クロッソソマ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロッソソマ目
Illustration Staphylea pinnata0.jpg
ブラダー・ナッツ (Staphylea pinnata).
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : アオイ類 malviids
: クロッソソマ目 Crossosomatales
学名
Crossosomatales Takht. ex Reveal (1993)[1]

クロッソソマ目(Crossosomatales)APG IIで新しく設けられた被子植物の目である。真正双子葉類バラ類に分類される。

分類[編集]

APG III (2009)では7科が含まれる[2]

APG IIでは以下の3科を含んでいた。

クロンキスト体系では、これらの科はそれぞれバラ目スミレ目ムクロジ目に分類されていた。

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[2]




ミツバウツギ科




グアマテラ科




キブシ科



クロッソソマ科







アフロイア科




ゲイッソロマ科



ストラスブルゲリア科





脚注[編集]

  1. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2009). "An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III". Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 105–121. doi:10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x. 
  2. ^ a b Angiosperm Phylogeny Website”. 2015年3月13日閲覧。