太平記 (NHK大河ドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
太平記
ジャンル ドラマ
放送時間 日曜20:00-20:45(45分)
放送期間 1991年1月6日-12月8日(全49回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
製作総指揮 高橋康夫 他
演出 佐藤幹夫 他
原作 吉川英治
脚本 池端俊策 他
出演者 真田広之
沢口靖子
萩原健一根津甚八
陣内孝則
柳葉敏郎
高嶋政伸
大地康雄
宮沢りえ
片岡鶴太郎
柄本明
後藤久美子
堤大二郎
塩見三省
小松方正
山内明
榎木孝明
勝野洋
藤真利子
高橋悦史
児玉清
樋口可南子
原田美枝子
近藤正臣
武田鉄矢
藤村志保
フランキー堺
緒形拳
片岡孝夫
ナレーター 山根基世
オープニング 三枝成彰
テンプレートを表示

太平記』(たいへいき)は、NHK1991年に放送された第29作目の大河ドラマである。放送期間は1991年1月6日 - 12月8日で、全49回。

作品内容と反響[編集]

鎌倉時代末期から南北朝時代の動乱期を、室町幕府初代将軍足利尊氏を主人公に描いた物語。原作は1950年代末から執筆された、吉川英治晩年の作品である『私本太平記』。吉川作品の大河ドラマ化は、1965年(昭和40年)の『太閤記』、1972年(昭和47年)の『新・平家物語』以来で、通算3度目となる。主役の真田広之は、1987年(昭和62年)の『独眼竜政宗』以来4年ぶりの大河ドラマ出演で、2度目の出演にして主役に抜擢された。脚本は池端俊策と仲倉重郎(後半の一部)が担当しており、共に大河ドラマ初執筆。また番組の終了後に、各回にちなんだ名所旧跡を紹介するコーナー「太平記のふるさと」が設けられた。このコーナーは翌年以降の大河ドラマでも継承され、現在の「◯◯紀行」(「紀行」コーナー)として定着することになる。

原作をもとに、足利尊氏の挙兵から鎌倉幕府滅亡、建武の新政、南北朝動乱を経て尊氏の死までを描く。NHK大河ドラマでは初めて南北朝動乱を本格的に取り上げた作品であるが、全49回のうち中盤の山場となる鎌倉陥落の第22回までが鎌倉時代、南北朝成立の第38回までが建武新政期となる配分で、南北朝時代が描かれたのは最後半の10数回程度であった。

群馬県太田市には武家屋敷のオープンセットが作られ、足利、新田、楠木館のシーンが撮影された。また、栃木県足利市には鎌倉や京都の町並みを再現したオープンセットが作られ、中盤の山場となる第22話「鎌倉炎上」の撮影にも使用された。本作品のために撮影された「火を噴く大道芸人」や「炎上する門」などのシーンは、その後の大河ドラマにも流用されている。

本作品の特徴の一つとして、病死する登場人物(足利貞氏、後醍醐天皇、清子、尊氏ら)の最期を直接描くシーンが皆無という点がある。病死の場合、息絶える瞬間を映す事が無く全てナレーションによる説明に留まっている。一方、討死、殺害、自害するシーンは数多くあったが、中には、千種忠顕のようにいつの間にか退場(史実では湊川の戦い後の京都攻防戦で討死)という人物もあった。

また、大河ドラマに登場する皇族公家の言葉遣いは、1988年の『武田信玄』(信玄の正室三条の方とその侍女八重)以降、部分的・断片的に御所言葉が採用されることがあったが、歴代の大河ドラマの中でも皇族や公家が多く登場する本作品では御所言葉ではなく標準語に近い言葉を話し、物腰や語尾等で武士や庶民との違いを描いていた。御所言葉は、1998年の『徳川慶喜』以降大河ドラマに定着した。

プロデューサーのインタビュー記事によると、局内でも時期尚早であるとの意見があったものの、機が熟して取り上げられる時期が来るものでもないだろうとの判断から、本格時代劇として制作されるに至ったとのことである。その後も、この時期に関する大河ドラマは本作品以外に存在しない[1]

平均視聴率は26.0%、最高視聴率は34.6%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)[2]

2008年に完全版DVDが発売された。

登場人物[編集]

足利一門[編集]

足利家[編集]

