江古田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

江古田(えごた、えこだ、えこた)は東京都区部の地名。中野区の北東部から練馬区江古田駅周辺に及ぶ。主に住宅街で、練馬区の江古田駅周辺は商店街学生街として知られる[1]。行政上の町名としては中野区に江古田一丁目から江古田四丁目まである(#行政上の町名としての江古田参照)。

地名[編集]

江古田の範囲[編集]

江古田という地名の範囲は一定しない。行政上の町名としては中野区に江古田一丁目から江古田四丁目まであるが、中野区江古田区民活動センター・江古田地域事務所は江原町二丁目に置かれている。江古田区民活動センターは次の区域を担当する[2]

  • 松が丘一丁目1~5、7~35番、松が丘二丁目7、10~37番(中野区モバイルサイトでは「松が丘一、二丁目全域」とされており範囲が異なる[3])。
  • 江原町一丁目、江原町二丁目、江原町三丁目
  • 江古田一丁目江古田二丁目江古田三丁目(江古田四丁目を含まない)

以上の江古田区民活動センターの担当区域の固有名称は明記されていないが、通常は江古田地域または江古田地区という呼称が用いられている。

江古田地域という名称は主に中野区の中の一地域という観点で用いられる。江古田区民活動センターはかつて「江古田地域センター」という名称であった。2011年に区役所の窓口業務を制度上分離して江古田区民活動センターに改称した後も、窓口業務を行う「江古田地域事務所」を施設内に併設している[3][4]。江古田地域センターという名称がなくなってからも江古田区民活動センター運営委員会が引き続き「江古田地域ニュース」を発行している[5]。また、中野区町会連合会による中野区町会一覧は、江古田区民活動センターを拠点とする5町会を「江古田地域」として括っている[6]

一方、江古田の地場で活動する民間地域団体は江古田地区の名称を用いるものが多い。江古田地区町会連合会、 江古田地区友愛クラブ連合会 、江古田地区民生委員・児童委員協議会、青少年育成江古田地区委員会、江古田地区まつり実行委員会などがそれである[7]。このうち江古田地区町会連合会は江古田区民活動センター運営委員会の中核を担い、地域の行事を運営し、地域の課題解決について協議している[8]。江古田地区町会連合会のエリアは江古田区民活動センター担当区域と一致する[9]

沼袋駅に近い江古田四丁目は江古田区民活動センターでなく沼袋区民活動センターが担当する[10]。中野区町会連合会の地域区分によると江古田四丁目町会は江古田地域でなく沼袋地域に属する[6]

練馬区側には江古田という行政上の地名はないが、練馬区役所が江古田地区または江古田○○地区という名称を用いることがある。公式サイトの区政情報「江古田駅周辺地区のまちづくり」のページで江古田駅北口地区江古田北部地区江古田南部地区の各都市計画決定を示している[11]。これに関連して2019年3月まで「江古田地区のまちづくり 江古田えこだより」を発行していた[12]

また、練馬区公式サイトの区政情報の商店街紹介で、江古田駅北口商店会[13]江古田銀座商店会[14]江古田市場通り商店会[15]江古田ゆうゆうロード(栄町本通り商店街振興組合)[16]の各ウェブページを特設している。さらに、練馬区役所は江古田駅周辺の日本大学芸術学部武蔵大学武蔵野音楽大学の3大学と協働して3大学合同学園祭プロジェクト・江古田カレッジトライアングルを実施している[17]。これら3大学は各々の敷地を江古田キャンパスと称している[18][19][20]西武鉄道は3大学と連携して江古田キャンパスプロジェクトを展開し、江古田駅周辺を江古田のまちと呼んでいる[1]。江古田駅北口にある浅間神社の富士塚は江古田の富士塚というのが国の定めた正式名称である[21]

西武池袋線には江古田駅が存在し、駅周辺一帯も江古田と呼ばれることが多い。現在、江古田駅は練馬区旭丘にあり中野区江古田からは離れている[22]。これは、練馬区旭丘が1960年の町名変更まで江古田町であったことに由来する。もともと、江戸時代に多摩郡江古田村の新田として開発されたものである[22]

練馬区の江古田駅前と中野区江古田の新青梅街道とを結ぶ区道を江古田通りという[23]。江古田通りと目白通りとの交差点、練馬区と中野区の境目に都営地下鉄大江戸線新江古田駅がある。同駅の住所表示は中野区江原町である[22]。江原町には中野区江古田区民活動センター・江古田地域事務所が置かれている[2]

地名の変遷[編集]

江古田の地名の文書上の初見は、太田道灌(1486年没)が江古田原合戦の顛末について記した書状(道灌状)に江古田原という地名が明記されている。江古田原は練馬・石神井両城から攻めてきた豊島勢を太田道灌らの軍勢が迎え撃って合戦した場所である。道灌状を下敷きにして室町末期に書かれたとみられる鎌倉大草紙では江古田原沼袋となっている[24]。永禄2年の小田原北条氏の所領役帳に「江古田恒岡分」[25]、天正19年の徳川氏の検地帳に江古田村という地名が見える[26]。その後近世を通じて名主家に遺された古文書をみても村の名は江古田村である。文化文政期(1804-1829年)に編まれた新編武蔵風土記稿には江古田(エコタ)村の項目がある[27]。江古田村は明治維新後も存続し、1884年(明治17年)に片山村を併合して範囲を拡げる[28]

練馬側の江古田新田については、慶安5年(1652年)の江古田村名主深野家の文書「御水ノ帳」に新田として合計3町余りが記載されている。寛文4年(1664年)辰年に新田の検地が実施され、江古田村辰之新田または江古田村新田として年貢が割付られた。これは元禄13年の割附状から江古田新田に変わる。寛政8年(1796年)頃から上板橋村の小名・江古田になる[29]。新編武蔵風土記稿でも上板橋村の小名の一つに江古田と記載されている[30]江古田新田は通称として用いられ、その範囲は上板橋村江古田を超えて、下練馬村の東南端(現・練馬区栄町あたり)に及んでいた[31]。村内の隣の小名・小竹にも食い込んでいたとみられ、一般に江古田富士といわれる富士塚(現・小竹町1-59-2)を江古田村では「新田の富士」と呼んでいたという[29]。江古田新田は境界の争いがあり、それに関して能満寺に夏雪山の説話が残されている。境界の争いがあると江古田側は必ず「夏雪が降る」といって言い分を押し通したというお話である[32]。明治以降、上板橋村の小名江古田は字(あざ)江古田になる[29]。字名は江古田であるが、江古田新田の地名が地図に表示されることもあった[33]

中野側の江古田村は、1889年の町村制施行以降、野方村の大字江古田になる。1932年の東京市の拡大により、野方町大字江古田は中野区の江古田一丁目から同四丁目までの4つの町丁に分けられる。上板橋村江古田は板橋区江古田町になる[32]。1960年代の住所表示法施行で中野区江古田の範囲が縮小し、丁目の区分が変って現在のものになる。1979年5月中野区は江古田出張所を江古田地域センターに改名する。同年10月沼袋地域センターを設立し、江古田地域センターの一部担当区域を移管する[34]

板橋区江古田町は1947年に練馬区が板橋区から独立したことで練馬区江古田町になる[35]。江古田町は1960年の町名地番整理により旭丘に改名する。これにより練馬区で江古田町の地名が消滅する[32]。1979年には江古田駅北口の富士塚が「江古田の富士塚」の名称で国から重要有形民俗文化財の指定を受ける[21]。練馬区では1992年度から2018年度まで密集住宅市街地整備促進事業で「江古田北部地区」の名を用い、都市計画決定では2006年度から「江古田駅北口地区」、2018年度から「江古田北部地区」、2019年度から「江古田南部地区」という名称を用いている[36]

江古田の読み方[編集]

