塩冶高貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
塩冶高貞
時代 鎌倉時代後期~南北朝時代
生誕 不明
死没 興国2年/暦応4年4月3日1341年4月19日))
別名 大夫判官、塩冶判官
官位 検非違使左衛門尉壱岐近江
幕府 室町幕府出雲国守護隠岐国守護
主君 後醍醐天皇足利尊氏
氏族 佐々木氏
父母 父:塩冶貞清
兄弟 貞泰時綱
冬貞昌光貞道快貞貞宗
花輪違(七宝に花角)

塩冶 高貞(えんや たかさだ、旧字体:鹽冶 髙貞、生年不詳 - 興国2年/暦応4年は、鎌倉時代後期から南北朝時代にかけての武将。通称が大夫判官だったことから、物語では塩谷[1]判官(えんや はんがん)として広く知られた。家紋は「花輪違[2]

生涯[編集]

生誕年は不明だが、鎌倉幕府第14代執権北条高時北条氏得宗家当主であった期間(1311年-1333年)内に元服[3]して、高時と烏帽子親子関係を結んでその偏諱(「高」の字)を受けた[4]人物とみられる。

建武2年(1335年)の中先代の乱後、関東で自立した足利尊氏を討つべく東国に向かう新田義貞が率いる軍に佐々木道誉と参陣する。箱根竹ノ下の戦いでは道誉と共に新田軍から足利方に寝返り、室町幕府においては出雲国隠岐国の守護となった。高師直の讒言[5]により謀反の疑いをかけられたため、暦応4年(1341年)3月ひそかに京都を出奔し領国の出雲に向かうが、山名時氏らの追討を受けて、妻子らは播磨国蔭山[6]で自害した。高貞はなんとか出雲に帰りついたものの、家臣らに妻子の自害した旨を聞き「もはやこれまで」と、出雲国宍道郷佐々布山で自害[7]したという。これにより、高貞の子弟殆どが共に討ち取られるか没落した。

子孫・後裔[編集]

  • 高貞没落後、息子の塩冶冬貞[8](ふゆさだ)が家督および出雲守護を引き継いだとされる[9]。冬貞は足利直冬山名時氏南朝勢力と結び(「冬」の字も直冬から偏諱を受けたものとみられる)、一時的に塩冶郷を支配する立場にあったが、叔父(高貞の弟)の時綱(ときつな)と家督を巡り抗争して後は時綱およびその子孫が新たな惣領となった[9]。この家系を後塩冶氏と呼ぶことがあり[9]将軍の近習として存続した。
  • 出雲守護となった近江佐々木氏流の尼子経久は、時綱の子孫の貞慶(さだよし)を攻めて追放し、経久の三男興久に塩冶氏を継がせた。
  • 羽衣石南条記』の説によると、伯耆国人として栄えた貞宗は高貞の二男(冬貞の弟か?)で、高貞没落後に南条氏を称したという。

塩冶判官と『仮名手本忠臣蔵』[編集]

江戸時代には人形浄瑠璃歌舞伎が盛んに書かれたが、その内容の大半は江戸時代に実際に起きた事件やお家騒動などを描いたものだった。しかしそうした事件を実名を使って実録風に描くと場合によっては幕政批判につながりかねないことから、当時はそうした物語の多くを鎌倉時代や『太平記』の時代の世界に仮託して描き、これを時代物と呼んでいた。

人形浄瑠璃・歌舞伎の三大名作に数えられる『仮名手本忠臣蔵』もその一つで、その内容は元禄年間におきた赤穂事件を描いたものだが、やはりその筋書きは『太平記』の世界に仮託して描かれており、播州赤穂藩主・浅野長矩は「塩谷判官」[1]として(播州の名産品「赤穂の」からの連想)、幕府高家肝煎吉良義央は「高師直」として(「家」からの連想)登場するのはそのため。物語の発端が赤穂事件の実情とは異なる色恋沙汰となっているのも、塩冶判官の妻・顔世御前に対する師直の横恋慕という伝承をそのまま物語に取り入れているからである。

補註[編集]

  1. ^ a b 「や」の漢字表記は冶ではなく谷となっている。
  2. ^ 見聞諸家紋』による。(原文は「輪違」とあるが、後世に言うところの「花輪違(七宝に花角)」のことである)。尼子氏流塩冶氏は「丸に角立て四目結い」を使用したと思われる。歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』に登場する、塩冶判官は「丸に角立て四目結い」もしくは「丸に違い鷹羽」が使われることが多いがこれは史実ではない。
  3. ^ 元服はおおよそ10代前半もしくはこの前後で行われることが多かったことから、生誕年も1300年代、或いは早くとも1290年代の間であったと推定することができる。
  4. ^ 紺戸淳 「武家社会における加冠と一字付与の政治性について」(『中央史学』二、1979年、p.15系図・p.21)
  5. ^ 太平記』によると師直の讒言の原因については、師直が高貞の妻に恋心を抱き、恋文を吉田兼好に書かせて彼女に送ったが拒絶され逆上したためとも言われているが、史実としての真相は不明である。また、高貞が足利直義を支持して師直を支持する在地の武士達と対立関係にあったためとする見方も存在する。
  6. ^ 現在の兵庫県姫路市
  7. ^ 師守記』の説では、「高貞は出雲に帰りつかず、妻子ともども播磨国蔭山で自害した」ともいうがこの説は採り難い。
  8. ^ こちらより。
  9. ^ a b c 塩冶満通(後塩冶氏)より。

外部リンク[編集]