亀田俊和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

亀田 俊和(かめだ としたか、1973年 - )は、日本中世史学者。

秋田県生まれ。函館ラ・サール高等学校を経て[1]1997年京都大学文学部国史学科卒業。2003年同大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。2006年室町幕府施行制度の研究」で京都大学文学博士[2]。京都大学文学部非常勤講師。2017年8月より国立台湾大学日本語文学系助理教授[3]

著書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『サンデー毎日』「京大合格者全氏名」1993年3月28日
  2. ^ CiNii 博士論文 - 室町幕府施行制度の研究、2017年7月26日閲覧。
  3. ^ 『観応の擾乱』著者紹介

外部リンク[編集]