花被

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ネジキ属 (ツツジ科) の花. 花被が萼 (青星) と花冠 (黄星) に分化している (異花被花).
Full Star Blue.svg
Full Star Yellow.svg
ネジキ属 (ツツジ科) の花. 花被が萼 (青星) と花冠 (黄星) に分化している (異花被花).
ユリ属 (ユリ科) の花. 外花被 (青星) と内花被 (黄星) は類似している (同花被花).
Full Star Blue.svg
Full Star Yellow.svg
ユリ属 (ユリ科) の花. 外花被 (青星) と内花被 (黄星) は類似している (同花被花).

花被 (かひ、: perianth) とは、において雄しべ雌しべの外側にある葉的な要素の集合名称である[1][2][3][4][5]。花被を構成する個々の要素は、花被片 (かひへん; perianth segment, perianth part)[注 1] とよばれる[1][4][5]

花被はふつう内外2輪に配列しており、外側の外花被 (がいかひ outer perianth; 個々の要素は外花被片) と内側の内花被 (ないかひ inner perianth; 個々の要素は内花被片) からなる[1][3][2][7]。多くの花では、外花被と内花被は明らかに異なる色・大きさを示し、それぞれ (個々の要素は萼片)、花冠 (個々の要素は花弁) とよばれる[1][2][6] (右上図)。しかしユリのように内外の花被の分化が不明瞭なものもあり (右下図)、このような花被は萼・花冠ではなく外花被・内花被とよばれるが[1][2]、花蓋 (かがい perigone, perigonium[注 2]; 個々の要素は花蓋片 tepal[注 1]) とよばれることもある[4]。また花被が輪状ではなくらせん状に配列した花 (シキミなど) や花被が1輪しかない花 (アケビなど)、花被を全く欠く花 (ヤナギなど) もある。

花被は、ふつう内側にある雄しべ雌しべを保護する役割を担う (特につぼみの時期)[2]。また動物媒花 (昆虫など動物によって花粉を運んでもらう花) の場合、ふつう花被片が目立つ色をしており、送粉者に対する広告塔としての機能をもつ[2][8]。多くの花では、この2つの機能を外側の花被と内側の花被で役割分担しており、それぞれの花被は花冠に分化している。

コケ植物苔類では、造卵器やそこから成長した胞子体の基部を覆う袋状の保護構造をもつことがあり、これも花被 (perianth) とよばれるが、上記の花の花被とは無関係である (→ #コケ植物の花被)。

花の花被[編集]

は、基本的に同心円状 (ときにらせん状) に配列した複数の要素から構成されている。このような要素の中で、雌しべ雄しべの外側にあり生殖能をもたない (花粉胚珠を形成しない) 葉的な要素は花被片、その集合は花被とよばれる[1][2][3][4]

多くの花において、花被片は内外2輪に配置している。外側の花被片は外花被片 (集合名称は外花被)、内側の花被片は内花被片 (集合名称は内花被) とよばれる[1][2]。多くの花では、外花被片は小さく緑色で開花時には目立たないが、内花被片は大きく目立つ色をしている。このような場合、外花被片は萼片 (集合名称は)、内花被片は花弁 (集合名称は花冠) とよばれる[1][2][6]ユリ (ユリ科) のように花被片が内外2輪に配置していても、内外で明瞭な違いがない場合、萼片・花弁とはよばれず、ふつう外花被片・内花被片とよばれるが[1][2]、このような花被片は花蓋片 (集合名称は花蓋) とよばれることもある[4]

萼片花弁とよばれない花被片 (同花被花単花被花の花被片) において、地味なものは萼片状 (sepaloid; 下図1a)、派手なものは花弁状 (petaloid; 1b, c) と表現される[4][9]。またどの程度分化していれば萼片・花弁とよぶのかは必ずしも明瞭ではなく、分類群によって多分に慣習的な部分もある[8]アヤメ (アヤメ科) などでは、外花被片・内花被片の間に大きな形態的差異があっても萼片・花弁とはよばれない[10] (下図1b, c)。またラン科では、1個の内花被片 (唇弁) を除いて外花被片・内花被片の形態的差異は小さいことが多いが (下図1d)、萼片・花弁とよばれることも多い[10]。同様に外花被片・内花被片が共に派手であっても、萼片・花弁とよばれる例もある (下図1e)。

1a. スズメノヤリ (イグサ科) の花. 花被片は萼片状.
1b. スノードロップ (ヒガンバナ科) の花. 花被片は花弁状で外花被片の方が大きい.
1c. アヤメ (アヤメ科) の花. 花被片は花弁状で大きな外花被片と互生する内花被片は小さい. 中央は3分岐した雌しべ.
1d. シラン (ラン科) の花. 3枚の外花被片 (背萼片と2枚の側萼片) と2枚の内花被片 (側花弁) はほぼ同じ色・形であるが、1枚の内花被片 (唇弁) は特殊化している.
1e. オダマキ (キンポウゲ科) の花. 花冠とも派手な色彩をもつ. 後方へ伸びている管は花弁の一部からなる距.

