シオン属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シオン属
Asteraceae - Aster amellus.JPG
Aster amellus
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : キキョウ類 lamiids
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Arecoideae
: シオン連 Astereae
: シオン属 Aster
学名
Aster L.
タイプ種
Aster amellus L.[1]
シノニム

本文参照

シオン属(学名 : Aster)は、キク科の被子植物の属の一つである。約180種含まれ、1種を除いてユーラシア大陸に自生している。Aster alpinus spp. vierhapperi北アメリカ大陸に自生する唯一の種である[2]。かつてシオン属に属していた多くの種は、シオン連のほかの属に含まれている。

定義[編集]

シオン属は、かつてユーラシア大陸と北アメリカ大陸に自生している種(約600種)が含まれていたが、後年の形態学の研究および1990年代のDNA解析による分子系統学の研究により、北アメリカに自生する種は、他の属に移行された。現在、およそ180種が、1種を除いて、すべてユーラシア大陸に自生する種に限られる[3]。アスターの名は、古代ギリシャ語ἀστήρ(日本語で「星」)から来ており、花の形が星形であることから由来する。シオン属の多くの種・品種は、魅力的で色とりどりの花をつけることから園芸植物として人気がある。

Aster amellusは、キク科およびシオン属のタイプ種である[4]新世界に自生している旧シオン属の種は、今ではAlmutasterCanadanthusDoellingeriaEucephalusEurybiaIonactisOligoneuronOreostemmaSericocarpusSymphyotrichumに再分類されたが、すべてシオン連に含まれている。分類学上の変更に関係なく、園芸上の取引では俗に「アスター」と呼ばれている。

かつてシオン属であった植物[2]

エゾギク(英名 : China Aster、学名 : Callistephus chinensis)はエゾギク属Callistephus)に属している。

主な種[編集]

Aster alpinusは、北アメリカに自生する唯一のシオン属の植物である。北半球の山々で見つかっている。

以下の種などが知られている[5]

交雑種[編集]

(AGMのマークは王立園芸協会ガーデン・メリット賞を受賞した品種である: -

  • Aster × frikartii (A. amellus × A. thomsonii) Frikart's aster[6]
    • Aster × frikartii 'Mönch'agm[7]
    • A. × frikartii 'Wunder von Stäfa'agm[8]
  • 'Kylie' (A. novae-angliae 'Andenken an Alma Pötschke' × A. ericoides 'White heather')[9]
  • 'Ochtendgloren'agm[10] (A. pringlei hybrid)
  • 'Photograph'agm[11]

人間の文化[編集]

1918年10月31日に発生したハンガリー革命は、ブダペストの抵抗者がこの花を身に着けていたことから "アスター革命"として知られるようになった[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Aster L. Tropicos
  2. ^ a b c d Luc Brouillet. Aster Linnaeus, Sp. Pl. 2 : 872. 1753; Gen. Pl. ed. 5, 373. 1754”. p. 20. http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=102902.  in Flora of North America.
  3. ^ Luc Brouillet, Theodore M. Barkley & John L. Strother. “Asteraceae Martinov tribe Astereae Cassini, J. Phys. Chim. Hist. Nat. Arts. 88: 195. 1819”. p. 3. http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=20538.  in Flora of North America.
  4. ^ Elizabeth Pennissi (2001). “Linnaeus's last stand?”. Science 291 (5512): 2304–2307. doi:10.1126/science.291.5512.2304. PMID 11269295. 
  5. ^ a b 林 (2009)、44-47頁
  6. ^ Floridata: Aster × frikartii
  7. ^ RHS Plant Selector - Aster × frikartii 'Mönch”. 2013年7月15日閲覧。
  8. ^ RHS Plant Selector - A. × frikartii 'Wunder von Stäfa'”. 2013年7月15日閲覧。
  9. ^ Klein, Carol. “Blazin' squad”. Telegraph. 2013年7月15日閲覧。
  10. ^ RHS Plant Selector - Aster 'Ochtendgloren'”. 2013年7月15日閲覧。
  11. ^ RHS Plant Selector - Aster 'Photograph'”. 2013年7月15日閲覧。
  12. ^ Hajdu, Tibor (1990). “Revolution, Counterrevolution, Consolidation”. In Peter F. Sugar. A History of Hungary ([New printing]. ed.). Bloomington: Indiana University Press. p. 297. ISBN 0253355788. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]