ヒロハホウキギク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒロハホウキギク
Symphyotrichum subulatum.jpg
Aster subulatus var. sandwicensis
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
階級なし : 真正キク類II Euasterids II
: キク目 Asterales
: キク科 Asteraceae
亜科 : キク亜科 Asteroideae
: シオン連 Astereae
: シオン属 Aster
: sect. Oxytripolium
: ホウキギク(広義) A. subulatus
変種 : ヒロハホウキギク A. s. var. sandwicensis
学名
Aster subulatus
Michx.
var. sandwicensis (A.Gray ex H.Mann) A.G.Jones[1]
シノニム

Aster subulatus Michx. var. ligulatus Shinners
Symphyotrichum squamatum (Spreng.) G.L.Nesom
Symphyotrichum subulatum (Michx.) G.L.Nesom var. squamatum (Spreng.) S.D.Sundberg

和名
ヒロハホウキギク(広葉箒菊)
英名
southeastern annual saltmarsh aster

ヒロハホウキギク(広葉箒菊、学名: Aster subulatus var. sandwicensis)は、キク科シオン属1年草空き地道端などに生える雑草

和名は、ホウキギクよりもの幅が広いことから名づけられた。

特徴[編集]

ホウキギクによく似ているが、違いは以下の通り。

  • が横に広がる。
  • 葉の幅が広くて先がとがり、基部はを抱かない。
  • 頭花が大きく、冠毛筒状花より短い。

分布・生育地[編集]

北アメリカ原産で、日本では1960年代に確認された帰化植物

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2012年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年1月25日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]