ムラサキ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムラサキ目
Echium vulgare 190605.JPG
分類APG IV
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 Lamiids
: ムラサキ目 Boraginales

ムラサキ目 (Boraginales) は被子植物のひとつである。2009年APG IIIでは目の帰属が示されていなかったムラサキ科が属するもので、2016年APG IVで新設された。

広義のムラサキ科1のみから構成されるが、これには狭義のムラサキ科及び近縁な数科が含まれる。

概要[編集]

ムラサキ目は、クロンキスト体系APG体系といった主要な植物分類体系では、長らく認められてはこなかったが、2014年頃のいくつかの科学論文の中ではすでに目として認識されていた[1]。ムラサキ目の定義は、APG体系におけるムラサキ科の定義と本質的に同質のものである。分子系統学的な研究では、狭義のムラサキ科は伝統的に認識されていたハゼリソウ科とレンノア科に対して側系統群になるため、APG IIIの分類体系では広義のムラサキ科を採用している。APG IIIでは、ムラサキ科は真正キク類I(シソ類)のクレードに属すことになったが、他の科との正確な系統関係が分からなかったため帰属する目を与えられなかった。いくつかの遺伝子塩基配列を用いた系統解析により、ムラサキ目はAPG体系のシソ目の姉妹群であるとされたが、最尤法におけるブートストラップ確率はわずか65%であった[2]

2016年のAPG IVにおいて、旧コドン科(Codonaceae)を内包したムラサキ科のみから成る 「ムラサキ目」 として位置付けられた[3]

クロンキスト体系では、(カキバチシャノキ属・チシャノキ属・キダチルリソウ属を含む)ムラサキ科とレンノア科はシソ目に、ハゼリソウ科はナス目に属していた。

ジャーナルにおいては2014年頃から、APG体系におけるムラサキ科をムラサキ目として、すなわち目としての階級で認識してきた例がある。この認識の下では、ムラサキ科を狭義で捉え、カキバチシャノキ科・チシャノキ科・キダチルリソウ科・ハゼリソウ科を別科として同目内に属させた。著者によっては、コドン科とウェルステディア科を狭義ムラサキ科から単型科として分割した残り、最狭義のムラサキ科として定義した[4]。狭義ムラサキ科は、コドン属(Codon)とウェルステディア属(Wellstedia)を含めた場合、植物形態学的に特徴を見出すことが難しくなる[5]。コドンは長らくハゼリソウ科内の特異な一群と見なされていたが、1998年には分子系統学な研究により狭義ムラサキ科により近縁であると明らかにされた[6]

葉緑素を欠いた完全寄生植物のレンノア属(Lennoa)とフォリスマ属(Pholisma)はかつてレンノア科(Lennoaceae)とされていたが、2014年に至りチシャノキ科の内部に位置するクレードとして認知されるようになる[7]。いくつかの研究では、ハゼリソウ科はナマ(Nameae)を含めた場合に側系統になることを示しているが、問題の解決には更なる研究が必要とされる[2]

ホプレスチグマ属(Hoplestigma)をムラサキ目に入れることについてはしばしば疑いが持たれてきたが、2014年の研究によってその位置は確固たるものとなった[1]。 ホプレスチグマ属はカキバチシャノキ科の姉妹群であり、カキバチシャノキ科はホプレスチグマ属を含むように範囲を拡張するよう求められてきた。

ハゼリソウ属(Hydrolea)は、エイサ・グレイによって分類されてから1世紀以上もの間、ハゼリソウ科に属するものと考えられていたが、今ではナス目に属しナガボノウルシ属の姉妹群となることが分かっている[2]

プテレオカルパ属(Pteleocarpa)は例外的なものとして、一般的にムラサキ目に入れられていたが、その分類については強い疑いがあった。分子系統学的にはリンドウ目ゲルセミウム科の姉妹群にであることが強く支持されたため[2]、ゲルセミウム科がこれを含むように拡張された[8]

系統[編集]

キク類


ミズキ目




ツツジ目




キキョウ類


シソ類

クロタキカズラ目




メッテニウサ目




ガリア目




ムラサキ目



リンドウ目



ヴァーリア目



シソ目



ナス目








脚注[編集]

  1. ^ a b Maximilian Weigend, Federico Luebert, Marc Gottschling, Thomas L.P. Couvreur, Hartmut H. Hilger and James S. Miller. 2014. "From capsules to nutlets ? phylogenetic relationships in the Boraginales". Cladistics 30(5):508-518. doi:10.1111/cla.12061.
  2. ^ a b c d Refulio-Rodriguez, Nancy F.; Olmstead, Richard G. (2014). “Phylogeny of Lamiidae”. American Journal of Botany 101 (2): 287?299. doi:10.3732/ajb.1300394. 
  3. ^ Angiosperm Phylogeny Group (2016). “An update of the Angiosperm Phylogeny Group classification for the orders and families of flowering plants: APG IV”. Botanical Journal of the Linnean Society 181 (1): 1?20. doi:10.1111/boj.12385. http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/boj.12385/abstract. 
  4. ^ Peter F. Stevens (2001 onwards). "Boraginaceae" At: Angiosperm Phylogeny Website. At: Missouri Botanical GardenWebsite. (外部リンク'参照のこと)
  5. ^ James I. Cohen. 2014. "A phylogenetic analysis of morphological and molecular characters of Boraginaceae: evolutionary relationships, taxonomy, and patterns of character evolution". Cladistics 30(2):139-169. doi:10.1111/cla.12036
  6. ^ Diane M. Ferguson. 1998. "Phylogenetic Analysis and Relationships in Hydrophyllaceae Based on ndhF Sequence Data". Systematic Botany 23(3):253-268.
  7. ^ Marc Gottschling, Federico Luebert, Hartmut H. Hilger, and James S. Miller. 2014. "Molecular delimitations in the Ehretiaceae (Boraginales)". Molecular Phylogenetics and Evolution 72:1-6. doi:10.1016/j.ympev.2013.12.005
  8. ^ Lena Struwe, Valerie L. Soza, Sugumaran Manickam, and Richard G. Olmstead. 2014. "Gelsemiaceae (Gentianales) expanded to include the enigmatic Asian genus Pteleocarpa". Botanical Journal of the Linnean Society 175(4):482?496. doi:10.1111/boj.12182.

参考文献一覧[編集]

  • Diane, N., H. Forther, and H. H. Hilger. 2002. A systematic analysis of Heliotropium, Tournefortia, and allied taxa of the Heliotropiaceae (Boraginales) based on ITS1 sequences and morphological data. American Journal of Botany 89: 287-295 (online abstract here).
  • Gottschling, M., H. H. Hilger 1, M. Wolf 2, N. Diane. 2001. Secondary Structure of the ITS1 Transcript and its Application in a Reconstruction of the Phylogeny of Boraginales. Plant Biology (Stuttgart) 3: 629-636 (abstract online here)

外部リンク[編集]