チア (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チア
Salvia hispanica (10461546364).jpg
チア
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: シソ目 Lamiales
: シソ科 Lamiaceae
: アキギリ属 Salvia
: チア S. hispanica
学名
Salvia hispanica L.[1]
シノニム
  • Kiosmina hispanica (L.) Raf.
  • Salvia chia Sessé & Moc.
  • Salvia hispanica var. chionocalyx Fernald
  • Salvia hispanica var. intonsa Fernald
  • Salvia neohispanica Briq.
  • Salvia prismatica Cav.
  • Salvia schiedeana Stapf
  • Salvia tetragona Moench [1]
チアの種子(チアシード)

チア(学名:Salvia hispanica)はシソ科アキギリ属一年草で、メキシコ中南部からグアテマラが原産[2]。 16世紀のメンドーサ絵文書には先コロンブス時代アステカにおいて栽培されていた様子が残されており、トウモロコシと同じくらい重要な食用作物だったとも考えられている[3]。 チアの種子はパラグアイボリビアアルゼンチン、メキシコ、グアテマラなどですりつぶしたりまたはそのままのかたちで食用とされている[4][5]

語源[編集]

「チア」はナワトル語の「chian( = 油っぽい)」 に由来する[1]。 メキシコのチアパス州の名はナワトル語ので「チアの水」もしくは「チアの川」という意味になる。

この種の他に Salvia columbariae も「チア」として知られている。

描写[編集]

チアは一年生草本植物で、1.75m程の高さまで育ち、葉の大きさは幅3 - 5cm長さ4 - 8cmである。花は紫色もしくは白色で茎の先に房状に咲く。

種子[編集]

チアはその種子(チアシード)を穫るために商業的に栽培されている。チアシードは食用でき、Ω-3脂肪酸を豊富に含み、Α-リノレン酸を含む油脂が25 - 30%程度得られる。

チアの種子はだいたい小さな1mm程の楕円形で、茶、灰、黒、白などのまだら色をしている。種子は親水性で、水につけると多くてその質量の12倍も水分を吸収する。このとき粘液質のゲル状の物質に包まれるが、これがチアの入った飲み物に独特の食感を与える。

チアシードは旧来からメキシコやアメリカ南西部で消費されてきたが、今ではヨーロッパでも広く知られている。チアの商業的な栽培はメキシコ、ボリビア、アルゼンチン、エクアドル、ニカラグア、グアテマラ、オーストラリアなどで行われており、2008年現在オーストラリアが最大の生産国となっている。「チア」以外にもいくつかの商標で販売されているが、類似種のSalvia columbariaeは商業的に栽培されていない。

食用と栄養分[編集]

チアの入ったメキシコのaguas frescas


メソアメリカにおける利用[編集]

メンドーサ絵文書に描かれたチア [3]


装飾的な利用[編集]

アメリカでは80年代にチアペット英語版によってチアの需要に大きな高まりがあった。これはチアの種子が入ったペーストを動物などの形をした台に塗り、毛の様に発芽させて楽しむ物で、アメリカでは年間約50万のChia Petが売られている[6]

ワニの形をしたChia Pet

脚注[編集]

  1. ^ a b Salvia hispanica Tropicos
  2. ^ Salvia hispanica L.”. Germplasm Resources Information Network. United States Department of Agriculture (2000年4月19日). 2012年3月21日閲覧。
  3. ^ a b Cahill, Joseph P. (2003). “Ethnobotany of Chia, Salvia hispanica L. (Lamiaceae)”. Economic Botany 57 (4): 604–618. doi:10.1663/0013-0001(2003)057[0604:EOCSHL]2.0.CO;2. 
  4. ^ Kintzios, Spiridon E. (2000). Sage: The Genus Salvia. CRC Press. p. 17. ISBN 978-90-5823-005-8. http://books.google.com/books?id=iE7-nuI9S7UC&pg=PA17. 
  5. ^ Stephanie Strom (2012年11月23日). “30 Years After Chia Pets, Seeds Hit Food Aisles”. New York Times. http://www.nytimes.com/2012/11/24/business/chia-seeds-gain-popularity-for-nutritional-benefits.html?_r=0 2012年11月26日閲覧. "Whole and ground chia seeds are being added to fruit drinks, snack foods and cereals and sold on their own to be baked into cookies and sprinkled on yogurt. ..." 
  6. ^ Chia Pet | Arts & Culture | Smithsonian Magazine.