足利尊氏
(足利又太郎→足利高氏→足利尊氏)
演:真田広之(少年期:雨笠利幸
主人公。青年時代にはアクのない「誰からも好かれる」人物として描かれた。建武の新政が始まった中盤以降は、朝敵となったことを恥じて戦いから離れたりするなど、やや屈折も見せた。
赤橋登子
演:沢口靖子
尊氏の正室。青年時代の高氏は赤橋家に母・清子の仕組んだ「見合い」によって知り合い、歌のやり取りを通して、登子のことが気に入った。尊氏とは戦などにより離れ離れの生活をすることが多く、またストーリー前半では婚家の足利家と実家の北条家との板挟みとなり、後半では不知哉丸(足利直冬)の存在に心を乱されるも、夫婦仲は良好であった。
足利貞氏
演:緒形拳(少年期:高野八誠
尊氏の父。当代きっての御家人・足利家の当主として、北条家・幕府側から常に監視される立場にあった。幕府との協調と、源氏の棟梁としてのプライドの板ばさみの中、血気盛んな高氏をなだめながら、密かに天下取りを託していた。倒幕を夢見ながら実現する前に病死した。
上杉清子[3]
演:藤村志保
貞氏の側室であり尊氏・直義の母。正室である金沢貞顕の妹に代わり、貞氏の傍にある。京の上杉家出身で和歌や文学に精通している。忍従する貞氏を支え、天下争乱の渦に巻き込まれてゆく尊氏・直義兄弟を優しく見守る。死の間際まで兄弟の行く末を案じていた。
足利家時
演:小形竹松
尊氏の祖父。貞氏の子どもの頃に幕府により切腹させられている。
足利直義
演:高嶋政伸(少年期:高橋守)
尊氏の弟。兄に北条との対決をけしかけるなど、血気盛んな印象が強くなっている。一方で愚直な人物としての一面も描かれている。常に兄の傍らにあって支えていたが、次第に兄とは道を違えて争うようになり、最後は兄による毒殺を受け入れて死亡する。
足利直冬
(不知哉丸→足利直冬)
演:筒井道隆(少年期:山崎雄一郎)
尊氏の庶長子で後に直義の養子となる。高氏(当時)が藤夜叉と京都で密会した後に生まれた子とされている。戦を嫌い、我が子が武将になることを望まない藤夜叉の気持ちを汲んで、武門から遠ざけようとする父からの処遇に愛情を感じることが出来ずに反感を抱き、事あるごとに父に反発し、やがて幼少の頃から目をかけてくれた叔父の直義と結びつき、尊氏たちの大きな脅威となる。
足利義詮
(千寿王→足利義詮)
演:片岡孝太郎(幼年期:稲葉洋介→/少年期:森田祐介)
尊氏と登子の間に生まれた長男で足利家の嫡男。倒幕時には北条の人質として鎌倉に留められていたが、尊氏が反旗を翻した時に母とともに脱出し、鎌倉攻撃の際には義貞と合流、幼児ながら尊氏の名代として名目上の総大将となった。その後は長く父母と離れて鎌倉府にて諸事にあたっていた。父に呼ばれ上洛してからは、都からの逃亡の際に上皇の身柄確保を失念したり、独断で対立する桃井直常の暗殺を謀ったりするなど迂闊な行動が多く、尊氏や次第に権勢を強める高師直と対照的に、性格も短気で単純な人物として描かれた。
光王
演:枝松拓矢
尊氏と登子の間の次男

高家[編集]

高師直
演:柄本明
足利家の執事で、一見能面の表情で惚けた雰囲気を見せながらも実力者で大きな権勢を振るった。そのことが直義との対立を招き、やがて観応の擾乱を引き起こす。
高師泰
演:武内伸一郎塩見三省
師直の兄。弟という説もあるが、本作品では兄という説を採用している。師直以上に直情的かつ傲慢な振る舞いを見せる。
高師氏
演:安部徹
足利家の執事。師直の祖父。高氏の祖父家時、父貞氏の代に仕え、家時の切腹を貞氏と共に見届けた。塩屋宗春の一党を小山氏に引き渡すかどうかで足利家が紛糾した際、冷静かつ現実的な意見を以て貞氏を諭した。
高師重
演:辻萬長
足利家の執事。師直の父。高氏の父貞氏に仕え、厚い信頼を得ていた。病に倒れた貞氏が家督を高氏に譲るのに合わせ、自らも執事の座を息子の師直に譲った。
高師行
演:左右田一平
師直の伯父
二条の君
演:森口瑤子
関白二条道平)の妹。高師直の愛人。その正体は南朝方の間者であり、師直に対し尊氏に謀反を起こすよう度々焚きつける。
彦部十郎
演:田口トモロヲ
高師直の配下