花被は、と同様に表皮で囲まれた葉肉状の柔組織からなるが、葉にくらべて未分化な状態にある[11]。ふつう細胞間隙が発達しており、また萼では細胞が葉緑体をもつことが多い[11]。花被 (特に花冠) はしばしば目立つ色をしているが、この色は、花被片を構成する細胞に含まれるフラボノイド (アントシアニンなど)、カロテノイドベタレインなどの色素による[11]。また白い色は、色素だけではなく花被内の気泡が全ての波長の可視光を反射することも関与している。さらに花被表面の微細な突起や隆条構造、細胞中のデンプン粒などが光を反射し、花被の色や質感に関与していることもある[11]

花被による花のタイプ[編集]

は、花被の有無や分化に基づいて、以下のように類別される[1][2][3][4]

2a. ミドリハコベ (ナデシコ科) の異花被花. 5枚の萼片と5枚の花弁 (深く切れ込んで10枚に見える) がある.
2b. チューリップ属 (ユリ科) の同花被花. よく似た外花被片と内花被片が3枚ずつある (花蓋片) .
2c. ミチヤナギ属 (タデ科) の単花被花. 花被 (萼とよばれることが多い) は5裂する.
2d. ヒトリシズカ (センリョウ科) の無花被花. 1個の花は1個の雌しべと3個の雄しべからなり、花被を欠く.
異花被花
3a. サジオモダカ (オモダカ科) の異花被花
3b. シロガネスミレ (スミレ科) の異花被花
3d. ブルーベリー (ツツジ科) の異花被花
3e. トキワハゼ (サギゴケ科) の異花被花
同花被花
4a. アボカド (クスノキ科) の同花被花
4b. ホトトギス (ユリ科) の同花被花
4c. キバナタマスダレ (ヒガンバナ科) の同花被花
4d. イグサ属 (イグサ科) の同花被花
単花被花
5a. アケビ (アケビ科) の単花被花 (雌花)
5b. クレマチス (キンポウゲ科) の単花被花 (花被片は1輪のみ)
5c. クリ (ブナ科) の単花被花 (雄花)
無花被花
6a. アメリカハンゲショウ (ドクダミ科) の多数の無花被花
6b. コンニャク (サトイモ科) の多数の無花被花 (上部が雄花、下部が雌花)
6c. カツラ (カツラ科) の無花被花 (雌花)
6d. ホッキョクヤナギ (ヤナギ科) の多数の無花被花 (雌花)
6e. トウダイグサ属 (トウダイグサ科) の無花被花からなる杯状花序 (雌しべのみからなる雌花と雄しべのみからなる雄花)

一般的に、被子植物においては、花冠の分化が不明瞭で連続的なものが原始的な特徴であると考えられている[16]アンボレラ (現生被子植物の中で最も初期に分かれたものと考えられている) やシキミ (マツブサ科) などにその例が見られる (下図7a–c)。このような萼片と花弁の連続的な分化は、花の発生のABCモデルにおける各遺伝子の発現範囲の境界が不明瞭であることに起因すると考えられている[17][18]。ただしこのような特徴は、サボテン科など比較的派生的な群に見られることもある (下図7d)。いずれにしても被子植物の中では、萼と花冠が未分化な状態から、明瞭に分化した状態への進化が独立に何回も起こったと考えられている[17]。古くは花被を欠くこと (無花被花) が原始的な特徴と考えられていたこともあったが (この仮説に基づく被子植物の分類体系としてエングラー体系などがある)、現在では無花被花は花被の二次的な欠失によって生じたものと考えられている[17]

7a. アンボレラ (アンボレラ科) の雄花とそのつぼみ. 花要素はらせん状に配置.
7b. シキミ (マツブサ科) の花. 花被片はらせん状に配置.
7c. シキミ の花の裏面. 花被片は外側の萼状から内側の花冠状へ連続的.
7d. ゲッカビジン (サボテン科) の花. 花被片はらせん状に配列し、外側から内側へ連続的.

