黄櫨染御袍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
黄櫨染 (webcolor)
  16進表記 #d99502

黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)とは、平安時代以降の日本天皇が重要な儀式の際に着用する束帯装束の、「黄櫨染」の色ののことである。黄櫨染(こうろぜん/はじぞめ)はの樹皮と蘇芳から染め出される色で、「赤みがかった黄色[1]や、「黄がかった茶色[2]等と言われるが、時代や着用者の年齢等によってかなり幅のある色であったと考えられている[3]

沿革[編集]

昭和3年(1928年)、即位の礼における黄櫨染御袍を着用した昭和天皇

黄櫨染の御袍が天皇の服として定められたのは、弘仁11年(820年)のことである。それ以前の天皇の服については史料が乏しく、不明な点が多いが、一般的には白色等が用いられたと考えられている。平安時代初期の嵯峨天皇は、弘仁11年2月1日ににより、朔日聴政、外国からの使節を受ける際や、奉幣節会に際して天皇の着用する服を「黄櫨染衣」と定めた。なお、同時に、神事や冬季の諸陵奉幣には帛衣元日朝賀には袞冕十二章を着ることとした(『日本紀略』)。

天皇の衣を黄櫨染とした背景には、の文化の受容があったと考えられている(弘仁・貞観文化)。中国では以降、戎服(日本の朝服に相当する常服)では黄色が尊い色とされ、の時代になって、赭黄袍が皇帝専用のものとなった(『新唐書』ほか)[4]。また、黄櫨染は、赭黄同様、真昼の太陽の色を象徴したものという説もある[2]

黄櫨染の御袍が天皇の服となったことにより、黄櫨染は天皇以外には着用できない禁色となったと考えられている。なお、上述の詔に先立つ弘仁6年(815年)には、勅により女性のおよび黄櫨染の着用を禁止している(『日本後紀』)。

その後、現代まで継続して天皇の服として用いられているが、朝廷の儀式の変容等に伴い、時代によって着用場面の多寡はさまざまであった。特に、江戸時代初期には黄櫨染御袍が断絶していたとする説もあるが[5]国立歴史民俗博物館所蔵『慶長十六年御譲位御服調進帳』によれば、後水尾天皇即位に際して「きりたけ」の袍が調進されている。広隆寺所蔵の後水尾天皇の袍は、牡丹唐草に尾長鳥の文様の麹塵の袍であるから、このとき調進された「きりたけ」の袍は黄櫨染の袍とみられる。東山御文庫所蔵『黄櫨染御袍等御裂帖』によれば、後西天皇の黄櫨染御袍使用が知られるから、結局黄櫨染御袍の使用の裏付けがないのは後光明天皇だけのようである。

明治天皇即位の時に袞衣が廃止されて以降は、「即位礼紫宸殿の儀」を含む即位式にも使用され、宮中三殿で行われる恒例の皇室祭祀のほとんどに使用されることとなった(神嘉殿でおこなう新嘗祭のみは、天皇は御祭服を使用)。現代においてもこの規定が引き継がれ、即位の礼の中での最重要の儀式「即位礼正殿の儀」や立太子礼宮中祭祀四方拝その他で着用されている。

製法[編集]

染色[編集]

10世紀の『延喜式』によれば、1を黄櫨染に染めるには、櫨14斤、蘇芳11斤、2升、3斛、薪8荷を用いるとあり、山櫨の樹皮と蘇芳の芯材を使って染められたことが分かる。櫨染めはやや褐色がかった黄色に染まり、蘇芳はやや黒っぽい赤色に染まるため、仕上がりは鮮烈な日光の色と云うよりも深くて落ち着いた印象の黄褐色系から赤褐色系になる。しかし、黄櫨染は非常に難易度の高い染色で、熟練工であっても毎回同じ色を染めることはできず、安定して色を出すことは不可能とも言われている。また、着用者の年齢等によっても仕上りを変えたと言われる。広隆寺には、後奈良天皇以降、歴代の天皇が聖徳太子立像に着せるために納めた黄櫨染等の御袍が伝わるが、その色はさまざまである[6]。また、吉岡幸雄の復元によると、黄櫨染や麹塵(天皇の日常の御袍の色)は、日光の下にあるときと灯火の下にあるときとで色調が変わる効果があるという[7]

なお、近世の黄櫨染御袍の材質は固地綾であった。

文様[編集]