足利一族[編集]

尊氏配下[編集]
一色右馬介
演:大地康雄
北条氏に滅ぼされた吉見一族の残党である塩屋一党の生き残りで、貞氏に密かに匿われ一門にあずけられて養育された。ほぼ全編にわたって尊氏に付き従った側近中の側近。「具足師柳斎」と名乗って直冬母子を見守っていた時期もある。尊氏に反旗を翻した直冬を説得に赴き、彼に斬られて絶命する。
吉良貞義
演:山内明
足利分家十九家の当主の一人で三河一門の統領。高氏の出陣に備え兵馬を整え領内へ迎える。唐突に北条討ちを告げられ、複雑な思いを抱きながらも宗家への忠誠を誓い承諾する。高氏からは「じい」と呼ばれている。
石塔頼房
演:内山森彦
細川顕氏
演:森次晃嗣
尊氏晩年の側近。細川家当主。室町幕府が創設された際の功労者の一人で、征夷大将軍となってからの尊氏を支えた。尊氏が直義と不和になった当初はどちらかといえば直義側であったが、尊氏の器量を見定めてからは尊氏に従う。観応の擾乱や直義、直冬らの内紛の収拾に尽力、義詮の強力な後ろ盾となった。
細川和氏
演:森山潤久
細川頼春
演:芹沢名人
細川師氏
演:松本公成
畠山国清
演:久保志郎
仁木頼章
演:山本伸吾
仁木義長
演:田城勲
今川範国
演:ドン貫太郎
その他の一族[編集]
桃井直常
演:高橋悦史
直義の配下・側近。主君・直義亡き後は直冬を守り立てて尊氏に反旗を翻したため、義詮に命を狙われかけた。これを逆手にとって室町幕府を揺るがそうと画策。最後まで抗戦を進言するが直冬が終戦を決意したため不本意ながらもこれを受け入れた。

上杉家[編集]

上杉憲房
演:藤木悠
清子の兄。尊氏・直義の伯父
上杉重能
演:谷嶋俊
尊氏の配下
上杉能憲
演:梶原浩二
重能の養子

足利方武将[編集]

佐々木道誉
演:陣内孝則
尊氏の盟友。この時代を象徴する「ばさら大名」の代表。高氏が京都に行った際に花夜叉一座を紹介したり、高氏が侍所で尋問に遭った際に証人として高氏を救う証言をしたり、高氏が倒幕の意思を固めた際にはその説明を受けたりしている。生涯にわたって尊氏にとっての盟友的存在であり、要所を占める重要人物となっている。諱は、尊氏の改名前と同じで、高氏。
赤松円心
(赤松則村→赤松円心)
演:渡辺哲
尊氏支持の武将。後醍醐の倒幕に呼応し、六波羅陥落などに功を上げるが、護良親王派であったことから阿野廉子や後醍醐から冷遇されて新政に失望し、己を理解し礼遇してくれた尊氏に従っていくことになる。
赤松則祐
演:斎藤拓斎藤志郎
則村の長男
土岐頼遠
演:下元史朗
塩冶高貞
尊氏の配下
演:峰三太浅野和之
西台
演:相川恵理
塩冶高貞の妻。
南重長
演:河原さぶ
尊氏の配下
南宗継
演:樫葉武司
尊氏の配下
少弐頼尚
演:加地健太郎
尊氏支持の武将。
土岐頼兼
演:田辺年秋
阿蘇惟時
演:舟久保信之
淵辺義博
直義の配下
演:佐々木敏
斎藤利泰
直義の配下
演:伊藤哲哉
大高重成
演:渡辺寛二
直義の配下

北朝・持明院統他[編集]

光厳天皇
演:園田智章辻輝猛
持明院統の天皇
光明天皇
演:海野義貞
持明院統の天皇。光厳天皇の弟。
守邦親王
演:吉川英資
鎌倉幕府将軍。
西園寺公宗
演:長谷川初範
親北条派の公家。関東申次
勧修寺経顕
演:草薙幸二郎
光厳天皇の側近。

南朝・吉野政権[編集]

大覚寺統[編集]