江古田の読み方については「えた」「えこ」「えこた」が混在している。中野区側では「えた」と読むことが多いが、練馬区側では「えこ」と読むことが多い[22]。練馬区にある江古田の富士塚のふりがなは「えこのふじづか」が正式である。国がそう定めている[21]。西武鉄道江古田駅は「えこ」と読む[22]。江古田駅前の商店街や銀行の支店も「えこ」と読む。駅周辺3大学の江古田キャンパスで学んだ卒業生に聞いても「えこ」だと口を揃える[22]。駅周辺に住む江古田ちゃんも「えこちゃん」である[37]。練馬区役所が発行していた江古田地区まちづくり広報誌も「えこより」という題であった[12]。駅近くに江古田二又というバス停があるが、バス会社によって読みが異なり、国際興業バスでは「えこふたまた」、対する都営バスでは「えたふたまた」と読む[22]。江古田通りは目白通りとの交差点を境に中野区道と練馬区道とに分かれるが、練馬区道は「えこどおり」、中野区道は「えたどおり」と読む[22][23]。その境目の交差点にある大江戸線新江古田駅は「しんえた」と読む[22]。中野区内はおよそ「えた」が人口に膾炙している[38]。古くは1889年(明治21年)の江古田村戸長による上申書は江古田の語源といわれる寺の名を「エ寺」と表記していた[39]。濁らず「えこた」と表記することもある。江戸時代文化文政期編纂の「新編武蔵風土記稿」では江古田村の村名に「エコタ」という仮名を振っていた[27]。昭和戦前期に架けられた江古田大橋のプレートには「えこたおおはし」である[40]

地名としては「えた」が正しいようである。中野区江古田にある中野区立歴史民俗資料館によると、地名としては古くから「えた」でありと中野区では「えた」としか認識していないという。さらに練馬区立石神井公園ふるさと文化館によると、かつて練馬区にあった江古田町(現・旭丘)の読み方も「えたちょう」であり、現在の練馬区内でも「えた」と読む人が少なくない。「えこ」の読み方は江古田駅の駅名から広まった可能性が高いという[22]

江古田駅は大正時代に武蔵野鉄道江古田駅として開業した当初は「えた」と読んだが、1946年に西武鉄道江古田駅になった時に読み方が「えこ」に変わった。変更理由は不明である。2017年夏にNHK衛星放送の番組スタッフらが西武鉄道江古田駅に問い合わせたが資料を得られなかった[38]。2019年のニュース記事では、西武鉄道に聞いたところ、明確な資料は残っていないものの練馬区側で「えこ」と呼ぶ傾向があったため駅名も「えこ」になったそうだという話であった。中野区立歴史民俗資料館は、練馬側の江古田新田は中野側の江古田の本村と区別するため「えこ」と呼んでいたと聞いたことがあるという。練馬区立石神井公園ふるさと文化館は、練馬区が江古田町を旭丘へ改称した理由も中野区の江古田と区別するためだったと聞いているという[22]

地名の由来[編集]

江戸幕府が武蔵国の各村の地名の由来を調査したところ、江古田村については村名の起源がよく分からない(村名ノ起リヲ詳ニセス)ということだった[27]。調べても分からないことを分からないと答える科学的な姿勢であったが、近代になると江古田の地名の由来を何事かに付会する説があらわれる。

江古田にエゴノキが大量に生えていたからだという説がある[24]。この説は一時期有力説とされていた[38]。1961年刊行『練馬区史(現勢編)』は、江古田という地名がエゴノキの多い丘の下の田に由来するという説を紹介している。ただし同書によると、この説は確実なものではないという[32]。そもそもエゴノキのエの旧仮名表記は「ゑ」であるが、江古田の江は「ゑ」でなく「え」であるので辻妻が合わない[38]。ほかに、荏胡麻(エゴマ)の田が多くあったとか、古くから田があったから古田とよばれたとかいう説も流布している。以上の諸説はいずれも推測にすぎず根拠がなく、柳田国男がいうように日本の地名は地形から名付けられる場合が多いので江古田の場合も植生や作物よりも地勢説のほうが自然であろうと『練馬区史(歴史編)』は論じてい[41]

江古田の地勢によるのだという説もある。1961年刊行『練馬区史(歴史編)』によると、山の窪地などの谷あいへ水が流れ込んだ場所を方言でイゴとかエゴとか呼ぶ。江古田附近を地勢的にみると、寺山・天神山・和田山・片山などに挟まれた谷が複雑に入りくみ、江古田川や妙正寺川がその谷あいを蛇行している。このような地形は即ちエゴであり、エゴに開けた田んぼという意味で江古田と呼ぶようになったと見るべきである。そのように『練馬区史(歴史編)』は論じている[41]。あるいは単純に窪地や淵をエゴと呼ぶという説もある。この説に対しては、関東ではエゴという言葉をその意味で使うことは少ないという反論がある[38]。かつてはアイヌ語起源説もあった。江古田という地名はアイヌ語で密集または集団という意味であり、数多くの丘が低地を囲む地形を表すのだという。この説は地元自治体の旧野方町が1927年に編纂した町史に記載されている[42]。アイヌ語起源説は証拠がないと批判される[38]

江古田の地名は今の江古田の森公園あたりにあった江古寺という寺院に由来するという説がある[24]。この説は新しいようで実は古く、明治21年(1888年)11月27日付けで江古田村戸長より上申する文書は村名の由来について「むかし村の中央に江古寺と称する寺院がありまして、当村はその寺の領地であったので江古田村というのだそうです(原文:往古村ノ中央ニエゴ寺ト称スル寺院アリ当村ハ該寺ノ領地ニテ江古田村ト云フ由)」という言い伝えを報告している[39]。中野区公式サイトによると、平成の江古田遺跡発掘調査の結果、江古田の森公園の南隣で14世紀から15世紀前半にかけての中世寺院の跡が発見されたため、今では江古寺説が有力となっているという[24]

歴史[編集]

和田義盛伝説[編集]

江古田には鎌倉幕府重臣和田義盛にまつわる伝説がある。一つは和田山(現・中野区江古田地域内の哲学堂公園)の地名説話である。治承4年(1180年)源頼朝が挙兵して武蔵国松橋(板橋)に布陣したとき、家臣たちは各々近辺に陣屋を布いた。和田義盛は現在の哲学堂公園の丘に滞陣した。ここは和田義盛が陣屋を布いた山なので和田山と呼ばれるようになった。また、和田山の北側に植木戸という地名があり、これは和田陣屋の木戸があった所だという[43]。もう一つの伝説は江古田の旧家・小川家の家祖伝説である。鎌倉将軍源頼朝が亡くなると、和田義盛は執権北条氏と対立し、鎌倉で合戦して敗死した(和田合戦)。伝承によると、和田義盛は鎌倉で死なずに、郎党とともに江古田に逃れ、この地で自害した。和田義盛の子・小太郎磯盛は帰農して百姓・磯右衛門となった。その子孫は代々磯右衛門を名乗り、小川姓を称した。小川家は和田義盛を崇敬し、第六天として祭った[44]。第六天社は氷川神社に合祀されるまで江古田本村の一角(現・江古田1-6-19)にあった[45]。もとは通称小川家敷跡が第六天社であったという説もある[46]。小川屋敷は寺山(現・江古田の森公園一帯)の西に存在していた、高荘の屋敷であったという[47]。平成の江古田遺跡発掘調査では伝承地付近で居館の一部とみられる遺構が検出された。小川屋敷伝説との関連が推測されている[48]

草分け[編集]

