紅葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹落葉の前にが変わる現象のこと。ただし、読んで字の如く、葉の色が赤変することだけを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。

概要[編集]

一般に落葉樹のものが有名であり、に一斉に紅葉する様は観光の対象ともされる。カエデ科の数種を特にモミジと呼ぶことが多いが、実際に紅葉が鮮やかな木の代表種である。狭義には、赤色に変わるのを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるのを「黄葉(こうよう、おうよう)」、褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と呼ぶが、これらを厳密に区別するのが困難な場合も多く、いずれも「紅葉」として扱われることが多い。また、同じ種類の木でも、生育条件や個体差によって、赤くなったり黄色くなったりすることがある。葉が何のために色づくのかについては、その理由は諸説あり、いまだ明らかになっていない。

なお、常緑樹も紅葉するものがあるが、緑のと一緒の時期であったり、時期がそろわなかったりするため、目立たない。ホルトノキは、常に少数の葉が赤く色づくのが見分けの目安になっている。また、になると低木の葉も紅葉し、それらを総称して「草紅葉(くさもみじ)」ということがある。

日本における紅葉は、9月頃から北海道大雪山を手始めに始まり、徐々に南下する。紅葉の見頃の推移を桜前線と対比して「紅葉前線」と呼ぶ。紅葉が始まってから完了するまでは約1か月かかる。見頃は開始後20〜25日程度で、時期は北海道と東北地方10月関東から九州では11月から12月初め頃まで。ただし、山間部や内陸では朝晩の冷え込みが起こりやすいために、通常これより早い。

紅葉のメカニズム[編集]

赤は主にナナカマド・黄色は主にダケカンバ穂高連峰涸沢岳
サトウカエデの紅葉の各段階

普段、葉が緑色に見えるのはクロロフィルが含まれるからであるが、寒くなり日照時間が短くなるとクロロフィルが分解される。また、葉柄の付け根に離層という特殊な水分を通しにくい組織ができ、葉で作られた水溶性のブドウ糖蔗糖などの糖類やアミノ酸類が葉に蓄積し、その糖から光合成を利用して新たな色素が作られたりする。その過程で葉の色が黄色に変化し、紅葉が起こる。その後、落葉になる。

紅葉、黄葉、褐葉の違いは、それぞれの色素を作り出すまでの葉の中の酵素系の違いと、気温、水湿、紫外線などの自然条件の作用による酵素作用発現の違いが、複雑にからみあって起こる現象とされる。

紅葉の原理[編集]

葉の赤色は色素「アントシアン」に由来する。アントシアンはからにかけての葉には存在せずに、に葉に蓄積したブドウ糖や蔗糖と、紫外線の影響で発生する。

黄葉の原理[編集]

葉の黄色は色素「カロテノイド」による。カロテノイド色素系のキサントフィル類は若葉の頃から葉に含まれるが、春から夏にかけては葉緑素の影響により視認はできない。秋に葉の葉緑素が分解することにより、目につくようになる。なお、キサントフィルも光合成によってできた糖から出発し、多くの化学変化を経てできたものである。

褐葉の原理[編集]

  • 黄葉と同じ原理であるが、タンニン性の物質(主にカテコール系タンニン、クロロゲン酸)や、それが複雑に酸化重合したフロバフェンと総称される褐色物質の蓄積が目立つためとされる。
  • 黄葉や褐葉の色素成分は、量の多少はあるがいずれも紅葉する葉にも含まれており、本来は紅葉するものが、アントシアンの生成が少なかったりすると褐葉になることがある。

紅葉と進化[編集]

紅葉の至近要因については詳しく知られているが、そもそもなぜ紅葉があるのか、紅葉の進化的要因、進化的機能についてはふつう紅葉は葉の老化に伴う非適応的な副作用であると説明されており、長らく研究対象となってこなかった[1]1999年平成11年)に北半球の262の紅葉植物とそれに寄生するアブラムシ類の関係が調べられ、紅葉色が鮮やかであるほどアブラムシの寄生が少ないことが発見された。紅葉の原因となるアントシアンやカロテノイドはそれを合成するのに大きなコストが掛かるが、直接害虫への耐性を高めるわけではない。またアブラムシは樹木の選り好みが強く、一部の種は色の好みもあるとわかっている。そのため、紅葉は自分の免疫力を誇示するハンディキャップ信号として進化した、つまり「十分なアントシアンやカロテノイドを合成できる自分は耐性が強いのだから寄生しても成功できないぞ」と呼びかけているとみなせる[2]。アブラムシ以外の寄生者に対するハンディキャップ効果はまだ調べられていない。紅葉の進化的機能についてはまだ議論が続いている。