いろいろな花被[編集]

配置と数[編集]

1つの花における花被片の配置や数は、ふつう種によって決まっている。ふつう花被片は輪生 (cyclic, wholed) しており、多くの場合、外花被 (ふつう) と内花被 (ふつう花冠) が2輪に配置している (dicyclic, biseriate)[6]。それぞれの輪には3、4、または5枚ずつの花被片 (ふつう萼片または花弁) が配置されていることが多い[3]。ただし花被片が1輪しかない場合や (monocyclic, uniseriate)、3輪 (tricyclic, triseriate)、4輪 (tetracyclic, tetraseriate) に配列している場合もある[6]モクレン属 (モクレン科) の多くでは花被片が3枚ずつ3輪に配置されており、そのうちモクレンでは最外の3枚が小さく萼片状、ハクモクレンでは全ての花被片が花弁状である (下図8a)。

いずれにしても各輪の花被片数は各分類群で一定であることが多く、このような数は merosity とよばれる[6]。たとえば単子葉類の多くやクスノキ科ウマノスズクサ科などは3数性 (trimerous; 下図8b)、アカバナ科モチノキ科などは4数性 (tetramerous; 下図8c)、ベンケイソウ科フウロソウ科などは5数性 (pentamerous; 下図8d) の花をもつものが多い[6]。このような花被片の基本数は、ふつうその花の雄しべの基本数と一致し、ときにその花の心皮 (雌しべを構成する要素) 数とも一致する (下図8b–d)。

8a. オオヤマレンゲ (モクレン科) の花. 花被片は3輪に配置.
8b. ネギ属 (ヒガンバナ科) の3数性の花.
8c. ヘンルーダ (ミカン科) の4数性の花.
8e. スイレン (スイレン科) の花. 不特定多数の花被片がらせん状に配置.

またアンボレラスイレンシキミでは、花被片数が不特定多数であり、輪生ではなくらせん状に配置している (螺生; spiral)[6] (上図7a–c, 8e)。このように不特定数の花被片が螺生する状態が、被子植物において原始的な形質であると考えられることが多いが、輪生している状態が原始的である可能性もある[17][19]。被子植物の進化の早い段階で3数性が獲得されたと考えられており、この状態が多くの単子葉類モクレン類 (クスノキ科ウマノスズクサ科など) に見られる[17]。また真正双子葉類の大部分を含む中核真正双子葉類 (コア真正双子葉類) の共通祖先において、5数性が生じたと考えられている[16]。ただし花被の基本数に関しては、平行進化や祖先状態への逆転などが複数の系統で何度も起こっている。

合着[編集]

において同じ種類の花要素どうし (花弁どうしなど) が合着していることを同類合着 (connation, cohesion) という[2][20]。花被片の同類合着はふつうに見られ、萼片どうしが合着したものは合片萼 (合萼; symsepalous calyx, gamosepalous calyx)[1][2][6] (下図9a)、花弁どうしが合着したものは合弁花冠 (sympetalous corolla, gamopetalous corolla) (下図9a, d) とよばれる[2][3][6][21]。萼片や花弁に分化していない花被片 (花蓋片) が合着している状態は syntepalous、gamotepalous とよばれ、ギボウシスズラン (キジカクシ科) では全ての花被片 (外花被片、内花被片) が合着している[6] (下図9b, c)。また合着している場合にはふつう先端側が裂片に分かれているが、合片萼における裂片は萼裂片 (calyx lobe)、合弁花冠における裂片は花冠裂片 (corolla lobe)、花被が合着しているものでは花被裂片 (perianth lobe) とよばれる[20][22]

一方、個々の花被片が合着せずに離生している (distinct) ことも多い。萼片が互いに離生している萼は離片萼 (離萼; aposepalous calyx, polysepalous calyx)、花弁が離生している花冠は離弁花冠 (apopetalous corolla, polypetalous corolla)、萼片や花弁に分化していない花被片が離生している状態は apotepalous、polytepalous とよばれる[1][2][6]。進化的には離生している状態が原始的であり、被子植物の中で花被片の合着は独立に何度も起こったと考えられている[17]

9a. オドリコソウ (シソ科) の花. 萼片花弁はそれぞれ合着している (合片萼、合弁花冠).
9b. ギボウシ (キジカクシ科) の花. 6枚の花被片 (3枚の外花被片、3枚の内花被片) が合着している.
9c. スズラン (キジカクシ科) の花の断面. 花被は互いに合着し、また雄しべが花被基部に合着している.
9d. イチゲコザクラ (サクラソウ科) の長花柱花 (左) と短花柱花 (右) の断面. 花冠は合弁花冠. いずれも雄しべ (1) が花冠に合着している (2は柱頭).
9e. ヤナギバグミ (グミ科) の花は単花被花であり、雄しべが花被 (ふつう萼とよばれる) に合着している.

