鈴木敬三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 敬三(すずき けいぞう、大正2年(1913年11月19日 - 平成4年(1992年7月28日)は、日本歴史学者國學院大學名誉教授

東京市浅草区神吉町(現在の台東区東上野)出身。専門は風俗史・有職故実学で、公家故実・武家故実両方に通じた。特に甲冑の研究で知られ、若くして『日本甲冑史』を著すが、東京大空襲によって原稿・図版が全て失われたのが惜しまれる。厳密な歴史考証によって古い時代の衣装を実際に再現・着用させることで、考証の正しさを実証しようとする手法は、その後の歴史学に大きな影響を与えた。

また、NHK大河ドラマ草燃える」「徳川家康」「独眼竜政宗」「武田信玄」「太平記」などの考証もつとめた。78歳で没し、墓は谷中霊園にある。

来歴[編集]

本姓は加賀で、誕生とともに父の生家の養子となる。1938年に國學院大學国史学科を卒業し、1942年から宮内庁図書寮勤務。1946年に退官。國學院高等学校教諭を経て、1951年から國學院大學文学部講師、1960年同助教授、1965年同教授。1984年に定年退職して名誉教授となるまでに、國學院高等学校副校長などを務める。

著書[編集]

  • 服装と故実─有職故実図解─』 河原書店、1950年(のち『有職故実図典』と改題改訂)
  • 『初期絵巻物の風俗史的研究』 吉川弘文館 1960年
  • 『日本の服装(上)』 歴世服装美術研究会(編集代表者) 吉川弘文館 1964年
  • 『有職故実―国語・国文資料図集』 全教図 1983年
  • 『有職故実大辞典』(編著) 吉川弘文館 1996年

参考文献[編集]

  • 秋山光和「鈴木敬三」(『国史大辞典 15』(吉川弘文館、1996年) ISBN 978-4-642-00515-9