江古田は鎌倉時代に開拓されたと伝わる[49]。江古田村内の東本村(現・江古田一丁目)が最初の集落であったといわれ、そこに鎌倉時代から続くと伝えられる旧家が8軒あった。深野、堀野、佐久間、高崎、木村、白井、山崎、小川の各家である[50]。江古田の名主であった深野家は鎌倉期にこの地へ入植したと伝承される。深野家の一族で相名主格でもあった堀野良之助は深野家について「鎌倉時代の落ち武者の末孫であったのだろう」と推測している。文永8年(1271年)鎌倉龍ノ口法難を免れた日蓮が佐渡に流される途中で江古田の脇の鎌倉みちを通り、深野家に一泊して書をしたためたのが今に残るという[49]

口伝によると、かつて江古田の寺山(現・江古田の森公園一帯)に江古寺という寺院があった[51]。江古田村はその領地であったという[52]。明治のころ村民がその辺りの雑木林を開拓したとき、板碑2基をはじめとして、板碑や石造物の破片が大量に出土したことがあった。板碑の一つは応永年代(13941428年)のものだった[53]平成の江古田遺跡発掘調査では、中世の工法で造成・整地された平坦面に、総柱・庇付きの掘立柱建物跡や、空堀ともいえる溝、焼き場とみられる土坑などの遺構が検出された。遺物としては白磁四耳壷をはじめとする陶磁器などが発掘された[51]。発掘調査報告書はこれを14~15世紀に存在していた中世寺院の遺跡ではないかと推測し、江古寺の伝承を参照している[51]

江古田原合戦とその伝承[編集]

文明9年(1477年)、太田道灌の軍勢が江古田周辺で豊島氏の軍勢と戦ってこれを打ち破った。江古田原合戦である[51]。豊島方の戦死者を葬ったといわれる豊島塚が江古田の台地に点在している。昭和のころまで7か所ほど残っていた[54]。現在はお経塚(江古田2-14)と金塚(江古田4-41)の2か所しか残っていない[52]

江古田では合戦に関する伝承がある。明治時代に公式に報告された伝承によると、江古田村の領主であるエゴ寺の住職は、甲冑を着て部隊を率いて戦って敗れ、エゴ寺は戦火に罹って焼亡したという。すなわち明治21年(1888年)11月27日付けで、江古田村戸長より村の沿革を取り調べて上申する文書に次のようにある[39](現代語訳)。

江古田村の創立年月は不詳である(むかし村の中央に「エゴ寺」と称する寺院があって、当村はその寺の領地であったので江古田村というのだそうである。その寺の住職は英邁豪傑であって、「本邦前九年ノ役」で徒弟を率いて某と戦って敗れた。このとき寺の建物は戦火に罹って焼亡した。現在当村に古塚があり、村人は俗に「経塚」と呼ぶ。経文を埋めたからである。また「カチヌキ坂」と称する場所がある。住職が「甲冑衣」を脱ぎ、この坂に接する森の中で焼き捨て、その身は行方しらずになった。これによってこの名があるという。古い昔のことは確証を得がたいけれども、今なお伝承が存するため、ここに記す)。

ここで、エゴ寺が焼亡した「本邦前九年ノ役」とは東北地方を戦場とする前九年の役のことなのか、それとも文明九年の江古田原合戦のことなのか、文明九年を前九年と誤って伝えたのではないか、という問題がある。昭和になって記録された伝説によると、江古寺が焼亡したのは江古田原合戦であった。豊島一族は江古寺附近に陣をとって戦いに敗れ、江古寺は江古田原合戦の最中に火をかけられて焼失したと伝わる[55]。焼けたエゴ寺の経文を埋めたという「経塚」は現在では江古田原合戦の戦死者を葬った塚とされる[52]。住職が甲冑を焼き捨てた森とそれに接する「カチヌキ坂」の場所は不明である。江古寺の伝承地は台地上の江古田の森公園一帯であり、周囲の斜面は森になっている。昭和以前、急坂の左右が険しい崖になっている場所で種々の古物が出土したことがあった[55]

以上のように、明治時代に記録された古い伝承では江古田村の領主は合戦に負けた側であった[39]。一方、昭和に記録された新しい伝説では江古田村は勝った側に関わっている。すなわち、江古田の氷川神社は太田道灌が江戸城を築いた3年後の寛正元年(1460年)に創建されたという伝説、そして太田道灌は練馬城石神井城の豊島一族を攻めるにあったって当社に参拝して戦勝を祈願したという伝説である[56]。明治の初めに氷川神社の由緒を調査したところでは、このような伝説は記録されていなかった[44]

江古田恒岡分[編集]

永禄2年(1559年)に北条氏康が記させた小田原衆所領役帳には「五貫文 江戸 江古田恒岡分」とある[25]。この「江古田」は近世の江古田村に概ね相当すると考えられる。「恒岡分」というのは恒岡家への配当分であることを示す。恒岡家は太田氏の庶流であり[57]、岩槻太田家の譜代家臣であった[58]

小田原北条家人所領役帳では「太田新六郎知行当所五貫文寄子恒岡越後守配当ノ分」と見える[27]。江古田村は太田新六郎の知行地であった[26]太田新六郎は岩槻太田家の一族である。北条氏の処遇を不満とし、永禄6年(1563年)に岩槻太田家当主太田資正とともに謀叛を企てたのが露見し、資正居城の岩槻城に逃れた。翌年里見義弘らと連合して下総国府台にて北条氏と戦って大敗した[59]。この国府台合戦で太田新六郎らとともに北条氏に敗れた太田資正は、北条氏に親しい嫡男氏資によって岩槻城から追放される。資正追放を太田氏資に進言したのが恒岡越後守であった[58]。恒岡越後守はかつて小田原北条家人所領役帳に江古田村の配当分を記載されていた[27]。恒岡越後守は永禄10年(1567年)上総国三船台合戦で主君太田氏資とともに討ち死にする。敗走する北条軍の殿(しんがり)として太田氏資以下わずか53騎で敵に立ち向かって全員戦死した[58]。越後守に実子なく恒岡家は断絶するところであった。北条氏政は恒岡越後守の戦死を賞し、その弟で埼玉郡平林寺住職の泰翁禅師が出家のまま相続することを認めた[27][58]

江古田村[編集]

江戸時代、武蔵国多摩郡に10領あり、その1つが野方領で、野方領に54村ある中の1つが江古田村であった[60]。江古田村は多摩郡の東の端、豊島郡との境界にあった。村の広さは東西45町(約4.9km)、南北7町余り(0.8kmほど)で、地勢は平坦で、水田が村の中央にあった。古街道が村の中央を東西に横断していた。石神井村から江戸に通う幅2間余り(3.6m超)の道で[26]、小石川道ともいった[61]。他に江古田村を経由する鎌倉街道があった。その道筋は明確でないが、江古田村民は氷川神社前から同村和田を経て下落合村に通じる小道を旧鎌倉街道と呼んでいた[62]

近世の江古田村[編集]

徳川家康の関東入国の1年後の天正19年8月の「江古田村御縄打水帳写」には54の人名が記載されており、近世初頭において既にそれなりに発達していた村であったことがわかる[26]。江戸時代から昭和まで残った旧家が百軒余りあり、中には先祖代々10世代以上2~3百年続く旧家が約30軒含まれていた。このことは東京都内で珍しいことであった[50]

村の石高は正保年間で140石、うち田方60石8斗8升4勺、畑方79石1斗1升6勺であった。元禄15年11月には147石余りに増え、明和8年3月に122石余りに減り、文政10年に285石余りに著増して、天保3年もほぼ変わらず285石余りであった[26]

新編武蔵風土記稿に記載された江古田村の小名には次のものがあった。丸山(西の方)、本村(東の方)、大原(北の方)、本田屋敷(村の中程)、柏崎屋敷(南の方)、小川屋敷(北の方)、大籠原(西の方)、小籠原(前の続き)[27]

江古田村の寺社[編集]

