葉腋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

葉腋(ようえき)(axil)とは、植物においてと葉のついているとのまたになった部分をいう。 つまり、葉の付け根にあたる。 通常、はこの部分に生じた(腋芽)が伸長してできている。 また、ジンチョウゲ科モクセイ科など、この部分にをつける種もある。

外部リンク[編集]

  • 岩槻秀明「葉腋」(日本語) 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』秀和システム、2006年、13頁。ISBN 9784798014852https://books.google.co.jp/books?id=WHEzrLjpsVYC&pg=PA13#v=onepage&q&f=false2021年11月24日閲覧。"葉柄と茎が合流している接合部です。無柄の場合は、葉の基部が直接茎にくっついています。葉腋に花や枝、むかご等がつくこともあります。"。