北アメリカ大陸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北アメリカ大陸の地質と国境

北アメリカ大陸(きたアメリカたいりく、North American continent)、通称北米大陸(ほくべいたいりく)は、現在においては南北アメリカ大陸のうち、パナマ地峡より北側の部分のこと。かつてはローラシア大陸から分かれ、ゴンドワナ大陸から分かれた南アメリカ大陸とは別々に存在していた大陸であった。面積は約2400万平方キロメートルである。

アメリカ合衆国カナダメキシコグアテマラベリーズエルサルバドルホンジュラスニカラグアコスタリカパナマが位置する。地理的にも実質的にも広義の北アメリカ地方の大半を占めるといってよい。これはカリブ海地域においては大国であるキューバを北アメリカ大陸で最も国内総生産が高い国であるアメリカ合衆国と比較すると人口が約26分の1、面積に至っては約87分の1であり、またアメリカ合衆国の国内総生産はカリブ海地域で最大であるプエルトリコのそれの約169倍である(参照:国の国内総生産順リスト)ことからも分かるだろう(ただし、アメリカ合衆国にはハワイ州マンハッタン島なども含まれる)。

なお、北アメリカ地方と言った場合にはメキシコ以南を中央アメリカ地方として区別することがあるのに対し、「北アメリカ大陸」という語にはそのような用法は存在しない。

住民は大航海時代以前においてはモンゴロイドが中心であったが、ケネウィック人の発見もあり、他の人種も住んでいた可能性がある。現在はコーカソイドネグロイドなどを含めた多種多様な人種の人々が住んでいる。

関連項目[編集]