花において、異なる種類の花要素 (花弁雄しべなど) が合着していることを異類合着 (adnation) という[2][20]。花被片が雄しべと異類合着している例はしばしば見られる。いわゆる合弁花をもつ植物では、雄しべが花弁上に合着していることが多い (例: サクラソウリンドウアサガオシソヒマワリなど) (上図9d)。このような雄しべは花冠上生 (花冠着生; epipetalous) とよばれる[20][23]。また同花被花や単花被花においても、雄しべが花被に合着している例もあり、それぞれ花被上生 (epitepalous)、萼上生 (episepalous) とよばれる[20] (上図9c, e)。

相称性[編集]

花被において、対称軸が2本以上あるものは放射相称 (radial, actinomorphic)、対称軸が1本のみのものは左右相称 (bilateral, zygomorphic) とよばれる[6][24][25]。単花被花や同花被花の花被は、放射相称のもの (下図10a, b)、左右相称のもの (下図10d, e) ともにある。異花被花では、萼・花冠は同じ相称性を示すことが多く、共に放射相称のもの (下図10c)、共に左右相称のもの (下図10f) がある。花被 (異花被花の場合はふつう花冠) は花の中で最も目立つ構造であり、花は主要な花被の相称性に基づいて放射相称花 (actinomorphic flower)、左右相称花 (zygomorphic flower) に類別される[1][6][25]。例外的に対称軸がない花被をもつ花もあり、このような花は非相称花 (asymmetric flower) とよばれる[1][6] (例: トモエソウシオガマギク)。

10a. ヤナギバグミ (グミ科) の放射相称の単花被花.
10b. ネギ属 (ヒガンバナ科) の放射相称の同花被花.
10c. オウシュウマンネングサ (ベンケイソウ科) の放射相称の異花被花.
10d. ウマノスズクサ属 (ウマノスズクサ科) の左右相称の単花被花.
10e. ツバメズイセン (ヒガンバナ科) の左右相称の同花被花.
10f. エンドウ (マメ科) の左右相称の異花被花.

進化的には放射相称の花被が被子植物における原始形質であり、そこから左右相称の花被への進化 (および放射相称への先祖帰りも) が独立に多数回起こったと考えられている[17]。この進化は、花粉媒介における送粉者との関係に大きく関わっている。キンギョソウ (オオバコ科) では左右相称の花冠形成にCYC (CYCLOIDEA) とよばれる転写因子が関与しているが、これに相同な転写因子がガーベラ (キク科) やアブラナ科マガリバナ(イベリス)、マメ科の左右相称花冠の形成にも関与していることが知られている[17]

花被片の重なり方[編集]

つぼみの中では、花被片 (または花被の裂片) は一定の様式で折り畳まれて収まっている。このような折り畳まれ方を花芽内形態 (かがないけいたい; aestivation) といい、いくつかのタイプが知られている[1][26] (図11A-G)。1輪内の花被片の間に上下 (内外) 関係が存在するものは、瓦重ね状 (imbricate) とよばれる[1][27] (図11A–D, h)。一方、花被片が回旋状に重なっており、花被片間の上下 (内外) が同等であるものは片巻状 (回旋状; convolute, contorted) とよばれる[1][28] (図11E, i)。また花被片どうしが縁で接して重ならないものは敷石状 (しきいしじょう; valvate) とよばれる[1][29] (図11F, j)。

11A–G. 花芽内形態. A–D. 瓦重ね状 (A: decussate-trimerous, B: quincuncial, C: cochleate, D: decussate-dimerous)、E. 片巻状、F. 敷石状、G. apert.
11h. ハマナス (バラ科) の花 (瓦重ね状の花弁).
11i. ムクゲ (アオイ科) の花 (片巻状の花弁).
11j. キキョウ (キキョウ科) のつぼみ (敷石状の花冠裂片).