文様については、『西宮記』に引く『醍醐天皇御記』の延喜7年(907年)2月23日条に、天皇の朝服と臣下の服が同じ文様では不都合であるから、規制すべきであるという議論があったことが伝わるが、文様の具体的な記述はない。長保2年(1000)には、一条天皇の御服を織部正橘忠範が新調するにあたり、巨勢広高に「五霊鳳桐」の図様を書かせ、これを下絵として織機の織型としたことが知られる[8]。五霊とは5種類の瑞獣のことである。

13世紀に記された『餝抄』の記述から、この頃には「」「」「鳳凰」「麒麟」の4種の要素から成る文様となっていたと推測される。ただし、ほぼ同時代に順徳天皇の記した『禁秘抄』には「竹鳳」とある[9]。また、14世紀前半以前に成立した「天子摂関御影」の高倉天皇像は、桐竹鳳凰文の黄櫨染御袍を着用しており、筥形文の黄櫨染御袍を描いた最古の史料とされる。中世の絵画では、桐竹唐草に鳳凰を散らした文様の袍を描いた例もあり(東大寺藏「四聖御影」など)、これを古様とする説もあるが、文献的な裏付けはない。現存最古の後奈良天皇奉納の御袍(広隆寺所蔵)は、桐竹鳳凰麒麟の長方形筥形文となっている[10]。その後の遺品も同様であり、現在の天皇着用の黄櫨染御袍も桐竹鳳凰麒麟の筥形文である。

裏地[編集]

黄櫨染の袍は、裏地は等を用いた。『延喜式』の染法にも、櫨と蘇芳によって染めるという記述に続いて、1疋を紫草15斤、酢1升等で染めるという記述があり、これは裏地の分の記載と言われる[2]。近世の慣習では、山科流二藍平絹高倉流蘇芳の平絹とした。天皇には宿徳装束(高齢者用の装束)の規定はないが、高齢になると平絹も用いた。

脚注[編集]

  1. ^ 日本国語大辞典 2000.
  2. ^ a b c 高田 1986.
  3. ^ 鈴木 1985.
  4. ^ 太平御覧』の引く崔寔四民月令』逸文によると「染」について「黄赤で、人君の着る色」とし、「黄は中央の色で、赤は人君が向く方向である南方の色」とする(五行説)。
  5. ^ 出雲路 1942
  6. ^ 鈴木 1985等。ただし、後奈良天皇の袍は青色(麹塵)とする見解もある(高田 1997, pp. 86-87等)
  7. ^ 吉岡 2000.
  8. ^ 鈴木 1984 この一連の史実は、『権記』によって知られる。
  9. ^ 鈴木 1984.
  10. ^ ただし、高田倭男等は、後奈良天皇の袍は裏地が黄色であること等から、青色としている(高田 1997, pp. 86-87)。これに対し鈴木敬三は、一条房通の『装束唯心抄』に、黄櫨染を「海松茶のはげたる様」な色としていることや、中世以来、青色袍の生地は染色ではなく織色であったこと等から、後奈良天皇の袍が黄櫨染であるか麹塵であるかは決しがたいとしている(鈴木 1983, p. 255)。また、広隆寺にある後水尾天皇の袍が尾長鳥唐草文様の青色(織色)の袍であるように、当時、桐竹文様の青色袍が用いられた確証はない。近世の桐竹文の麹塵の御袍は光格天皇石清水臨時祭再興時に復興させている。

参考文献[編集]

  • 出雲路通次郎、「聖徳太子尊像に御贈進の御衣に就いて」 『大礼と朝儀』 櫻橘書院、1942年 (初出1929年)
  • 鈴木敬三、「解説」、国学院大学神道資料展示室; 鈴木敬三編 『装束織文集成』 国学院大学、1983年 
  • 鈴木敬三、「桐竹鳳凰麒麟」 『国史大辞典』 吉川弘文館、1984年 
  • 鈴木敬三、「黄櫨染」 『国史大辞典』 吉川弘文館、1985年 
  • 高田倭男、「黄櫨染」 『日本大百科全書』 小学館、1986年 
  • 高田倭男、「御装束」、伊東史朗編 『広隆寺上宮王院聖徳太子像 : 調査報告』 京都大学学術出版会、1997年 
  • 吉岡幸雄 『日本の色辞典』 紫紅社、2000年ISBN 4-87940-549-3 
  • 長崎盛輝 『かさねの色目 平安の配彩美』 青幻社、2001年ISBN 4-916094-54-9 (初版1996年)
  • 福田邦夫 『すぐわかる 日本の伝統色』 東京美術、2005年ISBN 4-8087-0784-5 
  • 「こうろぜん」 『日本国語大辞典』 (第2版) 小学館、2000-2002年。 

関連用語[編集]

外部リンク[編集]