セイヨウサンシュユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セイヨウサンシュユ
Cornus mas flowers.jpg
セイヨウサンシュユの花
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ミズキ目 Cornales
: ミズキ科 Cornaceae
: ミズキ属 Cornus
: セイヨウサンシュユ C. mas
学名
Cornus mas L.
和名
セイヨウサンシュユ

セイヨウサンシュユ(西洋山茱萸; 学名: Cornus mas)は、ミズキ目ミズキ科の落葉小高木

リンネの『植物の種英語版』(1753年) で記載された植物の一つである[1][2]

分布[編集]

ヨーロッパ南部(フランス)からウクライナ、アルメニア、アゼルバイジャン、グルジア、イラン、トルコ、レバノン、シリアにかけて分布する[3]

特徴[編集]

高さ5-12メートルになる落葉小高木。樹皮は薄茶色で、葉は対生し長さ4-10 cmほどの卵状楕円形。2-4センチメートルの黄色の小さな花を10-25個密に開く。果実は長さ1.5センチメートル楕円形で赤く熟し、ひとつの種子を有す[4]

利用[編集]

果実は熟すとコーヒーベリーのようになる。主に東ヨーロッパ地域とイランにて食用に利用される。生食では酸味が強すぎるため、ジャムやソース、ジュース、ドライフルーツに加工されることが多い。東ヨーロッパではサンシュユ(C. officinalis)同様、薬用植物として利用され、腹痛、風邪、下痢に良いとされている[5]。サンシュユの果汁はミネラル分に富み、プラムジュースと比較すると、カリウム、ナトリウム、鉄分、亜鉛、マンガンが多く含まれる。特にカルシウムが多く、プラムジュースの10倍以上を含有する[6]。 動物実験では、高血糖と脂質異常の改善[7]、肝臓保護[8]、血流改善[9]が報告されている。 薬理成分はロガニン酸、ロガニン、スエロシド、コルニシドといったイリドイド[10]、アントシアニン、ウルソール酸[11]である。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Linnaeus, Carolus (1753) (ラテン語). Species Plantarum. Holmia[Stockholm]: Laurentius Salvius. p. 117. https://www.biodiversitylibrary.org/page/358136 
  2. ^ POWO (2019). Plants of the World Online. Facilitated by the Royal Botanic Gardens, Kew. Published on the Internet; http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:811610-1 Retrieved 23 September 2021.
  3. ^ Rop O, Mlcek J, Kramarova D, Jurikova T. Selected cultivars of cornelian cherry (Cornus mas L.) as a new food source for human nutrition. African Journal of Biotechnology. 2010;9(8):1205–1210.
  4. ^ Hassanpour H, Hamidoghli Y, Samizadeh H. Some fruit characteristics of Iranian cornelian cherries (Cornus mas L.) Notulae Botanicae Horti Agrobotanici Cluj-Napoca. 2012;40(1):247–252.
  5. ^ Seeram NP, Schutzki R, Chandra A, Nair MG. Characterization, quantification, and bioactivities of anthocyanins in Cornus species. Journal of Agricultural and Food Chemistry. 2002;50(9):2519–2523
  6. ^ Cornelian cherry (cornus MAS L.) juices as a source of minerals in human diet”. 2014年7月2日閲覧。
  7. ^ Biochemical and histopathological study of the anti-hyperglycemic and anti-hyperlipidemic effects of cornelian cherry (Cornus mas L.) in alloxan-induced diabetic rats”. 2014年7月2日閲覧。
  8. ^ Protective Effect of Cornus mas Fruits Extract on Serum Biomarkers in CCl4-Induced Hepatotoxicity in Male Rats”. 2014年7月2日閲覧。
  9. ^ Comparing the effects of lovastatin and cornus MAS fruit on fibrinogen level in hypercholesterolemic rabbits”. 2014年7月2日閲覧。
  10. ^ UPLC-TOF-MS Characterization and Identification of Bioactive Iridoids in Cornus mas Fruit”. 2014年7月2日閲覧。
  11. ^ Amelioration of obesity and glucose intolerance in high-fat-fed C57BL/6 mice by anthocyanins and ursolic acid in Cornelian cherry (Cornus mas)”. 2014年7月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]