イネ科の花被[編集]

12a. ヒロハウシノケグサ (イネ科) の小穂. 第1小花のみを開いてあり、1個の小花は雌しべ (♀)、雄しべ (♂)、内穎 (Pal')、護穎 (Lem')からなる. Glu'は第1苞穎、Glu"は第2苞穎.
12b. イチゴツナギ属 (イネ科) の花の模式図. 雌しべ (赤)、雄しべ (黄)、鱗被 (薄緑) と内穎 (濃緑).

イネ科は特殊な形態をもち、穎花 (えいか; glumous flower) ともよばれる[1] (右図12)。穎花は1個の雌しべ (2心皮性) および3個または6個の雄しべをもつが、その基部に2個の小さな鱗片状の構造が存在する (右図12b)。この構造は鱗被 (lodicule) とよばれ、内花被片に由来すると考えられている。また穎花は内穎 (内花穎; palea, pl. paleae) と護穎 (外花穎; lemma, pl. lemmas / lemmata) とよばれる鱗片状の構造で覆われている[1] (右図12a)。内穎にはふつう2本の肋があることから、2枚の外花被片 (萼片) が合着したもの、その外側の護穎は花のに由来するもの、と考えられている。

コケ植物の花被[編集]

コケ植物の中で、苔類造卵器 (およびそこから発達した胞子体) は、さまざまな保護構造で囲まれていることが多い[30]。茎葉性 (茎と葉からなる体をもつ) の種において、これらの保護構造のうち、カリプトラ (造卵器の一部に由来する構造) の外側にあり、苞葉 (雌苞葉) の内側にある袋状の構造は花被 (ペリアンス、perianth) とよばれる[4][30] (日本語、英語ともに上記の花の花被と同一であるが、これとは全く異なる構造である) (下図a, b)。苔類の花被は、複数の葉が合着したものに由来すると考えられている[4]。花被の有無や外形、開口部の形、表面構造などは、苔類の分類形質となる[30]

花被やその周囲の構造 (茎、苞葉、カリプトラ) が厚い多肉質の袋となったものは、ペリギニウム (perigynium) とよばれる[30]。ペリギニウムのうち、カリプトラが関与しないものはシーロカウレ (coelocaule)、下曲して土中に入るものはマルスピウム (marsupium) とよばれる[30]

一方、ゼニゴケのような葉状性 (茎や葉を欠き、扁平な体をもつ) の苔類において、造卵器 (およびそこから発達した胞子体) を包む袋状の構造は偽花被 (仮花被、pseudoperianth) とよばれる[30] (下図c, d)。

a. クラマゴケモドキ属 (ツボミゴケ綱) の発達中の胞子体は花被で包まれている.
b. テガタゴケ属 (ツボミゴケ綱) の胞子体基部は花被で囲まれている.
c. チヂレヤハズゴケ (ツボミゴケ綱) の胞子体基部は偽花被で囲まれている.
d. ゼニゴケ (ゼニゴケ綱) の雌器托断面. A,B,C,H = さまざまな発生段階の胞子体, D = 足, E = 柄, F = カリプトラ, G = 偽花被, I = 胞子と弾糸. スケール = 0.9 mm.

