26]
1981年 480(17 88(8 [27]
1982年 481(13 150(54 [28]
1983年 481(10 253(104 [29]
1984年 458(5 312(123 [30]
1985年 407(5 317(138 [31]
1986年 484(4 378(149 [32]
1987年 607(2 477(156 [33]
1988年 585(3 549(150 [34]
1989年 548(1 538(114 [35]
1990年 535 513(61 [36]
1991年 551 494(35 [37]
1992年 451 441(27 [38]
1993年 381 423(41 [39]
1994年 378 363[40]62[41] [42]
1995年 318 288(51 [43]
1996年 285 282(41 [44]
1997年 195 247(56 [45]
1998年 138 248(96 [46]
1999年 105 215(103 [47]

附属機関[編集]

  • 五十周年記念ARENA(体育館):1998年竣工。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 国際短期大学の学園祭は「中野祭」と呼ばれている。キャンパスの所在地が中野区であることに因んでいるものとみられる。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 国際短期大学後援会組織がある。

教職員[編集]

出身者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 図書館
  • キャリア支援室
  • 学生ホール
  • コンピューター室
  • 狭山総合グランド(200mトラック、ソフトボール場、テニスコート3面および管理棟からなる)

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

アメリカ[編集]

オーストラリア[編集]

関係校[編集]

系列校[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

関連項目[編集]

公式サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 学生募集は2009年度が最終。
  2. ^ 昭和30年度版『全国学校総覧』1376頁(以下、『総覧』と略する。)
  3. ^ この年度における『総覧』が存在しないため。
  4. ^ 昭和34年度版『総覧』19頁
  5. ^ 昭和35年度版『総覧』17頁
  6. ^ 昭和36年度版『総覧』21頁
  7. ^ 昭和37年度版『総覧』21頁
  8. ^ 昭和38年度版『総覧』24頁
  9. ^ 昭和39年度版『総覧』26頁
  10. ^ 昭和40年度版『総覧』26頁より
  11. ^ 昭和41年度版『総覧』29頁
  12. ^ 昭和42年度版『総覧』31頁
  13. ^ 昭和43年度版『総覧』31頁
  14. ^ 昭和44年度版『総覧』33頁
  15. ^ 昭和45年度版『総覧』33頁
  16. ^ 昭和46年度版『総覧』33頁
  17. ^ 昭和47年度版『総覧』33頁
  18. ^ 昭和48年度版『総覧』35頁
  19. ^ 昭和49年度版『総覧』36頁
  20. ^ 昭和50年度版『総覧』38頁
  21. ^ 昭和51年度版『総覧』40頁
  22. ^ 昭和52年度版『総覧』40頁
  23. ^ 昭和53年度版『総覧』40頁
  24. ^ 昭和54年度版『総覧』41頁
  25. ^ 昭和55年度版『総覧』41頁
  26. ^ 昭和56年度版『総覧』43頁
  27. ^ 昭和57年度版『総覧』43頁
  28. ^ 昭和58年度版『総覧』44頁
  29. ^ 昭和59年度版『総覧』46頁
  30. ^ 昭和60年度版『総覧』46頁
  31. ^ 昭和61年度版『総覧』52頁
  32. ^ 昭和62年度版『総覧』52頁
  33. ^ 昭和63年度版『総覧』53頁
  34. ^ 昭和64年度版『総覧』57頁
  35. ^ 90年度版『総覧』58頁
  36. ^ 91年度版『総覧』59頁
  37. ^ 92年度版『総覧』60頁
  38. ^ 93年度版『総覧』60頁
  39. ^ 94年度版『総覧』63頁
  40. ^ 電気通信科205、情報通信科158
  41. ^ 電気通信科26、情報通信科36
  42. ^ 95年度版『総覧』65頁
  43. ^ 96年度版『総覧』67頁
  44. ^ 97年度版『総覧』68頁
  45. ^ 98年度版『総覧』70頁
  46. ^ 99年度版『総覧』62頁
  47. ^ 2000年度版『総覧』65頁
  48. ^ a b c 2007年度用入学案内冊子より。
  49. ^ a b 『短大螢雪5月臨時増刊 短大・学科内容案内号』(旺文社。2000年5月)440ページより一部抜粋

この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。