ハゼノキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハゼノキ
Rhus succedanea-01.jpg
ハゼノキ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ムクロジ目 Sapindales
: ウルシ科 Anacardiaceae
: ウルシ属 Toxicodendron
: ハゼノキ T. succedaneum
学名
Toxicodendron succedaneum (L.) Kuntze[1]
シノニム
  • Rhus succedanea L. var. japonica Engl.[2]
  • Rhus succedanea L. var. dumoutieri (Piérre) Kudo et Matsuura[3]
  • Rhus succedanea L.[4]
和名
ハゼノキ
英名
Japan wax tree

ハゼノキ(櫨の木、黄櫨の木、学名:Toxicodendron succedaneum)はウルシ科ウルシ属落葉小高木。単にハゼとも言う[5]。別名にリュウキュウハゼ[5]ロウノキ[6]トウハゼなど。果実薩摩の実とも呼ばれる。東南アジアから東アジア温暖な地域に自生する。日本には、果実から木蝋(Japan wax)を採取する資源作物として、江戸時代頃に琉球王国から持ち込まれ、それまで木蝋の主原料であったウルシ果実を駆逐した。古い時代には現在のヤマウルシヤマハゼといった日本に自生するウルシ科の樹木のいくつかを、ハゼと称していた。

ウルシほど強くはないが、かぶれることもあるので注意が必要。

特徴[編集]

ハゼノキ (イラスト)
果実を食べるキツツキの仲間のコゲラ

日本では本州関東地方南部以西、四国九州沖縄小笠原のほか、朝鮮の済州島台湾中国東南アジアに分布する[7]。暖地の海に近い地方に多く分布し[8]、山野に生え、植栽もされている[9]。日本の山野に自生しているものは、かつて果実からを採るために栽培していたものが、それが野生化したものが多いともいわれる[6][9]。明るい場所を好む性質があり、街中の道端に生えてくることもある[8]

雌雄異株の落葉高木で、樹高は7 - 10メートル (m) ほどになる[9]樹皮は灰褐色から暗赤色で、縦に裂けてやや網目状の模様になる[8][9]。一年枝は無毛で太く、縦に裂ける皮目がある[9]

奇数羽状複葉で9 - 15枚の小葉からなる。小葉は少し厚くて細長く、長さ5 - 12センチメートル (cm) の披針形で先端が尖る[7]。小葉のふちは鋸歯はついていない[8]。表面は濃い緑色で光沢があるが、裏面は白っぽい[10]。表裏ともに毛がない点で、日本に古来自生するヤマハゼと区別できる[10]葉軸は少し赤味をおびることがある[8]。秋にはウルシ科特有の美しい真っ赤な色に紅葉する[6]

花期は5 - 6月、花は葉の付け根から伸びた円錐花序で、枝先に黄緑色の小さな花を咲かせる[7][6]。雄花、雌花ともに花弁は5枚。雄花には5本の雄しべがある。雌しべは3つに分かれている。

秋に直径5 - 15ミリメートル (mm) ほどの扁平な球形の果実が熟す[6]。果実の表面は光沢があり無毛。未熟果実は緑色であり、熟すと黄白色から淡褐色になる。中果皮は粗い繊維質で、その間に高融点の脂肪を含んだ顆粒が充満している。冬になると、カラスキツツキなどの鳥類が高カロリーのとして好んで摂取し、種子散布に寄与する[6]は飴色で強い光沢があり、俗に「きつねの小判」、若しくは「ねずみの小判」と呼ばれる。

冬芽は互生し、頂芽は円錐状で肉厚な3 - 5枚の芽鱗に包まれており、側芽のほうは小さな球形である[9]。落葉後の葉痕は心形や半円形で、維管束痕が多数見える[9]

個人差はあるものの、ふつう樹皮や葉に触れてもかぶれを起こさないが、葉や枝を傷つけると出てくる白い樹液が肌に触れると、ひどくかぶれをおこす[8][11]。また、枝や葉を燃やしたときに出る煙でも、かぶれることがある[8]

利用[編集]

果実 [編集]

果実を蒸して圧搾して採取される高融点の脂肪、つまり木蝋は、和蝋燭(Japanese candle)、坐薬軟膏の基剤、ポマード石鹸クレヨン化粧品などの原料として利用される[7][8]。日本では、江戸時代西日本の諸で木蝋をとる目的で盛んに栽培された。また、江戸時代中期以前は時としてアク抜き焼いて食すほか、すりつぶしてこね、ハゼ餅(東北地方のゆべしに近いものと考えられる)として加工されるなど、救荒食物としての利用もあった。現在も、食品の表面に光沢をつけるために利用される例がある。

木材[編集]

木材は、ウルシと同様心材が鮮やかな黄色で、工芸品、細工物、和弓、櫨染(はじぞめ)などに使われる[6]。櫨染は、ハゼノキの黄色い芯材の煎じた汁と灰汁で染めた深い温かみのある黄色である[6]。日本の天皇が儀式に着用する黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)の原料で、黄櫨染(こうろぜん)はハゼノキの黄色い下染めに、蘇芳(すおう)または紫根(しこん)を上掛けした黄褐色である[6]

主な種類[編集]

ブドウハゼ(葡萄櫨)[編集]

