キビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
キビ
Panicum miliaceum0.jpg
キビの穂
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉植物 Monocots
: イネ目 Poales
: イネ科 Poaceae
: キビ属 Panicum
: キビ P. miliaceum
学名
Panicum miliaceum
和名
キビ
英名
Proso millet
きび(精白粒)[1]
100 gあたりの栄養価
エネルギー 1,520 kJ (360 kcal)
70.9 g
食物繊維 1.6 g
3.3 g
飽和脂肪酸 0.44 g
一価不飽和 0.56 g
多価不飽和 1.78 g
11.3 g
ビタミン
チアミン (B1)
(30%)
0.34 mg
リボフラビン (B2)
(8%)
0.09 mg
ナイアシン (B3)
(25%)
3.7 mg
パントテン酸 (B5)
(19%)
0.95 mg
ビタミンB6
(15%)
0.20 mg
葉酸 (B9)
(3%)
13 μg
ミネラル
ナトリウム
(0%)
2 mg
カリウム
(4%)
200 mg
カルシウム
(1%)
9 mg
マグネシウム
(24%)
84 mg
リン
(23%)
160 mg
鉄分
(16%)
2.1 mg
亜鉛
(28%)
2.7 mg
(19%)
0.38 mg
セレン
(3%)
2 μg
他の成分
水分 13.8 g
不溶性食物繊維 1.6 g
ビオチン(B7 7.9 µg
%はアメリカ合衆国における
成人栄養摂取目標 (RDIの割合。

キビ(黍、稷、学名:Panicum miliaceum)は、イネ科一年草で、穀物の一種である。糯(モチ)と粳(ウル)があり[2]、粉食、粒食され、日本では五穀の一つとされる。

原産地[編集]

起源はユーラシア大陸起源説、東アジア起源説があるがはっきりしていない[2]インドが原産と推定されるが、原種になった野生植物が発見されておらず、詳細は不明である。紀元前新石器時代からの人類の食用穀物で、中国華北地方では、アワとともに古代の主要穀物であった[3]。日本には縄文時代に渡来したアワより遅く、弥生時代に渡来したと考えられている。『万葉集』にキビの記述があるとおり日本では古くから親しまれており、童話『桃太郎』の作中に登場するキビダンゴは有名である[2]

特徴[編集]

生長すると草丈1メートル程度になり、からにかけての先に20センチメートル程度のができ、垂れ下がる。秋に花が咲き、黄色い実がなる。実が黄色であることから、「黄実(きみ)」→「きび」となったとするのが有力な語源説である。実はアワより少し大きい。アワ同様、うるち種ともち種がある。

食用利用[編集]

実をそのまま炊いてにして食用にしたり、粉にして団子などにしたりする。キビは米と一緒に1、2割の割合で混ぜて炊飯されたりもされ、米飯よりも甘みと少しのほろ苦みが加わる[4]。古代中国の草本書『食物本草』によれば、「味は甘く性質は温で毒はない。気を益し、脾臓や胃の働きを助ける作用がある。」とある[4]。キビの独特の甘みは、人によって「しつこい味」と評される場合があるが、豆類と一緒に炊き込むと豆の旨味を引き出して「おいしい」に評価が変わるともいわれており、相性の良い食材と一緒に調理されることでおいしく食べられる[4]

炊きたてのモチ黍をすり鉢に入れてついたものは黄色い餅になり、それを丸めると黍団子となる[4]岡山県吉備団子も、元々は黍団子の一種で、その名の通り黍粉を原料としていた。吉備と黍(キビ)の語呂合わせから吉備団子と書かれるようになった。現在では、黍粉を使わずに白玉粉などで作られることも多い。桃太郎伝説に登場するキビダンゴは黍で作られた団子であり、江戸時代末期になって登場した吉備団子ではない。

モロコシ(タカキビ)を「キビ」と呼ぶ地方では、本種を「コキビ」と呼ぶ。サトウキビを「キビ」と呼ぶ地方もある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部科学省、「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ a b c 林弘子 1998, p. 94.
  3. ^ 『新編 食用作物』 星川清親 養賢堂 昭和60年5月10日訂正第5版 p353
  4. ^ a b c d 林弘子 1998, p. 95.

参考文献[編集]

  • 林弘子 『穀物をもっと楽しもう』 晶文社、1998年6月30日ISBN 4-7949-6358-0

関連項目[編集]

外部リンク[編集]