戎光祥出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
戎光祥出版株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-0083
東京都千代田区麹町1-7
相互半蔵門ビル8F
設立 1988年昭和63年)10月8日
法人番号 3010001001233
事業内容 書籍ならびにビデオ媒体の企画・制作・販売
代表者 伊藤俊幸
資本金 1,000万円
外部リンク http://www.ebisukosyo.co.jp/
テンプレートを表示

戎光祥出版株式会社(えびすこうしょうしゅっぱん)は、東京都千代田区にある神道日本史鉄道、銭湯、文芸などに関する書籍を刊行する出版社

概要[編集]

・刊行書籍の分野は神道・日本史・城郭が中心である。

・神道に関しては、祝詞の解説・用例や行事作法など、基礎から実践にいたるまで興味・関心のある読者や神職関係者のニーズに応える書籍を刊行している。

・日本史は中世を中心に、最近では近世・近代など時代の幅を広げて出版活動を行っている。

シリーズものとしては、一般読者を対象とした概説書で、人物・城郭・事件・合戦を取り上げたビジュアルメインの「シリーズ・実像に迫る」、最新の研究成果を盛り込みつつ、わかりやすく解説した「中世武士選書」、過去の重要論文を集成して研究動向をまとめた「中世関東武士の研究」・「中世西国武士の研究」・「織豊大名の研究」・「室町幕府の研究」、単著論文集「戎光祥研究叢書」などがある。

・城郭関連書籍は、多くの縄張り図や現地写真などを駆使した「図説 日本の城郭シリーズ」・「図解 近畿の城郭」、過去の重要論文や書き下ろしをまとめ、今後の進展を探る「シリーズ城郭研究の新展開」などがある。

・上記のほか、文芸書・鉄道関連書なども刊行している。

・2015年(平成27年)5月14日、『室町期島津氏領国の政治構造』(新名一仁著、戎光祥研究叢書3)が、第41回南日本出版文化賞を受賞した。

歴史[編集]

  • 1988年(昭和63年)、創立

主な刊行書籍[編集]

〈神道関連〉

・『祝詞用語表現事典』

・『平成新編祝詞事典 増補改訂版』

・『現代祝詞例文撰集』

・『英和対訳 神道案内』

・『新 神社祭式行事作法教本』

・『日本全国獅子・狛犬ものがたり』

・『イチから知りたい日本の神さま』(熊野大神・稲荷大神・八幡大神の全3巻)

〈日本史シリーズ〉

・シリーズ・実像に迫る(2018年現在、『上杉謙信』など17巻まで刊行)

・中世武士選書(2018年現在、『足利義昭と織田信長』など40巻まで刊行)

・シリーズ・中世関東武士の研究(2018年現在、『関東上杉氏一族』など22巻まで刊行)

・シリーズ・中世西国武士の研究(2018年現在、『山陰山名氏』など5巻まで刊行)

・シリーズ・織豊大名の研究(2018年現在、『石田三成』など7巻まで刊行)

・シリーズ・室町幕府の研究(2018年現在、『足利義輝』など4巻まで刊行)

・戎光祥研究叢書(2018年現在、『戦国・近世の島津一族と家臣 』など15巻まで刊行)

・戎光祥中世史論集(2018年現在、『戦国大名の土木事業』など6巻まで刊行)

・関東足利氏の歴史(全5巻)

〈日本史単行本〉

・『中世の門跡と公武権力』

・『狐の日本史』

・『福島県の古代・中世文書―福島県史資料編―』

・『マンガで読む 井伊直政とその一族』

・『マンガで読む 新研究 織田信長』

〈城郭シリーズ〉

・図説 日本の城郭シリーズ(2018年現在、『尼子氏の城郭と合戦』など10巻まで刊行)

・図解 近畿の城郭(全5巻)

・シリーズ城郭研究の新展開(2018年現在、『但馬竹田城』・『淡路洲本城』・『三河岡崎城』・『三河吉田城』を刊行)

・信濃の山城と館(全8巻)

〈城郭単行本〉

・『富原文庫蔵 陸軍省城絵図』

・『飯盛山城と三好長慶』

〈文芸書単行本〉

・『雪割草』(横溝正史 著)

〈その他シリーズ〉

・横溝正史研究(全6巻)

・ミステリー珍本全集(全12巻)

・戎光祥レイルウェイリブレット(2018年現在、『路面電車発展史』・『電気鉄道のセクション』・『電車技術発達史』・『小田急1800形』を刊行)

〈その他単行本〉

・『龍神のコード』

・『京成検定1・2・3級』

・『東急今昔物語』

外部リンク[編集]