美しい黄緑色の木蝋が採取でき、融点が高いため、和ろうそくの上掛け蝋(手がけ和ろうそくの一番外側にかける蝋)として利用される。和歌山県海草郡紀美野町原産。

ショウワフクハゼ(昭和福櫨)[編集]

通常櫨に含まれる蝋分は20%程度であるが、この櫨の実に占める蝋分は30~35%と圧倒的に高いため、採取効率が最も良いとされる[12]。長崎県島原市原産。

マツヤマハゼ(松山櫨)[編集]

美しい黄緑色の木蝋を採取することができる。福岡県久留米市原産。伊吉櫨の育種母材。

イキチハゼ(伊吉櫨)[編集]

松山櫨から品種改良されたもの[13]。福岡県の小郡市が育成地。育成者は内山伊吉。ほかの櫨に比べて隔年結果の差が小さいため、毎年安定的に採取できる利点を持つ。現在九州地方にある木蝋に利用される多くはこの伊吉櫨である。主産地は熊本県の水俣市。

オウハゼ(王櫨)[編集]

愛媛県の優良品種

歴史[編集]

江戸時代に長州藩で蝋を採集されていたハゼノキ(山口県指定天然記念物)

日本への渡来は安土桃山時代末の1591年天正19年)に筑前貿易商人 神屋宗湛島井宗室らによって中国南部から種子が輸入され、当時需要が高まりつつあったろうそくの蝋を採取する目的で栽培されたのがはじまりとされる。江戸時代は藩政の財政を支える木蝋の資源植物として、西日本の各藩で盛んに栽培された[6]。その後江戸時代中期に入って中国から琉球王国を経由して、薩摩でも栽培が本格的に広まった。薩摩藩は後に1867年(慶応3年)のパリ万国博覧会にはこのハゼノキから採った木蝋(もくろう)を出品している。

広島藩では、1700年代後半から藩有林を請山として貸出し、商人らがハゼノキをウルシノキとともに大規模に植林、製蝋を行っていた記録が残る[14]

なお、今日の本州の山地に見られるハゼノキは、この蝋の採取の目的で栽培されたものの一部が野生化したものとみられている。

文化[編集]

俳句の世界では秋に美しく紅葉するハゼノキを櫨紅葉(はぜもみじ)とよび秋の季語としている[6]櫨の実も秋の季語である[6][15]

脚注[編集]

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Toxicodendron succedaneum (L.) Kuntze”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月30日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Rhus succedanea L. var. japonica Engl.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月30日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Rhus succedanea L. var. dumoutieri (Piérre) Kudo et Matsuura”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月30日閲覧。
  4. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Rhus succedanea L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年7月30日閲覧。
  5. ^ a b 樹皮・葉でわかる樹木図鑑 (2011)、170頁
  6. ^ a b c d e f g h i j k l 田中潔 2011, p. 61.
  7. ^ a b c d 平野隆久監修 永岡書店編 1997, p. 248.
  8. ^ a b c d e f g h 林将之 2008, p. 139.
  9. ^ a b c d e f g 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文 2014, p. 103.
  10. ^ a b 林将之 2011, p. 145.
  11. ^ 林将之 2011, p. 144.
  12. ^ 木蝋(もくろう)-文化財を維持する特用林産物”. 日本特用林産振興会. 2019年4月24日閲覧。
  13. ^ 櫨の道. 松山櫨復活委員会. (2015年8月1日 2015) 
  14. ^ 「第三章 城下町と近郊農村の産業」『広島市史 第三巻 社会経済編』pp224 昭和34年8月15日 広島市役所
  15. ^ 「櫨紅葉」「櫨の実」「櫨採り」は晩秋・植物の季語。一方、「櫨」「櫨の木」は仲夏・植物に、「櫨の花」は初夏・植物に分類される季語である。- 齋藤慎爾・阿久根末忠編『必携季語秀句用字用例辞典』柏書房、1997年、P.871

参考文献[編集]

  • 鈴木庸夫・高橋冬・安延尚文『樹皮と冬芽:四季を通じて樹木を観察する 431種』誠文堂新光社〈ネイチャーウォチングガイドブック〉、2014年10月10日、103頁。ISBN 978-4-416-61438-9
  • 田中潔『知っておきたい100の木:日本の暮らしを支える樹木たち』主婦の友社〈主婦の友ベストBOOKS〉、2011年7月31日、60 - 61頁。ISBN 978-4-07-278497-6
  • 林将之『葉っぱで調べる身近な樹木図鑑』主婦の友社、2008年2月29日、138 - 139頁。ISBN 978-4-07-258098-1
  • 林将之『葉っぱで気になる木がわかる:Q&Aで見わける350種 樹木鑑定』廣済堂あかつき、2011年6月1日、144 - 145頁。ISBN 978-4-331-51543-3
  • 『樹皮・葉でわかる樹木図鑑』菱山忠三郎(監修)、成美堂出版、2011年6月。ISBN 978-4415310183
  • 平野隆久監修 永岡書店編『樹木ガイドブック』永岡書店、1997年5月10日、248頁。ISBN 4-522-21557-6
  • 『櫨の道』矢野眞由美、松山櫨復活委員会出版、2015年8月。ISBN 978-4-9908402-0-4

関連項目[編集]

外部リンク[編集]