古くは御嶽社が村の鎮守であった。御嶽社は現在の一丁目町会会館の場所(江古田1-33-5)にあった[45]。もとは現在の氷川神社の位置(江古田3-13)にあったのを慶安年間に遷し、旧社の跡地に牛頭天王(後の氷川神社)を勧請したともいう[63]。江古田獅子舞はこの頃に始まったと伝えられる。村の名主家に伝来した『獅子由来並大蔵院起立書』には慶安2年(1649年)に修験僧・宥円から獅子舞を伝授されたと記されている[64]。元禄9年(1696年)に牛頭天王社を氷川社へ改称した[63]。同年11月、東福寺が氷川社の別当(管理者)として氷川社の除地(免税地)願いを代官に提出した[53]

氷川社の別当をつとめた東福寺の由緒は不明である。鐘の銘には宝永7年(1710年)とあり、法流の祖とされる法運は享保7年(1722年)に死去している。一説に村民次郎右衛門の先祖が開基し、天正年間に起立したというが、詳しいことは伝わっていない。元は村内御嶽山あたりにあったという[27]。以上は幕府が編纂した新編武蔵風土記稿によるものだが、昭和の終わり頃までに次のような由緒ができあがっている(大意)。

中世の初め、江古田の本村(現・一丁目)に鎮座する御嶽神社の氏子二郎左衛門(堀野氏)らが武蔵御嶽神社の社僧・源教上人の教化を受けて、村の御嶽神社の南麓に堂舎を設けた。弘法大師の作と伝わる一尺二寸の不動明王の一本彫り立身像を本尊としてまつった。上人から金峯山世尊院東福寺の寺号を贈られた。天正の頃に火災で焼失したので寛永年間に信者たちが協力して現在地に移して再建した。承応4年(1655年)に東福寺の本堂を改築した。そのとき記念で植えたイチョウの樹は後に中野区保護樹林第1号として指定された。[65]

東福寺は将軍鷹狩りの御膳所(休憩所)であった[66]。寺山(現・江古田の森公園一帯)は将軍や大名の鷹狩場であった[67]。三代将軍徳川家光は江戸西郊で狩猟する際、江古田の東福寺で休息した[65]。正保年間の鷹狩の折には東福寺で江古田獅子舞を上覧したと伝えられる[68]。享保13年(1728年)2月12日には八代将軍徳川吉宗が鷹狩りの際に江古田の東福寺を御膳所に指定して休息した[65]。このとき江古田獅子舞を上覧した[68]。当時の江古田村は野菜の栽培地であったので将軍の膳に地場のウドを差し上げた[69]。東福寺では将軍お成りの間を設け将軍の再来に備えた[68]。本堂の西側奥に寺社奉行の命で改修した御成りの間があった[70]。その後、御三卿ら諸侯も東福寺で度々休息した[65]

文化文政年間に幕府が編纂した新編武蔵風土記稿によると、当時の東福寺は村の南の方、上鷺ノ宮村との境にあった(現在地とは全く異なる)。金峰山世尊院と号し、真義真言宗の中野村宝仙寺の末寺であった。本尊は一尺二寸の不動明王の立像であった。江古田村で除地(免税地)を設定された神社は氷川社、金峰社、神明社、第六天社の4社があり、いずれも東福寺が持っていた。このうち村の鎮守は氷川社であった。かつて村の鎮守であった御嶽社は金峰社と呼ばれていた[27]

弘化3年(1846年)、村の鎮守の氷川神社に拝殿を建てた。現在の神楽殿である。当時は茅葺屋根の建物で、内部の天井は数十枚の花鳥画の格子天井になっていた[71]。このときの「氷川神社御造営に付奉納取立帳」には85名の村民の苗字姓名が記載されている。江古田の村民の多くは苗字を名乗っていた。それは苗字の公称が武士や名主などにしか許されていなかった当時にあって珍しいことであった[50]。氷川神社は明治5年(1872年)11月に村社の社格を与えられた[72]

明治の江古田村[編集]

明治維新の際、上野戦争で敗れた彰義隊の一隊が落ちのびてきた。青梅街道筋では敗残兵を拒絶した所もあったが、江古田村では名主の山崎家が隊士に雑炊をふるまった。隊士は椎の木の下で傷の手当てをして休んだ。出立の際、隊長は徳川斉昭の書いた掛け軸を預け、徳川の世が戻ったらこの書を持って名乗り出るようにと言い残した。山崎家の屋敷跡は現在、山﨑記念中野区歴史民俗資料館になっている。彰義隊の残した掛け軸は同資料館に所蔵されている。隊士がたもとで傷の手当てをした椎の巨木は今も敷地内に残っている[73]

明治維新後の江古田村は所属が目まぐるしく変わる。慶応4年(1868年)7月に武蔵知県事の設置とともにその管轄になり、明治2年(1869年)2月に品川県が置かれるとそれへ移管された。1871年(明治4年)11月品川県の廃止とともに東京府の管轄になった。明治5年(1872年)1月神奈川県の管轄になり、同年8月東京府に復した。以後の所属は東京のまま変わらない。所属する郡については、江古田村の属する多摩郡が1878年(明治11年)11月に東西南北に4分割された。江古田村は東多摩郡に属した[74]

明治の初めの村の農産物はコメオオムギコムギキビトウキビヒエアズキゴマソバナタネダイコンナスキュウリゴボウタケノコカキクリ鶏卵などで、ほかに醤油や油類が製造されていた(1872年東京府調査)。茶の栽培は1874年ごろから始まった。村民は雑木林を開拓して茶園にした。宅地の空いているところも皆茶園にした。製茶は大正末まで行われた。ダイコンもよくできた。生だと重いので沢庵漬けに加工して出荷した。秋には田園に白い干し大根が並んだ。養蚕は明治の頃から大正の初めまで行われた。長野県の人から指導を受けた。副業に植木の苗木を育てた。ウメモモナンテンなどの生け花用の木も栽培した。桜湯にする桜の花を摘んだ[69]

1882年に村内に小学校を建てた。江古田村は当初1876年に設立された豊玉学校の学区に属したが、村外に建てられた本校は児童の足では遠いので、村内の東福寺の寺子屋を分校にした。1880年に東福寺の住職が外に転居したため、和田山(現・哲学堂公園)にある五辻子爵の別邸を借りて学校にした。ここも使用できなくなったので、1882年2月4日に村内で遷喬小学校を開設した。江古田小学校の前身である。敷地は現在地(江古田2-13-28)近くの別の場所(現・江古田2-6)であった[45]

校舎の建材に用いるため、村内の第六天社境内のケヤキを伐採した[75]。周囲二丈余り(6m超)もある大木で、明治の初めには神木とされていた[44]。幹には数人が入れるほどの大きなウロ(となりのトロロが寝ていたような空間)があった[75]。木の根が畑に入り込んで耕作の邪魔だというので村民が協力して巨木を伐り倒し、校舎の建材として大八車で運んだ[45]

大字江古田[編集]

1889年(明治22年)4月、町村制施行とともに江古田村は近隣の6村と合併して野方村となり、江古田はその大字になった(東多摩郡野方村大字江古田)。1896年(明治29年)4月、東多摩郡と南豊島郡が合併して豊多摩郡になると、その管轄に属した。大字江古田の下の小字としては、東和田、東本村、下の原、上の原、北の原、西の原、寺山、本多、徳殿、籠原、籠原窪、北原があった[76]

明治30年(1897年)頃、天然氷製造所を設立した。当時、江古田の低地は水田や水路が多く冬は非常に寒かった。特に片山(現・松が丘)北側斜面の低地は寒さが厳しく、冬に厚い氷が張った。現在の江古田公園のあるあたりに四方レンガ積みの場所をつくり、冬に妙正寺川の清流を引き込んで凍らせて天然氷を製造し、夏に売り出した。天然氷の製造は大正の初めまで続けた[77]

