奈良県立竜田公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ならけんりつたつたこうえん
奈良県立竜田公園
Nara Prefectural Tatsuta Park01s3s4200.jpg
12月上旬の風景
分類 県立都市公園
所在地
面積 14万m2
設備・遊具 管理棟
駐車場 あり
遊歩道

奈良県立竜田公園(ならけんりつたつたこうえん)は奈良県斑鳩町南西部にある都市公園

概要[編集]

平安時代在原業平が詠んだ「千早ふる神代も聞かず竜田川からくれなゐに水くゝるとは」という一首をはじめ、百人一首能因法師ら数多くの歌人に詠まれた古よりの紅葉の名所竜田川[1][2]は竜田大橋を中心とする長さ1.4キロメートル、面積14ヘクタールを整備した都市公園である。遊歩道の総延長約2kmで、平成12年4月に駐車場と管理棟が設置された。晩秋の紅葉のほか、現在は春はの名所としても広く知られる。

利用情報[編集]

  • 紅葉の見頃 - 晩秋(11月下旬~12月上旬)
  • 所在地 - 奈良県生駒郡斑鳩町龍田

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 崇神天皇は龍田川を訪れたとき、上流から流れてきた八葉の楓を龍田明神に五穀豊穣を祈って献上した。この故事より紅葉の地として知られ、平安時代以降は多くの歌人によって龍田川の紅葉が詠まれることとなった。(参考文献:公園内の案内板)
  2. ^ 百人一首に詠まれた竜田川は現在の大和川とする説が主流である。

外部リンク[編集]