紅葉する植物[編集]

黄葉:イチョウ
御堂筋 

紅葉にまつわる文化[編集]

もみじ(紅葉、黄葉)[編集]

もみじ旧仮名遣い、もみぢ)は、上代語の「紅葉・黄葉する」という意味の「もみつ(ち)」(自動詞四段活用)が[3]平安時代以降濁音化し上二段活用に転じて「もみづ(ず)」となり[4]、現代はその「もみづ(ず)」の連用形である「もみぢ(じ)」が定着となった言葉である[5]

上代 - もみつ例
「子持山 若かへるての 毛美都(もみつ)まで 寝もと吾は思ふ 汝は何どか思ふ (万葉集)」
「言とはぬ 木すら春咲き 秋づけば 毛美知(もみち)散らくは 常を無みこそ (万葉集)」
「我が衣 色取り染めむ 味酒 三室の山は 黄葉(もみち)しにけり (万葉集)」
平安時代以降 - もみづ例
「雪降りて 年の暮れぬる 時にこそ つひにもみぢぬ 松も見えけれ (古今和歌集)」
「かくばかり もみづる色の 濃ければや 錦たつたの 山といふらむ (後撰和歌集)」
「奥山に 紅葉(もみぢ)踏みわけ 鳴く鹿の 声きく時ぞ 秋は悲しき(古今和歌集)」

秋口の霜や時雨の冷たさに揉み出されるようにして色づくため、「揉み出るもの」の意味(「揉み出づ」の転訛「もみづ」の名詞形)であるという解釈もある。

紅葉狩り(京都・常寂光寺

もみじ(紅葉、黄葉)狩り[編集]

日本では、紅葉の季節になると紅葉を見物する行楽、紅葉狩りに出かける人が多い。紅葉の名所と言われる箇所は(全国的には奥入瀬青森県)や日光栃木県)、京都の社寺などが有名)は行楽客であふれる。紅葉をめでる習慣は平安の頃の風流から始まったとされ、特に京都市内では多くの落葉樹が植樹されている。また、「草紅葉」の名所としては四万十川尾瀬秋吉台等がある。なお、この場合の「狩り」というのは「草花を眺めること」の意味をさし、平安時代には実際に紅葉した木の枝を手折り(狩り)、手のひらにのせて鑑賞する、という鑑賞方法があった。

芸術作品[編集]

日本において、古来より紅葉は和歌をはじめ、様々な芸術の題材となっている。関連項目の項を参照。

日本国内の主な紅葉の名所[編集]

紅葉や黄葉が色づき始めるのに、日最低気温8℃以下(広葉樹)が必要。さらに5℃以下になると一気に進むとされる。美しい紅葉の条件には「昼夜の気温の差が大きい」「平地より斜面」「空気が汚れていない」「適度な水分」など光合成が行いやすい条件が必要である。紅葉の名所には上記の条件をよく満たす高原渓谷、標高が高い湖沼周辺にみられる。また、広い敷地・整備された庭がある寺社公園にも名所がみられる[6]

社団法人日本観光協会は、約700か所の紅葉スポットを紹介する。これを基にした日本紅葉の名所100選がある。

北海道地方[編集]

賀老高原

東北地方[編集]

関東地方[編集]

尾瀬ヶ原の草紅葉

中部地方[編集]

近畿地方[編集]

天龍寺庭園

中国地方[編集]

四国地方[編集]

九州地方[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ARCHETTI,M The Origin of Autumn Colours by Coevolution (PDF) (2007年9月27日時点のアーカイブ
  2. ^ Hamilton,W.D. Brown,S.P. (2001)Autumn tree colours as a handicap signal (PDF)
  3. ^ 新村出「広辞苑」(もみつ)1983年 岩波書店
  4. ^ 「国語辞書(goo辞書) もみず」 2013年8月23日閲覧
  5. ^ 「国語辞書(goo辞書) もみじ」 2013年8月23日閲覧
  6. ^ 参考文献:『大人の紅葉旅2010』三栄書房 主にp91
  7. ^ 紅葉と早咲きの梅が両方、楽しめるスポットである。

関連項目[編集]