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 日本語の「花被片」に対して英語の「tepal」を充てることが多い[1][5]。しかし本文中にあるように、「tepal」の原義はユリのように外花被と内花被の形態的分化が不明瞭な花被片に対する名称であり[6]、日本語の「花被片」より狭義である。「tepal」に対しては、日本語では厳密には「花蓋片」が充てられることがある[4]が、この語はあまり一般的ではない。
  2. ^ 英語では花被 (perianth) の同義語として扱われることが多い[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 清水 建美 (2001). “花被”. 図説 植物用語事典. 八坂書房. pp. 26, 28–41. ISBN 978-4896944792 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 原 襄, 福田 泰二 & 西野 栄正 (1986). “花”. 植物観察入門. 八坂書房. pp. 5–46. ISBN 978-4896944792 
  3. ^ a b c d e f g h i j 原 襄 (1994). “花”. 植物形態学. 朝倉書店. pp. 149–156. ISBN 978-4254170863 
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 巌佐 庸, 倉谷 滋, 斎藤 成也 & 塚谷 裕一 (編) (2013). “花被”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 234. ISBN 978-4000803144 
  5. ^ a b c 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. p. 102. ISBN 978-4621035344 
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Simpson, M. G. (2005). Plant Systematics. Academic Press. pp. 364–371, 566, 575. ISBN 978-0126444605 
  7. ^ 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. p. 42, 164. ISBN 978-4621035344 
  8. ^ a b 巌佐 庸, 倉谷 滋, 斎藤 成也 & 塚谷 裕一 (編) (2013). “花冠”. 岩波 生物学辞典 第5版. 岩波書店. p. 197. ISBN 978-4000803144 
  9. ^ Judd, W.S., Campbell, C.S., Kellogg, E.A., Stevens, P.F. & Donoghue, M.J. (2015). “Froal morphology”. In 4th. Plant Systematics: A Phylogenetic Approach. Academic Press. pp. 617–638. ISBN 978-1605353890 
  10. ^ a b 林 弥栄 & 門田 裕一 (監修) (2013). 野に咲く花 増補改訂新版. 山と渓谷社. pp. 53, 62, 237. ISBN 978-4635070195 
  11. ^ a b c d ポーラ・ルダル (著) 鈴木 三男 & 田川 裕美 (翻訳) (1997). “花弁とがく片”. 植物解剖学入門 ―植物体の構造とその形成―. 八坂書房. pp. 99–100. ISBN 978-4896946963 
  12. ^ 岩瀬 徹 & 大野 啓一 (2004). “花の形のいろいろ”. 写真で見る植物用語. 全国農村教育協会. pp. 88–95. ISBN 978-4881371077 
  13. ^ 長谷部 光泰 (2013年10月21日). “イヌタデの花について”. みんなのひろば 植物Q&A. 日本植物生理学会. 2021年1月30日閲覧。
  14. ^ 林 弥栄 & 門田 裕一 (監修) (2013). 野に咲く花 増補改訂新版. 山と渓谷社. pp. 253, 282. ISBN 978-4635070195 
  15. ^ Judd, W.S., Campbell, C.S., Kellogg, E.A., Stevens, P.F. & Donoghue, M.J. (2015). 4th. ed. Plant Systematics: A Phylogenetic Approach. Academic Press. pp. 327, 449, 460. ISBN 978-1605353890 
  16. ^ a b Smyth, D.R. (2018). “Evolution and genetic control of the floral ground plan”. New Phytologist 220 (1): 70–86. doi:10.1111/nph.15282. 
  17. ^ a b c d e f g h Soltis, P. S., Brockington, S. F., Yoo, M. J., Piedrahita, A., Latvis, M., Moore, M. J., ... & Soltis, D. E. (2009). “Floral variation and floral genetics in basal angiosperms”. American Journal of Botany 96 (1): 110-128. doi:10.3732/ajb.0800182. 
  18. ^ Chanderbali, A. S., Yoo, M. J., Zahn, L. M., Brockington, S. F., Wall, P. K., Gitzendanner, M. A., ... & Soltis, P. S. (2010). “Conservation and canalization of gene expression during angiosperm diversification accompany the origin and evolution of the flower”. Proceedings of the National Academy of Sciences 107 (52): 22570-22575. doi:10.1073/pnas.1013395108. 
  19. ^ 岡本 素治 (1997). “花の器官の配列”. In 加藤 雅啓 (編). バイオディバーシティ・シリーズ (2) 植物の多様性と系統. 裳華房. pp. 240–241. ISBN 978-4-7853-5825-9 
  20. ^ a b c d e 清水 建美 (2001). “雄しべ”. 図説 植物用語事典. 八坂書房. pp. 26, 42–56. ISBN 978-4896944792 
  21. ^ 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). “合弁花冠”. 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. p. 50. ISBN 978-4621035344 
  22. ^ 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. pp. 44, 102, 106. ISBN 978-4621035344 
  23. ^ 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). “花冠着生”. 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. p. 106. ISBN 978-4621035344 
  24. ^ Judd, W.S., Campbell, C.S., Kellogg, E.A., Stevens, P.F. & Donoghue, M.J. (2015). “Froal morphology”. In 4th. Plant Systematics: A Phylogenetic Approach. Academic Press. pp. 73–79. ISBN 978-1605353890 
  25. ^ a b 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. pp. 77, 208. ISBN 978-4621035344 
  26. ^ 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). “花芽内形態”. 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. p. 102. ISBN 978-4621035344 
  27. ^ 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). “かわら重ね”. 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. p. 117. ISBN 978-4621035344 
  28. ^ 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). “片巻”. 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. p. 116. ISBN 978-4621035344 
  29. ^ 文部省 & 日本植物学会 (編) (1990). “敷石状”. 学術用語集 植物学編 増訂版. 丸善. p. 227. ISBN 978-4621035344 
  30. ^ a b c d e f 岩月 善之助 (編) (2001). 日本の野生植物 コケ. 平凡社. pp. 26–32. ISBN 978-4582535075 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]