バラ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バラ目
バラの品種「朝雲」
バラの品種「朝雲」
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales

バラ目 (Rosales) は双子葉植物のひとつである。

バラ科を中心とする目だが、形態的特徴による従来の分類(新エングラー体系クロンキスト体系)と分子系統学に基づくAPG植物分類体系とで内容が全く異なり、「バラ科を含む」という共通点以外は同名異物に近い。従来分類の「バラ目」は多系統群と考えられる。

分類[編集]

真正双子葉植物バラ類 rosids 真正バラ類I eurosid I に位置づけられる。公式には共に階級はないが、バラ類をバラ亜綱に当てることもある。マメ目ウリ目ブナ目が近縁である。

形態的共通点は少ないが、従来の体系ではイラクサ目とされていた科が多い。

系統[編集]

以下のような系統樹が提案されている[1]

バラ目

バラ科





バルベヤ科




ディラクマ科



グミ科






ニレ科




アサ科




クワ科



イラクサ科







過去の分類体系[編集]

伝統的には双子葉植物綱(綱名は変わることもある)に含められていた。ただし、伝統的な双子葉植物綱は単系統ではないので系統分類では認めない(名前はそのままで内容を変えることもある)。

双子葉植物の中では、古い分類である新エングラー体系では古生花被植物亜綱(離弁花類)に位置づけられていたが、多系統であり、現在はほとんど使われない。

クロンキスト体系ではバラ亜綱 Rosidae に位置づけられる。

従来の分類ではの形態(両性花、花弁・がくは4-5枚、雄蕊は5本ないし多数)などに基づいて設けられている。

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系では次の科を含む。

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系では一部異なり

などを含めていた。

脚注[編集]

  1. ^ rosales in APWeb”. 2013年6月19日閲覧。

関連項目[編集]