後醍醐天皇
演:片岡孝夫
大覚寺統の天皇。高氏が京都を訪れた際に偶然天皇に出会った。序盤では鷹揚で雅な気品に満ちた君主として描かれ、中盤以降は肖像にも見える髭を生やして野趣な趣きを表し、朝敵討伐に対する執念を見せた。尊氏とは最終的に敵対関係となり、足利討伐を遺勅するが、尊氏個人のことは本来認めており、敵対関係になるのも不本意であったことも描かれている。
阿野廉子
演:原田美枝子
後醍醐の愛妃、後村上・恒良・成良親王の母。元々は礼成門院に仕える上臈女房だったが、後に主人にもまさる寵愛を受けるようになった。
2度目の討幕に失敗し、隠岐の島へ流罪となった天皇にも同行する。倒幕後は権勢を振るい、我が子を次の天皇にと望んで護良親王派を遠ざけたことが、有力武家の離反や朝廷混乱の一因ともなる。
護良親王
演:堤大二郎
後醍醐の皇子。鎌倉幕府打倒に活躍したが、尊氏を力量を認めていたがゆえに事あるごとに敵視し、後醍醐天皇の意志にも反したために疎まれ、鎌倉の直義に預けられた後に殺害される。
宗良親王
演:八神徳幸
後醍醐の皇子。
尊良親王
演:新岡義章
後醍醐の皇子。
恒良親王
演:大河原梓
後醍醐の皇子。
成良親王
演:長谷川宙
後村上天皇
(義良親王→後村上天皇)
演:細山田隆人西垣内佑也黒樹洋
後醍醐の皇子。
小宰相
演:佐藤理恵
後醍醐天皇の愛妃。隠岐流刑にも同行し後醍醐の子も身ごもるが、幕府に情報漏えいも行っており、それを後醍醐が知っても許していることを知った廉子により隠岐脱出の際に、小舟から真冬の海に突き落とされて殺される。

楠木家[編集]

楠木正成
演:武田鉄矢
河内の豪族。尊氏の盟友でもあり宿敵でもある。
自らも鍬を持って農作業に携わる、ほがらかな田舎の土着武士だが、戦の際には、優れたゲリラ戦の手腕を見せる。後醍醐帝に対し尊敬の念を抱き続け、戦略家としての才を持ちながら大の戦嫌いで、事を起こすに慎重な姿勢をとる。尊氏の人柄・器量・立場は理解していた人物であり、尊氏と敵対関係になることを患い厭うていた。
武田自身、忠臣のイメージが強いこの役の話が来た時は躊躇したが、本作品での扱いが「河内の気のいいおっさん」と聞いて承諾した[要出典]
楠木正季
演:赤井英和
正成の弟。兄と対照的な、武士らしい武士。鎌倉幕府追討の際は尊氏を味方と据えるも、新政時は真っ先に尊氏を敵視する護良親王に付いて尊氏暗殺を画策するなど、血気盛んかつ短慮な面があり、その点は正成・久子夫婦も悩みの種としていた。劇中では配下などから専ら「龍泉寺殿」という通称で呼ばれ、プロボクサー出身の赤井らしく敵兵をパンチングで倒す演出もあった。千早城に忍び込んだ「ましらの石」も一発殴られている。
久子
演:藤真利子
正成の正室
楠木正行
演:北代隼人加藤盛大中村繁之
正成の長男
恩智左近
演:瀬川哲也
正成に仕える古参の老臣。正成と共に苦難を共にする。
和田五郎
演:桜金造
楠木正成の配下。
神宮寺正房
演:でんでん
楠木正成の配下。

新田家[編集]

新田義貞
(新田小太郎→新田義貞)
演:萩原健一根津甚八(少年期:近藤大基
尊氏の盟友で宿敵。鎌倉幕府の御家人であったが、少年の頃より北条氏に反感を抱いていた。倒幕戦争では高氏と行動を共にしたものの、尊氏が後醍醐天皇に背くと、朝廷側の総大将として尊氏と敵対することになるが、尊氏個人には友・好敵手としての感情も最期まで持っていた。
当初は萩原健一が演じたが真珠腫性中耳炎[4]を患って途中降板し、根津甚八に交代した。
脇屋義助
演:石原良純
義貞の弟。兄とは異なり、常に足利を敵視している。
保子
演:あめくみちこ
義貞の正室
岩松経家
演:赤塚真人
新田一族の武将。
新田氏義
演: 河合隆司
三木俊連
演: 大関正義
堀口貞満
演:門田俊一
勾当内侍
演:宮崎萬純
新田義貞の恋人。宮中で名高い美女。元は後醍醐天皇を想っていたが、義貞に強く想われ恋人となる。

南朝方公家・武将[編集]

