ホウキギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホウキギ
Kochia scoparia1.jpg
秋のホウキギ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ヒユ科 Amaranthaceae
: バッシア属 Bassia
: ホウキギ B. scoparia
学名
Bassia scoparia (L.) A.J.Scott
シノニム

Kochia scoparia (L.) Schrad.

和名
ホウキギ(箒木)
英名
summer cypress
Mexican burningbush
Mexican fireweed
mock cypress

ホウキギ(箒木、学名: Bassia scoparia)はヒユ科アカザ科バッシア属一年草。別名、ホウキグサ(箒草)。

バッシア属のうちホウキギなど数種は、一時、花被の特徴から、ホウキギ属 Kochiaコキア)に分離されていた。

名称[編集]

和名は、乾燥した茎をに使うので、「ホウキギ」の名がつけたものである[1]。地方により様々な呼び名があり、ハハキギ[1]、ニワクサ[1]トンブリ[1]などの地方名がある。中国植物名(漢名)では地膚(じふ)とよばれる[1]。学名のスコーパリア(scoparia) は「ほうき状の」の意。

特徴[編集]

ヨーロッパ南アジア中国などのユーラシア原産といわれ[1][2]日本へは古くに渡来し、栽培されている[2]一年生草本[2]のような細かいが特徴で、秋に紅葉、茎も同様に赤くなる。耐塩性が高い。

茎は直立、もしくは枝分かれして、はじめのうちは緑色をしているが、後に赤くなり、全体が球形から楕円形になる[2]。8 - 9月頃に赤みを帯びた茎枝は、固くなる[2]は線状披針形である[2]。夏から秋にかけて、葉腋から多数の淡緑色のが束のように生えてくる[2]。花は雄花雌花に分かれており、雄花からは黄色いが出る[2]。一方、雌花は深緑色で目立たない[2]果実は、宿存萼に包まれて、星形になる[2]

栽培[編集]

種子は極めて小さくて軽いため、前年に植えた周辺から生えたを移植する方法も採られている[2]。日本での栽培地は、秋田県山形県が主な産地である[1]。ツツミノガ類が主な害虫である[3]

利用[編集]

果実は、薬用・食用にされ、若芽は食用にされる[2]。昔は夏から秋に固くなった茎を根元から切り採って乾燥し、束ねてとして利用した[2]。同時期には果実も成熟しており、ビニールを広げて天日で乾燥し、打ち落としてから、風を送って実とかすを選別する[2]

乾燥させた果実は地膚子(じふし)と称される生薬になり、滋養や強壮のほか、膀胱炎、皮膚のかゆみ、疥癬湿疹蕁麻疹に効果があるといわている[1][2]民間療法では、1日量3 - 10グラムを、水500 - 600 ccで半量になるまで煎じ、3回に分けて服用する用法が知られている[1][2]皮膚病に対して、50グラムほどを布袋に入れて浴湯料として使用してもよいとも言われているが、皮膚が冷えているときの使用は禁忌とされる[1]

また成熟果実は秋田県の郷土料理「とんぶり」の材料となる。実はその性状から「畑のキャビア」「陸のキャビア」ともいわれ、煮付け大根おろしとろろに加えて食べられる[1][2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 貝津好孝 1995, p. 195.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 馬場篤 1996, p. 104.
  3. ^ 糸山享, 新山徳光「秋田県におけるホウキギ (とんぶり) の害虫相とその被害」『北日本病害虫研究会報』第57号、北日本病害虫研究会、2006年、 195-197頁。

参考文献[編集]

  • 貝津好孝『日本の薬草』小学館〈小学館のフィールド・ガイドシリーズ〉、1995年7月20日、195頁。ISBN 4-09-208016-6
  • 馬場篤『薬草500種-栽培から効用まで』大貫茂(写真)、誠文堂新光社、1996年9月27日、104頁。ISBN 4-416-49618-4