キク類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キク類
英名asteridsのもととなっているシオン属 (Aster) の一種
英名asteridsのもととなっているキク科シオン属 (Aster) の一種
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
学名
(正式な分類階級の地位は与えられていない)
下位クレード

キク類(キクるい、asterids)とは、APG植物分類体系の各版において、被子植物の分類のために使われているクレードのひとつである。

キク群[1][2]あるいはキク目群[3]とも。

概要[編集]

第2版から第3版への改訂に際しては、真正キク類I、同IIといっていた下位クレードをそれぞれシソ類、キキョウ類に改めた。またキキョウ類では目への所属が未確定だった科を、目を新たに設定した上で所属させている。

このクレードに属する多くの分類群は、クロンキストの体系 (1981) ではキク亜綱に、さらに先行するエングラーでは合弁花植物亜綱に含まれていた。「キク類」(asterids) はAPG IIIが論文中で使っているように、複数形で小文字である。意図するところは命名規約上の正式な階級を与えるものではなく、このグループの概要を代表的な植物の名称で表すことにある。このクレードはコア真正双子葉類の中でバラ類に並ぶ大きなグループである。

下位の分類[編集]

APG IVにおいて含まれる分類群は以下の通り 。

キク類 asterids

 ミズキ目 Cornales

 ツツジ目 Ericales

真正キク類 euasterids
キキョウ類 campanulids

モチノキ目 Aquifoliales

キク目 Asterales

エスカロニア目 Escalloniales

ブルニア目 Bruniales

セリ目 Apiales

マツムシソウ目 Dipsacales

パラクリフィア目 Paracryphiales

シソ類 lamiids

クロタキカズラ目 Icacinales

メッテニウサ目 Metteniusales

ガリア目 Garryales

ムラサキ目 Boraginales

リンドウ目 Gentianales

ヴァーリア目 Vahliales

シソ目 Lamiales

ナス目 Solanales

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 福原達人. “被子植物の系統樹と分類”. 2012年8月27日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “YListで使われる分類体系”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 2012年8月27日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司『高等植物分類表』北隆館、2010年、重版。ISBN 978-4-8326-0838-2

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • Asterids in Stevens, P. F. (2001 onwards). Angiosperm Phylogeny Website. Version 9, June 2008 [and more or less continuously updated since]
  • ウィキメディア・コモンズには、キク類に関するカテゴリがあります。
  • ウィキスピーシーズには、キク類に関する情報があります。