北畠親房
演:近藤正臣
後醍醐側近の長の公家。尊氏の力量は認めるが、武家による統治を嫌い、足利も新田も公家一統の世の操り人形としか見ていない。後醍醐に対して批判的な面もありながら、共に朝廷政治の顕現を目指した。後醍醐亡き後も南朝の重鎮として尽力し、尊氏を悩ませる。
当初は平幹二朗の予定だったが降板。一部のガイドブックでは平の出演作品となっているが誤りである[要出典]
北畠顕家
演:後藤久美子
親房の長男。弓の名手で、天才的な軍事能力を持った美少年。父と異なり武家を見下した発言や態度はせず、尊氏に対しても「道理を弁えた人物」と評していたが、後醍醐と父に対する尊敬の念と公家一統を守る考えは一貫して変わらず、戦では武家を遠慮なく攻撃した。
千種忠顕
演:本木雅弘
後醍醐の側近。帝の近臣として常に傍らにあり、幕府に追いつめられた際は帝を守って落ち延びた。隠岐配流などの苦境でも行動をともにし、後醍醐には忠実に仕えている一方で武家は戦だけすれば良いという考えの持ち主。公家でありながらも戦闘能力に長けていたが、戦死する。
一条行房
演:相原幸典
後醍醐の側近。
名和長年
演:小松方正
伯耆国の武将。倒幕の後半、後醍醐帝を船上山へ招く武将というよりは豪商と呼ぶに似つかわしい派手な装いと老獪な振る舞いを見せる。帝を崇め、心から忠誠を誓おうとした楠木正成と異なり、損得感情で帝に従うような打算的な人物。倒幕後は楠木と共に一介の土豪から廷臣に成り上がり、南朝方の重鎮として重きをなす。護良親王の捕縛に際しては中心人物となる。湊川合戦で勢いづいた足利勢が京へ進軍してくると、その防衛線上で奮戦し打ち取られている。
日野俊基
演:榎木孝明
後醍醐の側近。倒幕計画の中心人物。山伏に姿を変えて諸国を旅する途中、高氏と出会い、鎌倉に不満を抱える高氏に京の素晴らしさを説く。京でも高氏と会い、その後の高氏の思想・行動に大きな影響を与えた。幕府への謀反で捕らえられ処刑されるが、その前に石に会っており、幕府が倒されたら自身の所領を渡すと書付を贈る。
日野資朝
演:佐藤文裕
後醍醐の側近。
日野資名
演:須永慶
後醍醐の側近。後に北朝方に付く。
四条隆資
演:井上倫宏
後醍醐の側近。武家を終始見下した公卿。
坊門清忠
演:藤木孝
後醍醐の側近。楠木正成を讒言したり、保身を謀って敗戦の責任を新田義貞に押しつけるなど、己の私利私欲で意見を都合よく変える腐敗した公卿。
万里小路宣房
演:新井量大
後醍醐の側近。
万里小路藤房
演:大和田獏
後醍醐の側近。後醍醐帝の勅使として楠木正成を訪ね、挙兵を促した。
万里小路季房
演:渕野俊太滝沢英行
後醍醐の側近。
結城宗広
演:中山正幻
南奥州の武将。
吉田定房
演:垂水悟郎
後醍醐の側近。後醍醐帝の側近であり乳父。正中の変では逸る帝を諭し、元弘の変においては日野俊基らの謀反を鎌倉幕府に密告した。
二条道平
演:宮本充
後醍醐の側近。
洞院公賢
演:山崎豊
後醍醐の側近。後に北朝方に付く。
洞院実世
演:森松條次
後醍醐の側近。
文観
演:麿赤兒
僧侶・後醍醐の側近。高氏が京の寺で偶然にも帝と遭遇する場面に居合わせた。帝がその際詠んでいた和歌は文観が所望したものである。一癖ある存在感を見せ、後醍醐帝崩御の後も南朝方の武士団を結集させ足利に対し報復の機会を狙いつづける執念を見せた。

鎌倉幕府[編集]

北条一族[編集]

