スイカズラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スイカズラ科
Lonicera japonica flowers.jpg
スイカズラLonicera japonica
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: マツムシソウ目 Dipsacales
: スイカズラ科 Caprifoliaceae
  • 本文参照

スイカズラ科(すいかずらか、Caprifoliaceae)は双子葉植物の科で、スイカズラのほか、花を観賞するアベリアタニウツギや、庭木にするサンゴジュ、果実を食用にするハスカップ(クロミノウグイスカグラ)、ガマズミニワトコなどを含む。多くは木本で一部はつる性あるいは草本。16属 500種前後からなり、北半球温帯、特に東アジアと北米に多い。

最近の研究で従来のスイカズラ科はいくつかの系統(大部分がマツムシソウ目に入る)に分かれることが明らかになった。新しいAPG分類体系では、CarlemanniaとSilvianthusの2属をCarlemanniaceae(カールマニア科:シソ目)に、ニワトコ属とガマズミ属をレンプクソウ科(マツムシソウ目)に移している。その他は狭義のスイカズラ科と、リンネソウ科、タニウツギ科に分ける(これらにマツムシソウ科オミナエシ科を加えれば単系統にまとまるので、それをスイカズラ科としてもよい)。

分類[編集]

従来のスイカズラ科は以下に示す各属からなる。

(狭義スイカズラ科)

(以下は新分類でタニウツギ科 Diervillaceae)

(以下は新分類でリンネソウ科 Linnaeaceae)

(以下は新分類でレンプクソウ科 Adoxaceaeへ移す)

(以下は新分類でCarlemanniaceaeへ移す)

  • Carlemannia
  • Silvianthus
ハコネウツギ
アベリア
ニワトコ
サンゴジュ