ビワモドキ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビワモドキ科
Dillenia philippinensis Blanco1.199.png
Hibbertia aspera DC.
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiospermae
階級なし : 真正双子葉類 eudicotidae
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ビワモドキ目 Dilleniales
: ビワモドキ科 Dilleniaceae
学名
DilleniaceaeSalisb. (1807)
タイプ属
Dillenia L. [1]

本文参照

ビワモドキ科 (Dilleniaceae) は被子植物の1つで、約11属400種がある。果樹または観葉植物として利用されるビワモドキなどがある。

古くから認識されていた科で、新エングラー体系およびクロンキスト体系では双子葉植物ビワモドキ亜綱ビワモドキ目の基準科である。ダールグレン体系ではアオイ上目ビワモドキ目に位置させる。APG分類体系では目の位置づけをせず、真正双子葉植物 (Eudicots) のなかのコア真正双子葉類 (core Eudicots) に置いている[2]APG IV (2016)では、上位クレードとしてビワモドキ目が再び認められ、ビワモドキ科はビワモドキ目唯一の科としてこれに属することになった[3]

形態・生態[編集]

木本あるいは稀に草本

黄色、または白色の花弁はふつう5枚で2裂することがある。雄蕊は15-150本。心皮は5個前後で、離生または合生する。

果実は袋果・さく果などで、花托に包まれて液果様になることもある。

分布[編集]

亜熱帯から熱帯、新旧双方の汎熱帯に分布。また、オーストラリア全域に分布する。日本には分布していないが、栽培種として導入されている。

下位分類[編集]

11属[4]あるいは12属がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dilleniaceae Tropicos
  2. ^ The Angiosperm Phylogeny Group 2009, p. 111.
  3. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2016), “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV”, Botanical Journal of the Linnean Society 161 (2): 1–20, doi:10.1111/boj.12385, http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/boj.12385/abstract 2016年5月20日閲覧。 
  4. ^ Dilleniaceae Watson, L., and Dallwitz, M.J. 1992 onwards. The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval. Version: 29th July 2006.
  5. ^ Dilleniaceae The plant List

参考文献[編集]