北条高時
演:片岡鶴太郎
北条一族の長得宗。第14代執権。腐敗する幕府・北条家の象徴であり、闘犬田楽にうつつを抜かす暗君。長崎親子の専横に幕府をかき乱される事に心を痛めて、円喜殺害を目論むが失敗に終わり、執権職を退く。
偉大な祖父・時宗や父・貞時と比べて、自分が執権として相応しい人間ではないことを自覚し、自虐的な思いを持っていたことを吐露する場面があり、新田軍が鎌倉に迫った折には、最後の戦いに赴く守時の真意を見抜いて擁護して送り出す。また問題を解決に導く力はないが、長崎親子や評定衆よりも冷静に状況判断することも多いなど、単純に暗君として片付けることができない一面も描かれている。
赤橋守時
演:勝野洋
北条一族赤橋流。第16代執権。尊氏の義兄。
幕府最後の執権であり、尊氏の正室・登子の兄である。高氏の理解者として描かれ、高氏の倒幕の意思を悟りながら黙認していたのではないかという行動をしばしば起こす。義弟が謀反を起こしたことで周囲に白眼視され蟄居を命じられるも、大船方面に迫ってきた新田軍への防衛戦に向かうことを自ら志願し、壮烈な戦いを仕掛ける。北条家の出自である立場上、尊氏たちと敵対関係になったが、個人的には高氏ら倒幕側に付きたい思いも抱いていた。
金沢貞顕
演:児玉清
貞氏の正室の兄で、尊氏の義理の伯父にあたる。高時の退いた跡を受けて執権になるが、高時の母の覚海尼に恨まれることを厭うて十日間ほどで辞任する。足利貞氏と親しく、足利家の立場を理解し、北条家と足利家の争いを避けようと奮闘する一方で、時には長崎円喜以上に足利家の離反を警戒し、足利家の京都出陣には猛反対した。一族の滅亡時には子の貞冬に介錯をさせた。
金沢貞冬
演:香川耕二
北条一族。
金沢貞将
演:久野真平
北条一族。
大仏貞直
演:山中康司
北条一族。
大仏高直
演:河西健司
北条茂時
演:神谷まさひろ
北条一族。
北条泰家
演:緑川誠
北条一族。高時の弟。
北条仲時(北条一族、六波羅探題北方)
北条一族。
演:段田安則→刀坂悟
北条時益(北条一族、六波羅探題南方)
北条一族。
演:世古陽丸
北条範貞
北条一族。
演:鶴田忍
名越高家
北条一族。
演:小山昌幸
覚海尼
演:沢たまき
高時の母。北条貞時の正室である未亡人。
円喜暗殺の失敗から次第に屈折してゆく息子に代わり、幕政に深く関与してゆく。
春渓尼
演:木村夏江
覚海尼の侍女。覚海尼の名代で東慶寺に篭もる高時を見舞い、北条家の最期に立ち会った。
顕子
演:小田茜
高時の愛人。童女の姿をしている。セリフがほとんど無いのが特徴。東慶寺にて高時のすぐあとを追って自刃する。

鎌倉幕府御家人・御内人[編集]

長崎円喜
演:フランキー堺
先代の北条家内管領。末期の鎌倉幕府における実質的な最高権力者であり、専横を極めていた。反対勢力にさまざまな策謀を巡らし排除を図っている。一方で新田軍に鎌倉を攻撃される際、逃亡して再起を図ることを促す金沢貞顕の言葉を退け、最後まで鎌倉にとどまって戦う意思を示すという鎌倉武士らしい一面も見せている。北条一族・郎党の最期を見届けた後、自らも壮絶な切腹を遂げた。
長崎高資
演:西岡徳馬
円喜の長男。高時の内管領 。父以上に幕府内で専横を極め、幕政を混乱させる。
二階堂道蘊
演:北九州男
幕府政所執事。
安達泰盛
演:加賀邦男
北条家外戚、のち粛清
ストーリーには絡まないものの、霜月の乱で粛清され北条家の専横の犠牲になった人物として、ドラマの冒頭に登場する。
安達宗景/安達盛宗
演:町田幸夫/笠井心
安達泰盛の息子。父と共に粛清される。
宍戸知家
演:六平直政
有力御家人の嫡子として、将軍御座所で将軍に仕えていた若き日の高氏の同僚。当時の北条一族の支配の下、鬱々としていた御家人の不満を代弁するかのような発言をたびたびもらす。
土肥佐渡前司
演:大塚周夫
鎌倉軍の武士
塩屋宗春
演:織本順吉
吉見残党の頭領。霜月騒動の連座で、幕府に追討される吉見の残党の有力者。老若男女と十数名の塩屋一党を率い足利邸にたどり着く。貞氏の苦境を察して門外の北条勢へ決死の覚悟で討って出ることを決意。その際、貞氏らに自身の合戦ぶりを「見置いて人に語るべし」と言い残し最期をとげた。

花夜叉一座[編集]