1904~1905年の日露戦争では江古田からも兵士が出征した。戦病死した4人のために氷川神社に忠魂碑を建立した[72]。この間、江古田の和田山に哲学堂が創始された。哲学館(現・東洋大学)学長の井上円了が1903年に和田山を哲学館の敷地として譲り受け、翌年4月に哲学堂(現・四賢堂)の開堂式を挙げた。井上円了は哲学館学長を辞めた後、和田山に各種の建物を建てることに尽力した。現在の哲学堂公園である[43]

1913年、東本村に古くからあった御嶽社と第六天社を氷川神社に合祀した。両社の祠は民家の庭に移して残した[45]

東京市療養所の開設[編集]

1920年、江古田の寺山(現・江古田の森公園一帯)に東京市療養所が開設された[78]肺結核の療養所であった[79]。東京近郊の中で江古田が空気も水も一番良いということでここに決まったといわれる[78]。療養所の建設に先立って用地買収が始まったとき、江古田の村民は結核菌の感染を恐れて反対運動を起こした[80]。新聞は「百姓一揆」と書き立てた[81]。住民大会では、地所を売った地主に制裁を加えるべきことを決議した。危害を加えるような制裁は禁じられたが[80]、中には村八分の制裁を受けてノイローゼになった地主もいた。反対運動は村民の間に感情的なしこりを残し、この件に触れることは長らくタブーになった[82]。東京市は新道建設などを条件にして村民と和解し、療養所建設に着手するが[80]、工事中の建物が放火された[83]。療養所が開設されてからも、療養所の前を通るときに口を押えて鼻をつまんで走り抜ける村民がいた[84]。療養所の裏山から患者が外に抜け出して困ると苦情を入れた[85]。療養所の近所で作ったダイコンは買い手がつかないといわれた[86]。小学校の校長は療養所の煙突から煙が出るのが恐ろしいと言った。煙突の煙が危ないのは、火の粉が飛ぶからでなく結核菌が降って来そうに思えたからだった[86]

関東大震災後の急成長[編集]

1923年関東大震災がおこる。明治年間から大正初期まで126~150軒ほどであった江古田の戸数が急増するのは関東大震災の後のことである[50]。1924年4月野方村が町制を施いた。これは関東大震災後に急伸した村勢によるものだった。これにより江古田は豊多摩郡野方町大字江古田になった[87]。1925年4月郡制廃止が公布され、1926年7月豊多摩郡役所が廃止されたが、地域名としては引き続き豊多摩郡を称した[87]

1929年、江古田に水道塔が完成した[88]。円筒形鉄筋コンクリート造りで貯水能力35百トン[89]。塔の高さは33.6m、基部は直径約18m[88]。当時江古田最大の建造物で、遠くからも望むことができた。江古田のシンボルであった[89]。関東大震災後、東京府郡部で急速な都市化が進み、水の需要が急増したためにつくられた[88]。当初は荒玉給水場という名で後に野方給水場に改称した[89]。現在の野方配水塔である[88]

旧江古田1~4丁目[編集]

1932年10月東京市の拡大、いわゆる大東京の成立とともに、江古田は東京市に編入される。大字江古田の属する野方町は中野町と合わさって中野区となった。大字江古田は大字片山と合わさって江古田1~4丁目に分けられた。かつての片山村併合後の江古田村に相当する地域であった。このとき成立した中野区江古田は、現在の中野区江古田と区域も丁目の区分も異なるので、本項では旧の字を冠して区別する。旧1丁目は旧字の東和田、東本村、南原、北原、片山から成る。旧2丁目は旧1丁目の北であり、旧字の下ノ原、上ノ原、北ノ原、西ノ原から成る。旧3丁目は旧2丁目の西であり、旧字の寺山と本多から成る。旧4丁目は旧3丁目の西で、旧字の丸山、徳殿、籠原、籠原窪から成る[90]

野方風致地区[編集]

1933年1月、野方風致地区が告示された[91]。内務省の方針によると、武蔵野の原形を維持し、秩序ある清浄な住み心地よい地域とするためのものであり、野方風致地区は江古田と落合の各一部を含む地域が指定された[92]。江古田では野方給水場から哲学堂のあたりが風致地区であった[93]

区画整理[編集]

江古田でも住宅地化が進み始めたため区画整理の必要が生じた。江古田の区画整理は、自治体によらずに区画整理組合によって実施された。区画整理組合とは耕地整理法および都市計画法にもとづく組合であり、東京市内に105の組合が存在した。江古田には江古田土地区画整理組合と江古田第2土地区画整理組合がつくられた[94]

江古田土地区画整理組合は堀野良之助らの発起によるもので1933年8月に設立認可された。工事区域は旧江古田1~4丁目と旧沼袋町の各一部に相当する地域で、総地積18万坪余り、土地所有者184名、事業費概算20万円を予定した。この区域は北東に一部低地があるものの、おおむね高燥の土地で、南側一帯は風致地区に指定されており、宅地として最適であるとされた。放射線第6号補助線第44号(後の新青梅街道)その他の都市計画道路を縦横に配置して交通の便を高めた。同時に区域南部を貫流する妙正寺川を改修拡張して排水を改善した。38百坪余りの江古田公園を設けた。附近は理想的な住宅地になり、環境は頗る清閑であって、今後の発展が期待できると謳われた[95]

江古田第2土地区画整理組合は同じく堀野良之助らの発起によるもので、1936年10月に設立認可された。区域は旧江古田2丁目の大分部および旧淀橋区西落合1丁目の一部で、総地積10万坪余り、土地所有者148名、事業費概算13万円を予定した。この区域は大部分が畑であり、狭くて曲がった農道しかないが、土地は高燥で環境は閑静である。隣接する江古田土地区画整理組合区域の発展に伴って宅地化が進む趨勢があるのを鑑みて、放射線第7号路線(後の目白通り)その他の道路を縦横に配置して交通の便を図り、各道路に側溝を備え、2千坪余りの小公園を設けて理想的健康住宅地の実現を期すると謳われた[96]

1940年の区画変更により、旧江古田2丁目と旧板橋区中新井町1丁目との間で5.5反余りの土地を交換した[97]。1943年、江古田第2土地区画整理組合の区画整理に伴い、旧江古田1~4丁目と旧沼袋町、および旧板橋区豊玉北1丁目との間で区域の変更を行った[98]

練馬側の江古田[編集]

江戸時代の初期、江古田村の村民が村の北側の原野を開拓した。新しい耕地なので江古田新田と呼んだ。現在の江古田駅付近である。江古田新田は慶安5年(1652年)7月の「江古田名寄水帳」で「新開の分」として他の耕地と区別して記載されている。江古田新田は後に江古田村から切り離され、上板橋村の小名「江古田」となるが、納税は従来通り江古田村の名主が扱った[99]。明治以降、上板橋村の小名江古田は字(あざ)江古田になり[29]、1932年の東京市の拡大により板橋区江古田町になる[32]

鉄道開通と千川堤の桜[編集]

1915年4月に武蔵野鉄道(現・西武鉄道池袋線)が開通した。線路は江古田町を通っていたが江古田駅はまだなかった[31]。武蔵野鉄道が開業準備を進めると同時に、近隣の村々は、線路の沿いの千川上水(現・千川通り)両岸に江古田から練馬駅まで7kmにわたって桜や楓を植えた[100]。そして現在の江古田駅南口交差点の辺り(旭丘1-75)に千川堤植桜楓碑という記念碑を建てた[101]。その碑文によると、千川上水は長らく上水道として使われず、農業用水であったので、整備されず堤は荒れ水路は汚れていた。近隣の村々は協力してこれを整備し、桜や楓を植えて大正天皇の即位の大礼の記念にしようと考えた。植樹が完了したのは大正4年3月(1915年鉄道開通の前月)であった。鉄道の開通もあってこの地はますます慶福になるだろう。そういう碑文である[102]

