ブドウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブドウ目・ブドウ科
ブドウ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
: ブドウ目 Vitales
: ブドウ科 Vitaceae
学名
Vitaceae
Juss., nom. cons.
  • 本文参照

ブドウ科 (ブドウか、学名: Vitaceae) はブドウ目ブドウヤマブドウノブドウツタや、雑草ヤブガラシなどを含む。いずれもつる性木本または草本で、巻きひげまたは吸盤をもつ。約15700が世界の熱帯から温帯に分布する。

形態的にはクロウメモドキ科に類似点が多いため、従来クロウメモドキ目に入れていた。しかし分子系統学的には特に近縁ではないと考えられ、APG植物分類体系では独立の科としている。ウドノキ科(形態的にブドウ科に似るが直立し、熱帯に分布)もここに入れている。

形態・生態[編集]

は単葉(多くは掌状)または複葉で、托葉がある。

は放射相称で4-5数性、子房上位、集散花序または円錐花序になる。

果実液果で、種子を普通4個含む。

東南アジアミツバカズラ属植物は寄生植物ラフレシアの寄主となる。

人間との関わり[編集]

ブドウなどが果樹として食用にされるほか、園芸用に栽培されるものも多い。

下位分類[編集]

ブドウ科に含まれる属は、以下の通り[1]

クロンキスト体系では、ウドノキ科に属していたが、APG植物分類体系ではブドウ科に入れられた。

脚注[編集]

[ヘルプ]