ヤマウルシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤマウルシ
Rhus trichocarpa 01.JPG
Rhus trichocarpa(韓国、2008年7月6日)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類II Eurosids II
: ムクロジ目 Sapindales
: ウルシ科 Anacardiaceae
: ウルシ属 Toxicodendron
: ヤマウルシ T. trichocarpum
学名
Toxicodendron trichocarpum
(Miq.) Kuntze[1]
シノニム

Rhus trichocarpa Miq.
Rhus trichocarpa Miq.
var. humilis Honda

和名
ヤマウルシ(山漆)、シツゲンヤマウルシ

ヤマウルシ(山漆、学名: Toxicodendron trichocarpum)は、ウルシ科ウルシ属落葉低木[2][3]

特徴[編集]

は奇数羽状複葉[2][3]で、小葉は4 - 8対。葉は輪生状についており下の葉ほど小さくなる[2]。葉の両面にが密生する。成木の葉は円く全縁だが、幼木の葉には鋸歯がある[2][3]葉柄葉軸にも毛が生え赤色を帯びる(葉裏の毛は葉脈上にのみあるのが特徴[2])。には紅葉する[3]

雌雄異株[3]で、5月ごろに黄緑色をつける。

果実は扁桃状で表面に刺毛が生える[3]

樹液に触れるとかぶれる[2][3]

分布・生育地[編集]

中国朝鮮半島日本北海道本州四国九州)などに分布する[3][4]

利用[編集]

ウルシ同様に漆器の塗料として用いられる[2]。 また、果実からを産する[3]

近縁種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年12月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 六甲山系植生電子図鑑 ヤマウルシ”. 国土交通省 近畿地方整備局 六甲砂防事務所. 2013年5月30日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i 植物図鑑 ヤマウルシ”. 筑波実験植物園. 2013年5月30日閲覧。
  4. ^ 『樹に咲く花 離弁花2』、274頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]