江古田駅開設[編集]

1922年4月、武蔵野鉄道の大株主の根津嘉一郎は武蔵野鉄道沿いに武蔵高等学校を創立した。場所は江古田新田の西隣の中新井村であった。その近く武蔵野鉄道に武蔵高等学校用仮停停留所をつくらせた。翌年、停留所の位置を東に移し、江古田駅を開設した。当初の江古田駅は武蔵高等学校の通学用の駅だったのである[38]。武蔵野鉄道は1925年に電化された。昭和の初めには江古田駅から西の北側一帯が高級住宅地として売り出された。1929年には江古田駅の北の方に武蔵野音楽学校が設立された[31]。1932年10月、東京市の拡大に伴って上板橋村江古田も東京市に編入され板橋区江古田町になった[103]。1939年4月、日本大学芸術科が本郷から板橋村江古田に移転して来た。校地は1万坪だった。1941年12月、真珠湾攻撃の10日後、三菱銀行が政府の貯蓄増強策を承けて板橋支店江古田出張所を開設した(1944年6月江古田支店へ昇格)。1943年、芸術科的色彩の払拭に迫られた日本大学芸術科は、写真・映画工業科ということにして、日本大学専門部板橋工科と称した[104]。1944年6月の東京都長官の要請をうけて武蔵野鉄道が糞尿集積所を開設した。都内から出た糞尿を近郊農村に輸送するための集積場であり、引込線も入っていた[104]。1944年、戦局の悪化にともなって江古田駅周辺でも建物の取り壊しを命じられた[31]

戦後の江古田町と駅周辺[編集]

江古田駅周辺の戦後復興は早く、バラック建てのマーケットが建てられた[31]。1946年4月、日本大学専門部板橋工科が芸術科に戻った[104]。1948年には江古田市場(17店)が開設された[31]。1950年10月、江古田文化劇場が開設された。娯楽の少ない当時にあって江古田の住民に名画を提供した[104]。1955年には武蔵野百貨店(11店)が開設された[31]

1953年頃まで存続した糞尿集積所は廃止され、翌年から食品卸売市場になった[104]。1953年ごろから千川上水の暗渠化に伴い、千川堤の桜は次々に伐られていった[100]。江古田駅南口方面の千川堤植桜楓碑は江古田浅間神社境内に移された[105]。現在の千川通りは江古田駅から中村橋駅にかけての桜並木が知られるが、これは1984年頃に植栽されたものである[106]

江古田町の改名とその後[編集]

1958年4月、練馬区では全面的な地番変更と町名変更を実施することになり、まず最も必要性の高い江古田町と小竹町から着手する。江古田町と小竹町をそれぞれ一丁目と二丁目に分けること、そして「町の名称は在来のものを重視するけれども混同しやすい地名が他にあった時は、できるだけ他の適当な町名にしたい」ということで、要するに中野区の江古田と紛らわしい江古田町を改称するという趣旨だった。地元折衝に入ったが、長年使われた町名を変えることには異論が多く、折衝は長期にわたった。1959年1月27日、江古田町の江古田会館に町民を集め、説明会を開き、新町名のアンケートをとった。結果は、変更を希望しない者が51%と過半数を占めた。ところが結局のところ江古田町は町名を変更せざるを得なくなり、旭ヶ丘小学校の名前を採って江古田町を旭丘一丁目、同二丁目に改めることになった。1960年6月、都公報で告示された。着手から2年余りの月日がかかっていた。住民は江古田駅の駅名も変更するように西武鉄道と交渉することを要望していたが叶わなかった[107]

練馬区では1992年度から2018年度まで密集住宅市街地整備促進事業「江古田北部地区」を実施し、2006年度から都市計画決定「江古田駅北口地区」、2018年度から同「江古田北部地区」、2019年度から同「江古田南部地区」を実施している[36]

行政上の町名としての江古田[編集]

日本 > 東京都 > 中野区 > 江古田
江古田
野方配水塔
江古田の位置(東京23区内)
江古田
江古田
江古田の位置
北緯35度43分32.45秒 東経139度40分4.02秒 / 北緯35.7256806度 東経139.6677833度 / 35.7256806; 139.6677833
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Nakano, Tokyo.svg 中野区
面積
 • 合計 0.76km2
人口
2017年(平成29年)12月1日現在)[109]
 • 合計 11,742人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
165-0022[110]
市外局番 03[111]
ナンバープレート 練馬

現在の行政上の町名としては江古田一丁目から江古田四丁目までである。郵便番号は165-0022[110]

中野区の北部に位置する。町域の東部は新宿区西落合に接する。北部・北東部は江古田川を境に中野区江原町練馬区豊玉北豊玉中に接する。北部は道路を境に豊玉南にも接する。西部は中野区丸山に接する。南部は新青梅街道を境に中野区松が丘沼袋に接する。地域内の多くは住宅地からなる。

江古田三丁目の北西部一帯は、かつて国立療養所中野病院が所在し、1993年に新宿区の国立国際医療センターへ統合、移転し、現在跡地は江古田の森公園や、保健福祉施設、看護専門学校、マンション等になっている。

中野区立江古田公園は中野区江古田ではなく中野区松が丘二丁目に所在している[112]

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、江古田4-32-14の地点で43万5000円/m2となっている[113]

町名の変遷[編集]

現在の町名としての中野区江古田の範囲は、1963年住居表示法施行で決まったものである。この直前では、現在の松が丘、江原町、丸山、沼袋二丁目および四丁目を加えた範囲が江古田であり、江古田一丁目から四丁目まで存在した。なお、現在中野区では江古田地域の範囲を江古田一丁目から三丁目・江原町全域・松が丘全域とし、江古田四丁目は沼袋地域に組み入れられている。

中野区成立時の町名改称は以下のとおり[114]

実施後 実施年月日 実施前(いずれも野方町大字江古田)
江古田一丁目 1932年10月1日 字東和田・東本村・南原・北原
江古田二丁目 字下ノ原・上ノ原・北ノ原・西ノ原
江古田三丁目 字寺山・本多
江古田四丁目 字丸山・徳殿・籠原・籠原窪

住居表示施行内容は以下のとおり[115]

実施後 実施年月日 実施前(いずれも各町丁の一部)
松が丘一丁目 1963年10月1日 江古田一丁目・新井町
松が丘二丁目 江古田一丁目・江古田三丁目・新井町
江原町一丁目 江古田一丁目・江古田二丁目・江古田三丁目
江原町二丁目 江古田二丁目
江原町三丁目
江古田一丁目 江古田一丁目・江古田三丁目
江古田二丁目 江古田三丁目
江古田三丁目
松が丘二丁目 1964年12月1日 江古田三丁目
沼袋二丁目 沼袋町・江古田四丁目
沼袋四丁目
江古田四丁目 江古田四丁目
丸山一丁目
丸山二丁目 江古田四丁目・鷺宮三丁目
野方四丁目 野方町一丁目・江古田四丁目
野方六丁目 野方町一丁目・江古田四丁目・鷺宮三丁目

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[109]

丁目 世帯数 人口
江古田一丁目 1,705世帯 3,173人
江古田二丁目 1,486世帯 2,355人
江古田三丁目 927世帯 1,712人
江古田四丁目 2,694世帯 4,502人
6,812世帯 11,742人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[116]

丁目 番地 小学校 中学校
江古田一丁目 1 - 39番 中野区立江原小学校 中野区立第七中学校
その他 中野区立江古田小学校
江古田二丁目 全域
江古田三丁目 全域
江古田四丁目 1 - 19番
その他 中野区立緑野小学校 中野区立緑野中学校

交通[編集]

