アカザ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アカザ
Chenopodium album
Chenopodium album
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae
亜科 : Chenopodioideae
: Chenopodieae
: アカザ属 Chenopodium
: シロザ Chenopodium album
変種 : アカザ C. a. var. centrorubrum
学名
Chenopodium album
L.
var. centrorubrum
Makino[1]
シノニム

Chenopodium centrorubrum
(Makino) Nakai

和名
アカザ(藜)
英名
Fat Hen

アカザ(藜、学名: Chenopodium album var. centrorubrum)は、アカザ科APG植物分類体系ではヒユ科アカザ属一年草の縁や空地などに多い雑草

名称[編集]

新芽の赤いのがアカザで、白いのがシロザとよんでいる[2]。地方により、アカジャ[3]、センベグサ[3]ともよばれている。英語では、ニワトリのえさにするため Fat Henhen雌鶏の意)などと呼ばれる。中国植物名(漢名)は、藜(れい)とよぶ[3]

分布・生育地[編集]

世界中に広く分布し、比較的乾いた荒れ地等によく見られる。日本では、北海道から沖縄まで全国各地に分布し[4]畑地荒れ地に最も普通にみられる雑草として自生する[2]

特徴[編集]

一年生草本[2]は、直立して縦にすじがあり、秋には木質化する[2]は、菱状卵型で赤紫色または白い粉をつけたように見える[2]

花期は9 - 10月[4]。花は、茎の先が枝分かれして、葉腋や枝先に黄緑色から緑白色の小花を穂状に密につけ、平たい円形の果実がつく[2][4]。花には花弁がなく、花被片は5個ある[4]。果実期の果穂は赤みを帯びる[4]。果実は胞果で、花が終わった後に閉じた萼片(花被)に包まれ、五角形に見える[4]。果皮は膜質で薄く、1個の種子を包んでいる[4]。種子は平べったい円形で径1ミリメートル (mm) ほどあり、黒色でつやがある[4]

生長が早く、高さ1m程度に達し[5]、特に窒素分の多い土地にはよく育つ。

風媒花であるため花粉が飛散しやすく、アレルギーの原因になる。

アカザの葉を食草とする昆虫カメノコハムシハムシ科)がおり、食痕のある葉を裏返してみると、扁平な成虫や、三葉虫を髣髴とさせる形態の幼虫がよく見られる。

亜種・変種、雑種[編集]

アカザの若葉は赤い状の微細なに覆われ、未熟な細胞を、遺伝子を傷つける紫外線や、光合成に使い切れず、葉緑素から活性酸素を発生させて組織を損傷する原因となる過剰な光のエネルギーから防御しているが、この粒が白いものをシロザ(白藜、Chenopodium album)といい、こちらの方が多く見られる。としてのシロザは世界的に広く分布し、分類学上は普通、アカザをシロザの1変種としているが、様々な亜種変種があって、学名(亜種、変種または同種異名)としては、C. centrorubrumC. album var. microphyllumC. album var. missourienseC. album var. stevensiiC. album subsp. striatumC. acerifoliumC. giganteumC. jenissejenseC. lanceolatumC. pedunculareC. probstii などが用いられる。

また、同属の他種(C. berlandieriC. ficifoliumコアカザ)、C. opulifoliumヒロハアカザ)、C. strictumシロザモドキ)、C. suecicum)と容易に交雑する。

利用[編集]

葉は茹でて食べることができ、同じアカザ科のホウレンソウによく似た味がする。シュウ酸を多く含むため生食には適さない。ただし、一般的に畑の雑草として駆除されるため、好んで食べる人は少ない。ただし、茶として飲まれることも。[6]種子も食用にできる(同属のキノア C. quinoa は種子を食用にする穀物である)。「藜の羹(あつもの)」は粗末な食事の形容に使われる。は太く硬くなるための材料にもされ、アカザの杖は最高級とされる。

薬効[編集]

薬用部位は全草で、日本では生薬名はなく[2]、中国では薬物名として藜(れい)とよんでいる[3]。のどの痛みや整腸の民間薬として、アカザの全草が用いられるが、シロザは薬用に用いない[2]。茎葉は、4 - 7月のなるべく若くて柔らかいものを採取して天日乾燥して調製する[3]。のどの痛み取りに、乾燥させた茎葉1日量20グラムを水500 ccで煎じて、3回に分けて服用する用法が知られている[2]。下痢には1日量5グラムを水で煎じたものを3回分服し、湿疹のかゆみには、1日量10グラムを水600 ccで煎じた液を冷まして、1日3回ガーゼに浸して患部に塗る用法が知られる[3]。また生葉の搾り汁は、毒虫などに刺された時塗ると痛みが止まるとされ[5]、歯痛に生葉の汁をガーゼに含んで噛んでいるとよいといわれている[3]。腸、皮膚、歯肉の熱を冷ます薬草であり、妊婦や胃腸が冷えやすい人への使用は禁忌とされている[3]

アカザ属[編集]

アカザ属(アカザぞく、学名: Chenopodium)は、アカザ科APG植物分類体系ではヒユ科)のの一つ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i 馬場篤 1996, p. 12.
  3. ^ a b c d e f g h 貝津好孝 1995, p. 8.
  4. ^ a b c d e f g h 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2012, p. 105.
  5. ^ a b 本山荻舟『飲食事典』平凡社、1958年、4頁。全国書誌番号:59001337OCLC 10032783
  6. ^ アカザ茶の効果・効能や味とは? 正しい作り方やおススメ入手法も徹底解説!”. お茶ラボ. 2019年12月10日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]