モクセイ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モクセイ科
Hiiragi02.jpg
ヒイラギ (Osmanthus heterophyllus)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: シソ目 Lamiales
: モクセイ科 Oleaceae
学名
Oleaceae
Hoffmgg. & Link
  • 本文参照
キンモクセイ
ヒイラギモクセイ

モクセイ科(モクセイか、Oleaceae)は、双子葉植物に属する科。木本で、つる性のものもある。花弁は合着して4裂(一部5-8裂)の合弁花冠を形成する。花は芳香を放つもの(モクセイジャスミンライラックなど)が多く園芸や香料に利用される。またオリーブは食用としてよく利用される。

分類[編集]

約25属600種が属する[1]

Fontanesieae
Fontanesia philliraeoides 1種のみ。コバタゴなど2亜種が認められている。
レンギョウ連 Forsythieae
2属。
Myxopyreae
東南アジアに3属7種が産する。
ソケイ連 Jasmineae
果実は二裂する。ソケイ属 Jasminum 1属に200種以上が属し、一般的にはジャスミンとして知られる。ソケイオウバイオウバイモドキなど。
オリーブ連 Oleeae
染色体数n =23、真正木繊維を持つ、フラボン配糖体の存在など多くの派生形質を持つ、よくまとまった単系統群である。
Ligustrinae
ユーラシア産。2属に約65種が属する。
Schreberinae
  • Schrebera - 4種。アフリカ・インドの熱帯域。
  • Comoranthus - 3種。マダガスカル・コモロ。
Fraxininae
トネリコ属 Fraxinus のみ。トネリコアオダモヤチダモシオジなど約50種が属する。果実は翼果
Oleinae
果実は核果

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Wallander E, Albert VA. (2000). “Phylogeny and classification of Oleaceae based on rps16 and trnL-F sequence data”. Am J Bot. 87 (12): 1827-41. 
  2. ^ José Luis León de la Luz, Jon P. Rebman, Thomas Oberbauer (2003). “On the urgency of conservation on Guadalupe Island, Mexico: is it a lost paradise?”. Biodiversity & Conservation 12 (5): 1073-1082. 

外部リンク[編集]