中野区江古田にははないが、都営地下鉄大江戸線落合南長崎駅新江古田駅)、西武池袋線東長崎駅江古田駅)および西武新宿線新井薬師前駅沼袋駅)の各駅が徒歩10-15分の範囲にある。乗合バスの系統および運行本数も充実しており、これを利用する者も多い。乗合バスは関東バス丸山営業所を当地区に置き新宿や中野、練馬方面などへ、都営バスが池袋へ(大多数は江古田二丁目始発だが、ごく一部に練馬車庫発着がある)、京王バス東が中野と練馬を結ぶ路線を運行している。

施設[編集]

学校
公園
公共施設
病院
  • 社会福祉法人 武蔵野療園 武蔵野療園病院
  • 医療法人財団 健貢会 総合東京病院
  • 社会福祉法人 浄風園 中野江古田病院
その他
  • 関東バス丸山営業所
  • 東京総合保健福祉センター 江古田の森(介護老人福祉施設・介護老人保健施設)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 西武鉄道・日本大学芸術学部・武蔵大学・武蔵野音楽大学「江古田キャンバスプロジェクト ~江古田駅を学生のユニークなアイデアで彩ります~ 」2019年10月1日。
  2. ^ a b 江古田区民活動センター | 中野区公式ホームページ”. www.city.tokyo-nakano.lg.jp. 2020年7月20日閲覧。
  3. ^ a b 江古田区民活動センター | 中野区モバイルサイト”. www.city.tokyo-nakano.lg.jp. 2020年7月20日閲覧。
  4. ^ 施設のご案内 – 江古田区民活動センター運営委員会” (日本語). 2020年7月20日閲覧。
  5. ^ 江古田地域ニュース | 中野区公式ホームページ”. www.city.tokyo-nakano.lg.jp. 2020年7月20日閲覧。
  6. ^ a b 中野区町会一覧”. 中野区町会連合会. 2020年7月21日閲覧。
  7. ^ 地域団体紹介 – 江古田区民活動センター運営委員会” (日本語). 2020年7月20日閲覧。
  8. ^ 町会・自治会に加入しましょう | 中野区公式ホームページ”. www.city.tokyo-nakano.lg.jp. 2020年7月20日閲覧。
  9. ^ 町会・自治会検索 | 中野区公式ホームページ”. www.city.tokyo-nakano.lg.jp. 2020年7月20日閲覧。
  10. ^ 沼袋区民活動センター | 中野区公式ホームページ”. www.city.tokyo-nakano.lg.jp. 2020年7月20日閲覧。
  11. ^ 江古田駅周辺地区のまちづくり:練馬区公式ホームページ”. 2020年7月20日閲覧。
  12. ^ a b 練馬区都市整備部東部地域まちづくり課「江古田地区まちづくり江古田えごだより第58号」2019年3月発行。
  13. ^ 江古田駅北口商店会:練馬区公式ホームページ”. 2020年7月20日閲覧。
  14. ^ 江古田銀座商店会:練馬区公式ホームページ”. 2020年7月20日閲覧。
  15. ^ 江古田市場通り商店会:練馬区公式ホームページ”. 2020年7月20日閲覧。
  16. ^ 栄町本通り商店街振興組合:練馬区公式ホームページ”. 2020年7月20日閲覧。
  17. ^ 江古田カレッジトライアングル2019:練馬区公式ホームページ”. www.city.nerima.tokyo.jp. 2020年7月20日閲覧。
  18. ^ 江古田キャンパス|キャンパス・施設紹介|日本大学芸術学部” (日本語). 日本大学芸術学部. 2020年7月20日閲覧。
  19. ^ 江古田キャンパス”. 武蔵野音楽大学. 2020年7月20日閲覧。
  20. ^ 江古田キャンパス|武蔵大学”. www.musashi.ac.jp. 2020年7月20日閲覧。
  21. ^ a b c 国指定文化財等データベース”. kunishitei.bunka.go.jp. 2020年7月23日閲覧。
  22. ^ a b c d e f g h i j k なぜ西武では「えこだ」読み?中野区側の江古田と区別するためか”. ライブドアニュース. 2020年7月20日閲覧。
  23. ^ a b 江古田通りの読み方|とっておきの練馬 写真館|とっておきの練馬” (日本語). とっておきの練馬. 2020年7月20日閲覧。
  24. ^ a b c d なかの物語 其の三 いつから中野と呼ばれたのか?”. 中野区公式ホームページ. 2020年7月16日閲覧。
  25. ^ a b 東京都中野区編『中野区史』1943年、148頁、NDLJP:1042119/118
  26. ^ a b c d e 「江古田村」、東京都中野区編『中野区史』1943年、178-182頁、NDLJP:1042119/138
  27. ^ a b c d e f g h i 「江古田(エコタ)村」『新編武蔵風土記稿』巻之一百二十四、多摩郡之三十六、野方領。内務省地理局編纂版NDLJP:763995/35、大日本地誌大系版NDLJP:1214867/161
  28. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、8-10頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵35-37コマ目。
  29. ^ a b c d 『練馬区史』歴史編第4部近世、第2章村の成立と構造、第3節村の状態、上板橋村字小竹・江古田、1962年。
  30. ^ 「上板橋村」『新編武蔵風土記稿』巻之十二、豊島郡之四、野方領。大日本地誌大系版NDLJP:1214832/136
  31. ^ a b c d e f g 『練馬区史』現勢編第1部、第9章町の変遷、第2節地区別町の変遷、栄町地区、1961年。
  32. ^ a b c d e 『練馬区史』現勢編第1部、第9章町の変遷、第2節地区別町の変遷、旭丘地区(一丁目―二丁目)、1961年。
  33. ^ 今昔マップ on the web:時系列地形図閲覧サイト|埼玉大学教育学部 谷謙二(人文地理学研究室)|Leaflet版”. ktgis.net. 2020年7月23日閲覧。
  34. ^ 中野のあゆみ資料編」2020年7月23日閲覧。
  35. ^ 上板橋村(かみいたばしむら) :練馬区公式ホームページ”. www.city.nerima.tokyo.jp. 2020年7月23日閲覧。
  36. ^ a b 都市計画決定している地区計画一覧:練馬区公式ホームページ”. www.city.nerima.tokyo.jp. 2020年7月23日閲覧。
  37. ^ 臨死!!江古田ちゃんのドラマおよびアニメによる。
  38. ^ a b c d e f g 「えごた」はたまた「えこだ」 - 武藏今昔物語 | 根津育英会武蔵学園百年史”. 100nenshi.musashi.jp. 2020年7月20日閲覧。
  39. ^ a b c d 多摩文化史研究会編『山﨑家文書 武蔵国多摩郡江古田村 五』1996年、166-167頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵178-179コマ目。
  40. ^ 東京の橋:江古田大橋”. www.djq.jp. 2020年7月22日閲覧。
  41. ^ a b 『練馬区史』歴史編第4部近世、第3章農村構造の変遷、第2節 練馬の河川とその効用、中新井川、1962年。
  42. ^ 武蔵野方町史』1927年、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵書88コマ目。
  43. ^ a b 須藤亮作「和田山考(哲学堂)」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、19-20頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵23-24コマ目。
  44. ^ a b c 「所祭神各社」、日本史蹟編纂会『武蔵江古田片山総覧』1931年、30頁、NDLJP:1181295/36
  45. ^ a b c d e 須藤亮作「江古田の本村」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、23-24頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵27-28コマ目。
  46. ^ 大沼渉「草分け」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、5-6頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ9-10コマ目。
  47. ^ 小川屋敷跡」、日本史蹟編纂会『武蔵江古田片山総覧』1931年、23頁、国会図書館デジタルライブラリー蔵。
  48. ^ 中野区『江古田遺跡 I 発掘調査報告書』1999年、169-170頁(180-181コマ目)。
  49. ^ a b 大沼渉「草分け」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、5-6頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵9-10コマ目。
  50. ^ a b c d 山崎清司「江古田の旧家」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、3-4頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵7-8コマ目。
  51. ^ a b c d 共和開発株式会社『江古田遺跡 II 発掘調査報告書』2005年。
  52. ^ a b c 【中野の歴史-中世編6-】江古田原沼袋合戦古戦場” (日本語). 中野区公式観光サイト まるっと中野 (2016年7月1日). 2020年7月20日閲覧。
  53. ^ a b 須藤亮作「寺山考」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、9-10頁。
  54. ^ 山崎清司「江古田原沼袋合戦記」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、15-16頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵19-20コマ目。
  55. ^ a b 江古寺」、日本史蹟編纂会『武蔵江古田片山総覧』1931年、27頁、国会図書館デジタルライブラリー蔵。
  56. ^ 氷川神社(江古田村社)」、日本史蹟編纂会『武蔵江古田片山総覧』1931年、28頁、国会図書館デジタルライブラリー蔵。
  57. ^ 東京都中野区編『中野区史』1943年、151頁、NDLJP:1042119/119
  58. ^ a b c d 『太田資正の家臣たち 20.恒岡越後守』” (日本語). はみ唐さん日記(空手・地域史・そして家族). 2020年7月22日閲覧。
  59. ^ 日本人名大辞典+Plus, デジタル版. “太田康資(おおた やすすけ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年7月22日閲覧。
  60. ^ 東京都中野区編『中野区史』1943年、157頁、NDLJP:1042119/124
