思文閣出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 思文閣出版
思文閣会館.JPG
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
606-8203
京都府京都市左京区田中関田町 2番地7 百万遍西入ル
設立 1976年昭和51年)11月
法人番号 3130001006567
事業内容 図書・物品の製作・販売など
代表者 代表取締役社長田中大
資本金 48百万円
従業員数 男:7名 女:6名(2005年12月現在)
外部リンク http://www.shibunkaku.co.jp/shuppan/
テンプレートを表示
思文閣.JPG

思文閣出版(しぶんかくしゅっぱん)は、京都府京都市左京区にある出版社。美術商思文閣の出版部で、人文系・美術系の書籍を刊行している。絶版となった古書や花道、歴史、国文、芸術などのオリジナル企画書を刊行している。ベストセラーにならなくても、命の長い本を出版していく方針を取っている[1]。所在地同ビルに企画展をメインとする美術館思文閣美術館(しぶんかくびじゅつかん、2011年4月10日より休館中)、京都市東山区古門前通大和大路東入元町386にぎゃらりぃ思文閣を運営する。

歴史[編集]

1937年、古文書、古美術などの専門店「書肆(しょし)思文閣」として京都市下京区に開店した。店名は初代経営者と親交のあった京都帝国大学の歴史学者、中村直勝博士によって発音しやすい名称として名付けられた[1]

1967年に株式会社化され、1969年より学術、芸術系書籍の出版を始め、1975年に出版部門が思文閣出版として独立した[1]

1969年、大正時代に刊行された後、長らく絶版になっていた『日本人名辞典』(芳賀矢一)を復刻出版した。同書は2007年までにおよそ1万部が売れている[1]

1981年から出版している「思文閣史学叢書」は50冊を超えている[1]

1992年、「もう一つの中世像」(バーバラ・ルーシュ)が女性史青山なを賞(主催:東京女子大学)の特別賞を受賞した[2]

1993年、園田英弘による「西洋化の構造」が、読売読書委員を務める山折哲雄国際日本文化研究センター教授により、1993年下半期の私の1冊に選ばれた[3]。同書は、1994年度のサントリー学芸賞に選ばれた[4]

2004年、愛知大学非常勤講師の遠藤正治による「本草学と洋学」が第二回徳川賞(徳川記念財団)に選ばれた[5]

2006年、本よみうり堂の読書委員の1人である竹内洋関西大学教授により、『近世儒者の思想挑戦』(本山幸彦)が「今年の3冊」に選ばれた[6]

2007年、幕末から1980年代までの日本の産業技術の歩みを体系的にまとめた『日本産業技術史事典』[7]は、今までにないタイプの事典として、注目を集めた[1]

2008年、奈良国立博物館が2005年から2007年まで3回開催した「正倉院学術シンポジウム」をまとめた「正倉院宝物に学ぶ」を刊行した[8]

2012年、最上義光が参加した連歌を記した巻物1巻を山形市に売却した[9][10]。同年、新島襄研究の第一人者である本井康博により、翌年の大河ドラマ『八重の桜』のヒロインの魅力が語られた『日本の元気印・新島八重』を出版した[11]

2013年、ミシガン大学客員研究員の岡田万里子が「京舞井上流の誕生」(思文閣出版)で日本演劇学会河竹賞奨励賞、サントリー学芸賞の芸術・文学部門に選ばれた[12]

2015年、華東師範大学専任講師の陳凌虹が『日中演劇交流の諸相 中国近代演劇の誕生』(思文閣出版)で日本比較文学会賞に選ばれた。

主な刊行物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f [こんな出版社]思文閣出版 命の長い本作る 読売新聞 2007年9月27日 大阪夕刊7頁
  2. ^ 女性史青山なを賞決定 本賞に今井けい氏「イギリス女性運動史」読売新聞 1992年7月13日 東京夕刊15頁
  3. ^ 93年下半期 読書委員の選んだ「私の一冊」 1993年12月20日 東京朝刊7頁
  4. ^ 1994年度 思想・歴史部門”. サントリー文化財団. 2014年7月6日閲覧。
  5. ^ 第2回徳川賞に愛大の遠藤講師 読売新聞 2004年10月2日 中部朝刊30頁
  6. ^ 2006年 読書委員が選ぶ「今年の3冊」読売新聞 2006年12月24日 東京朝刊21頁
  7. ^ 産業技術の歩み詳説 幕末―1980年代、事典刊行 読売新聞 2007年8月17日西部朝刊12頁
  8. ^ 正倉院シンポ1冊に 専門家ら、著書を刊行 読売新聞 2008年11月6日 大阪夕刊5頁
  9. ^ 最上義光 VIP扱いの“光”「賦何舩連歌」315万で山形市購入 読売新聞 2012年6月27日 東京朝刊31頁
  10. ^ 「最上義光等連歌巻『賦何舩連歌』一巻」について”. 最上義光歴史館 (2012年6月26日). 2014年7月6日閲覧。
  11. ^ 来年の大河ドラマ 関連本 ヒロインの実像に迫る 読売新聞 2012年11月19日 東京夕刊9頁
  12. ^ サントリー学芸賞決まる 読売新聞 2013年11月12日 東京朝刊37頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]