花夜叉
演:樋口可南子
猿楽一座の座長。実は楠木正成の妹の卯月。武家に生まれたものの、武門のあり方に疑問を抱き、旅芸人と駆け落ちした過去を持つ。
藤夜叉
演:宮沢りえ (少女期:尾羽智加子
直冬の生母。花夜叉一座の一員で、尊氏の恋人となり直冬を身ごもるが自ら尊氏の元を離れる。悲劇的な最期を遂げる。
猿(ましら)の石
演:柳葉敏郎(少年期:高山良
花夜叉一座の一員。孤児であったところを花夜叉に拾われ、藤夜叉の兄として育てられるが、藤夜叉には密かに恋心を抱いている。子供の頃に足利一党に村を荒らされ親を殺された体験から足利家を憎み、京都に上る途中の高氏に対決を挑んだりした。後には楠木正成の赤坂・千早城攻防戦にも参陣するなど、要所で顔を出してくる。また、建武新政後は村の代官となり、派遣された目代の横暴に立ち向かうなど、新政の混乱・人心の離反を象徴する存在としても描かれる。
第34回で清子から「不知哉丸を出家させる」という話を聞かされるシーンを最後に、全く登場しなくなる。足利家に対する憎しみは最後まで消えなかったが、藤夜叉を通して尊氏個人には悪口雑言を浴びせつつも、その人物としての器量は最終的に認めていた部分も示唆されている。
乙夜叉
演:中島啓江
花夜叉一座の一員
服部清次
演:西岡秀記
花夜叉の息子。後の観阿弥。

その他[編集]

夢窓疎石
演:田武謙三
殿の法印
演:大林丈史
権ノ大夫
演:大家兼臣
吉次
演:豊川悦司
花夜叉一座の新入りの団員で実は伊賀の刺客。高時が主催する高氏と登子の祝いの宴で演目を演じる際、長崎円喜暗殺の話を石にもちかける。

スタッフ[編集]

放送[編集]

放送日程[編集]

放送回 放送日 脚本 演出 視聴率[5]
第1回 01月06日 父と子 池端俊策 佐藤幹夫 34.6%
第2回 01月13日 芽生え 34.3%
第3回 01月20日 風雲児 33.0%
第4回 01月27日 帝 ご謀反 田中賢二 31.0%
第5回 02月03日 危うし足利家 28.9%
第6回 02月10日 楠木登場 佐藤幹夫 30.2%
第7回 02月17日 悲恋 榎戸崇泰
佐藤幹夫
33.1%
第8回 02月24日 妖霊星 佐藤幹夫 32.5%
第9回 03月03日 宿命の子 田中賢二 32.1%
第10回 03月10日 帝の挙兵 30.5%
第11回 03月17日 楠木立つ 榎戸崇泰 30.2%
第12回 03月24日 笠置落城 峰島総生 31.6%
第13回 03月31日 攻防赤坂城 榎戸崇泰 25.5%
第14回 04月07日 秋霧 佐藤幹夫 19.9%
第15回 04月14日 高氏と正成 25.0%
第16回 04月21日 隠岐配流 田中賢二 24.3%
第17回 04月28日 決断の時 榎戸崇泰 22.0%
第18回 05月05日 帝の脱出 21.7%
第19回 05月12日 人質 佐藤幹夫 29.2%
第20回 05月19日 足利決起 27.7%
第21回 05月26日 京都攻略 榎戸崇泰 27.5%
第22回 06月02日 鎌倉炎上 佐藤幹夫 27.5%
第23回 06月09日 凱旋 仲倉重郎 峰島総生 24.6%
第24回 06月16日 新政 榎戸崇泰 22.9%
第25回 06月23日 足利尊氏 竹林淳 22.3%
第26回 06月30日 恩賞の波紋 佐藤幹夫 24.8%
第27回 07月07日 公家か武家か 池端俊策 榎戸崇泰 24.6%
第28回 07月14日 開戦前夜 佐藤幹夫 22.9%
第29回 07月21日 大塔宮逮捕 峰島総生 22.2%
第30回 07月28日 悲劇の皇子 田中賢二 22.4%
第31回 08月04日 尊氏叛く 門脇正美 21.8%
第32回 08月11日 藤夜叉死す 榎戸崇泰 22.0%
第33回 08月18日 千寿王と不知哉丸 佐藤幹夫 21.5%
第34回 08月25日 尊氏追討 門脇正美 24.7%
第35回 09月01日 大逆転 榎戸崇泰 23.4%
第36回 09月08日 湊川の決戦 田中賢二 27.6%
第37回 09月15日 正成自刃 仲倉重郎 佐藤幹夫 24.6%
第38回 09月22日 一天両帝 門脇正美 25.7%
第39回 09月29日 顕家散る 池端俊策 尾崎充信 26.2%
第40回 10月06日 義貞の最期 田中賢二 22.9%
第41回 10月13日 帝崩御 19.9%
第42回 10月20日 母の遺言 尾崎充信 20.8%
第43回 10月27日 足利家の内紛 仲倉重郎 榎戸崇泰 25.3%
第44回 11月03日 下剋上 池端俊策 佐藤幹夫 22.0%
第45回 11月10日 政変 田中賢二 24.2%
第46回 11月17日 兄弟の絆 仲倉重郎 榎戸崇泰 22.8%
第47回 11月24日 将軍の敗北 竹林淳 26.0%
第48回 12月01日 果てしなき戦い 池端俊策 田中賢二 23.0%
最終回 12月08日 尊氏の死 佐藤幹夫 24.6%
平均視聴率 26.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)[2]

