アウストロバイレヤ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アウストロバイレヤ目
Schisandra rubriflora.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
: アウストロバイレヤ目 Austrobaileyales
学名
Austrobaileyales
Takht. ex Reveal[1][2]

アウストロバイレヤ科
マツブサ科(シキミ科を含む)
トリメニア科

アウストロバイレヤ目 Austrobaileyales はAPG分類体系における被子植物の目のひとつで、木本性の低木やつる植物の約100[3]種が属している。 もっとも有名な植物は、おそらくマツブサ科に属するスパイスの一種であるスターアニス(Illicium verum)である。

被子植物の進化初期に分岐したグループで、基部被子植物の一員である。アムボレラ目(Amborellales)、スイレン目(Nymphaeales)の後に分岐したとされ、これら2つとアウストロバイレヤ目の頭文字からANAグレードと呼ばれる。ANAグレードはその他の現生の被子植物の姉妹群となっている[4] [5][6]

下位分類[編集]

APG II(第2版、2003年)では、アウストロバイレヤ科、マツブサ科、シキミ科(lliciaceae)、トリメニア科としていたが、APG III(2009)ではシキミ科はマツブサ科に含まれることとなった。

アウストロバイレヤ目

アウストロバイレヤ科




マツブサ科



トリメニア科




脚注[編集]

  1. ^ Angiosperm Phylogeny Group III (2009年). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG III”. Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 105–121. doi:10.1111/j.1095-8339.2009.00996.x. 
  2. ^ Angiosperm Phylogeny Website – Austrobaileyales” (2001 onwards). 2013年7月7日閲覧。
  3. ^ Jeffrey D. Palmer, Douglas E. Soltis and Mark W. Chase (2004年). “The plant tree of life: an overview and some points of view”. American Journal of Botany 91 (10): 1437–1445. doi:10.3732/ajb.91.10.1437. PMID 21652302. http://www.amjbot.org/cgi/content/full/91/10/1437. 
  4. ^ Angiosperm Phylogeny: A Framework for Studies of Genome Evolution, Plant Genome Diversity Volume 2, pp. 1-11, 2013, Springer, Pamela S. Soltis and Douglas E. Soltis
  5. ^ Botanical Journal of the Linnean Society, 2013, 171, 640–654, Structure of the unusual explosive fruits of the early diverging angiosperm Illicium (Schisandraceae s.l., Austrobaileyales), Mikhail S. Romanov, Alexey v. F. CH. Bobrov, and Peter k. Endress.
  6. ^ Insights into the dynamics of genome size and chromosome evolution in the early diverging angiosperm lineage Nymphaeales (water lilies), Jaume Pellicer, Laura J Kelly, Carlos Magdalena, Ilia Leitch, 2013, Genome, 10.1139/gen-2013-0039