マツムシソウ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マツムシソウ目
Dipsacus pilosus0.jpg
Scabiosa ochroleuca
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 campanulids
: マツムシソウ目 Dipsacales
学名
Dipsacales
Dumort.

マツムシソウ目 (Dipsacales) は双子葉植物の1つ。46属に約1000種を含む。所属する科は分類体系による異同が少なく、明確な分類群といえる。ただし近年のAPG植物分類体系により、従来のスイカズラ科が分割されるなど、科の再編が行われた。

分類(APG植物分類体系)[編集]

マツムシソウ目

レンプクソウ科




タニウツギ科




スイカズラ科




リンネソウ科




モリナ科




オミナエシ科



マツムシソウ科








系統[1]

過去の分類体系[編集]

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系ではキク亜綱の中にあり、4科を含む。

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系では双子葉植物綱の古生花被植物亜綱にある。クロンキストと所属する科は同一で、認識の容易な分類群であることを示している。

  • 双子葉植物綱 class Dicotyledoneae
    • 合弁花植物亜綱 subclass Sympetalae
      • マツムシソウ目 order Dipsacales
        • スイカズラ科 family Caprifoliaceae
        • レンプクソウ科 family Adoxaceae
        • オミナエシ科 family Valerianaceae
        • マツムシソウ科 family Dipsacaceae

脚注[編集]

  1. ^ Dipsacales in Stevens, P. F. (2001 onwards).

外部リンク[編集]