アカザ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカザ科
Melganzenvoet bloeiwijze Chenopodium album.jpg
アカザ(シロザ、Chenopodium album
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ナデシコ目 Caryophyllales
: アカザ科 Chenopodiaceae
学名
Chenopodiaceae

アカザ科 (Chenopodiaceae) は被子植物の科の一つ。大部分が草本で、乾燥地や海岸に産するものが多く、塩生植物アッケシソウなど)もある。

特徴[編集]

は小さい風媒花で、花被は2から5枚。子房上位で、果実は1個の種子を含み花被に包まれる。ベタシアニン(赤紫色の色素)を含み、またベタイングリシンベタイン:特殊なアミノ酸で耐塩性にも関係する)を多く含むものも多い。

この科は多くの植物分類学者が独立の科として扱っているが、2003年のAPGII分類体系(1998年APG分類体系と変更なく)では認められていない。APGではヒユ科の中に含まれる。

およそ100属1400(日本には6属10数種)がアカザ科に含まれる。

栽培種[編集]

食用の種にはキヌア、カニーワ(kañiwa, 英語版)、アカザ、グッド・キング・ヘンリー (Good King Henry, 英語版)、アリタソウ(エパソーテ)(以上Chenopodium spp.)、オラーチェ(Orache, 英語版Atriplex)、ホウレンソウ (Spinacia oleracea)、そしてもっとも重要な作物に Beta vulgaris から作出されたテンサイテーブルビートマンゲルワーゼル英語版フダンソウがある。

日本ではとんぶり(ホウキギの種子)やオカヒジキが食用にされる。

主な属[編集]