クロッソソマ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロッソソマ目
Illustration Staphylea pinnata0.jpg
ブラダー・ナッツ (Staphylea pinnata).
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : アオイ類 malviids
: クロッソソマ目 Crossosomatales
学名
Crossosomatales Takht. ex Reveal[1]

クロッソソマ目(Crossosomatales)APG IIで新しく設けられた被子植物の目である。 クロッソソマ目は双子葉類(eudicots)のバラ類(rosids)に分類され、以下の3つの科を含んでいた。

クロンキスト体系では、これらの科はそれぞれバラ目(Rosales)、スミレ目(Violales)とムクロジ目(Sapindales)に分類されている。

APG III(2009)では、7つの科を含むように変更された。 [2]

系統[編集]

APG IIIでの系統は以下の通りである。[2]

クロッソソマ目 Crossosomatales 


ミツバウツギ科 Staphyleaceae




グアマテラ科 Guamatelaceae




キブシ科 Stachyuraceae



クロッソソマ科 Crossosomataceae







アフロイア科 Aphloiaceae




ゲイッソロマ科 Geissolomataceae




ストラスブルゲリア科 Strasburgeriaceae



イクセルバ科 Ixerbaceae






脚注[編集]

  1. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2009). "An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III" (PDF). Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 105–121. doi:10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x. Retrieved 2013-07-06. 
  2. ^ a b Angiosperm Phylogeny Website”. 2014年3月30日閲覧。