  61. ^ 「小石川道」、東京都中野区編『中野区史』1943年、542頁、NDLJP:1042119/322
  62. ^ 「古鎌倉街道」、東京都中野区編『中野区史』1943年、545頁、NDLJP:1042119/323
  63. ^ a b 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、405頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵432コマ目。
  64. ^ 江古田の獅子舞”. 東京都文化財情報データベース. 2020年7月21日閲覧。
  65. ^ a b c d 須藤亮作「東福寺沿革」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、41-42頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵45-46コマ目。
  66. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、470頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵497コマ目。
  67. ^ 須藤亮作「寺山考」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、9-10頁。
  68. ^ a b c 【中野の歴史-近世編1-】 徳川将軍家と中野”. 中野区公式観光サイト まるっと中野 (2016年7月15日). 2020年7月22日閲覧。
  69. ^ a b 須藤亮作「江古田の産業」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、55-56頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵59-60コマ目。
  70. ^ 東福寺|東京都中野区江古田3丁目”. www.aiai7.net. 2020年7月22日閲覧。
  71. ^ 山崎清司「江古田の神楽殿」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、53-54頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵57-58コマ目。
  72. ^ a b 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、405-406頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵432-433コマ目。
  73. ^ 【中野の歴史-近世編15-】 彰義隊と中野” (日本語). 中野区公式観光サイト まるっと中野 (2016年11月4日). 2020年7月21日閲覧。
  74. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、8-10頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵35-37コマ目。
  75. ^ a b 須藤亮作「江古田小学校の百年」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、33-34頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵37-38コマ目。
  76. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、13頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵40コマ目。
  77. ^ 山崎清司「江古田の天然氷について」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、29-30頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵33-34コマ目。
  78. ^ a b 山崎清司「国立療養所の生い立ち」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、21-22頁(25-26コマ目)。
  79. ^ 村尾圭介『結核病は治る』1937年、40頁、NDLJP:1036691/25
  80. ^ a b c 山崎清司「国立療養所の生い立ち」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、21-22頁(25-26コマ目)。
  81. ^ 山崎清司『国立療養所(中野)生い立ちの真相 ― 江古田村の百姓一揆? 幻の江古田城? 研究レポート』中野区江古田史談会、1982年、18頁~。
  82. ^ 青木純一「結核療養所反対運動と住民意識―大正・昭和前期における公立療養所建設反対運動を比較して―」 専修大学社会科学年報 第43号、pp.153-167
  83. ^ 東京市肺病診療所」、日本史蹟編纂会『武蔵江古田片山総覧』1931年、42-43頁、国会図書館デジタルライブラリー蔵。
  84. ^ 中野区立中央図書館『国立中野療養所と江古田の作家たち』2006年、3頁、中野区図書館デジタルアーカイブ5コマ目。
  85. ^ 村尾圭介「療養所の裏山」『荒野を行く : 療養と予防』1935年、60-65頁。
  86. ^ a b 村尾圭介「結核恐怖病」『療養夜話』1935年、3-10頁、NDLJP:1048640/10
  87. ^ a b 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、11頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵38コマ目。
  88. ^ a b c d 野方配水塔” (日本語). 中野区公式観光サイト まるっと中野 (2013年4月18日). 2020年7月21日閲覧。
  89. ^ a b c 山崎清司「江古田の水道塔」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、17-18頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵21-22コマ目。
  90. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、99-100頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵126-127コマ目。
  91. ^ 都市計画東京地方委員会編『東京都市計画叢書 第1号 風致地区概要』1934年、NDLJP:1140466/4
  92. ^ 東京郊外に四ヶ所 風致地区を選ぶ 多摩川一帯・和田堀・野方・大泉 都人憩いの行楽地」東京日日新聞 1932年4月19日、神戸大学経済経営研究所 新聞記事文庫。
  93. ^ 都市計画東京地方委員会編『東京都市計画叢書 第1号 風致地区概要』1934年、NDLJP:1140466/16
  94. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、28頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵55コマ目。
  95. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、34頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵61コマ目。
  96. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、35-36頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵62-63コマ目。
  97. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、102頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵129コマ目。
  98. ^ 東京都中野区編『中野区史』下巻1、1944年、104-107頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵131-134コマ目。
  99. ^ 山崎清司「地名の特色」、中野区江古田地域センター編『江古田今昔』1984年、1-2頁、中野区立図書館デジタルアーカイブ蔵5-6コマ目。
  100. ^ a b 練馬の地名 今むかし(桜台):練馬区公式ホームページ”. www.city.nerima.tokyo.jp. 2020年7月27日閲覧。
  101. ^ 千川堤植櫻楓碑(せんかわづつみしょくおうふうひ):練馬区公式ホームページ”. www.city.nerima.tokyo.jp. 2020年7月27日閲覧。
  102. ^ 漢文石碑を読み歩く 千川堤植桜楓碑”. bon-emma.my.coocan.jp. 2020年7月27日閲覧。
  103. ^ 東京市新區町名地番表 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2020年7月23日閲覧。
  104. ^ a b c d e 『練馬区史』現勢編第1部、第9章町の変遷、第2節地区別町の変遷、旭丘地区、1961年。
  105. ^ 千川堤植櫻楓碑(せんかわづつみしょくおうふうひ):練馬区公式ホームページ”. www.city.nerima.tokyo.jp. 2020年7月27日閲覧。
  106. ^ 東京都建設局「桜咲く『千川通り 桜並木の再生』について」、第31回建設局技術業務体験発表会(令和元年度)発表課題8。
  107. ^ 『練馬区史』現勢編第1部、第9章町の変遷、第1節町名・地番整理と住居表示、地番整理、1961年。
  108. ^ 中野区統計書”. 中野区 (2017年4月6日). 2018年1月4日閲覧。
  109. ^ a b 世帯と人口”. 中野区 (2017年12月5日). 2018年1月4日閲覧。
  110. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月4日閲覧。
  111. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月4日閲覧。
  112. ^ 江古田公園 えごたこうえん | 中野区公式ホームページ”. www.city.tokyo-nakano.lg.jp. 2020年7月20日閲覧。
  113. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  114. ^ 東京市新區町名地番表 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  115. ^ 1965年(昭和40年)6月15日自治省告示第91号「住居表示を実施した件」
  116. ^ 通学区域(学校別・住所別)”. 中野区 (2012年2月6日). 2018年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部サイト[編集]