総集編[編集]

  • 第1部「青春」
  • 第2部「倒幕」
  • 第3部「建武の新政」
  • 第4部「南北朝動乱」

ソフトウェア[編集]

関連書籍[編集]

  • 太平記 - 日本放送出版協会(絶版)
  • 太平記のふるさと―NHKドラマ紀行 - 日本放送出版協会

CD[編集]

  • NHK大河ドラマ「太平記」の音楽(オリジナル・サウンド・トラック) - ソニーミュージック(廃盤)

大河ドラマのテーマ曲をまとめた音源はそれまでにも発売されてはいたが、1本の単独ドラマの音楽集で、しかも劇中曲を含めたCDの発売は本作品が初めてである。劇中曲はドラマで用いた音源をそのまま使っているのではなく、音楽を担当した三枝成彰がドラマ前半で作成した主要な曲を自身の手で組曲風に再構成した上で、オーケストラアレンジされたものが収録されている。演奏はNHK交響楽団ではなく大友直人指揮の東京交響楽団によるもので、テーマ曲の方も同楽団演奏のものが収録されている。脚本を担当した池端俊策がCDの解説文を書いている。

DVD[編集]

ゲーム[編集]

PCエンジン版[編集]

NHK大河ドラマ 太平記
ジャンル 戦略シミュレーション
対応機種 PCエンジン[PCE]
開発元 NHKエンタープライズ
発売元 NHKエンタープライズ
人数 1~2人
メディア Huカード(4MB)
発売日 1992年1月31日
テンプレートを表示

NHKエンタープライズより1992年1月31日に発売された。機種はPCエンジン

なお、前年にインテックより同機種で『太平記』が発売されている関係上、『NHK大河ドラマ 太平記』と言うタイトルになっている。

内容はオーソドックスな戦略シミュレーションゲームで、シナリオ1「鎌倉幕府の滅亡」をクリアするとシナリオ2「南北朝の大乱」がプレイ可能になるがシナリオ1でプレイヤーは倒幕軍を、シナリオ2では南朝を操作するため両方のシナリオに連続性は無い。

2人同時プレイモードでは、プレイヤー2がそれぞれ北条軍・北朝を担当する。

メガドライブ版[編集]

セガ(後のセガゲームス)より1991年12月13日に発売された。

脚注[編集]

  1. ^ 皇室が積極的に関与する時代であるがため、南北朝・室町時代のドラマ化は戦後長年タブー視されてきただけでなく、歴史的にも極めて難解な権力闘争が繰り返される時期であるため、視聴者に十分な理解を得るための歴史的背景のドラマ化が困難であることから、そもそもこの時代を映像化した作品自体、戦後は数えるほどしかない(1958年の映画『楠公二代誠忠録』、1959年の連続テレビドラマ『大楠公』、1965年の映画『悪党』など)。
  2. ^ a b ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  3. ^ 第1回と第2回のオープニングでは役名は「足利清子」となっていた。但し鎌倉時代後期には結婚で女性が改姓する習慣はまだ無く、4回以降では単に「清子」と紹介されるようになった。
  4. ^ 深作欣二、萩原健一に「Vシネマみたいな台本だよ」”. アサヒ芸能. Exciteニュース (2012年11月20日). 2016年2月17日閲覧。
  5. ^ 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

NHK 大河ドラマ
前番組 番組名 次番組
太平記