竹内洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
竹内 洋
(たけうち よう)
人物情報
生誕 (1942-01-08) 1942年1月8日(77歳)[1]
東京[1]
学問
活動地域 新潟県佐渡[1]
研究分野 社会学教育社会学
研究機関 関西大学
京都大学
主要な作品日本のメリトクラシー』(1995年)[1]
学歴貴族の栄光と挫折』(1999年)[1]
大学の下流化』(2011年)[1]
革新幻想の戦後史』(2011年)[1]
学会 日本教育社会学会会長
読売新聞読書委員
中央教育審議会大学教育部会専門委員
主な受賞歴 日経・経済図書文化賞(1996年)
読売・吉野作造賞(2012年)[1]
テンプレートを表示

竹内 洋(たけうち よう、1942年(昭和17年)1月8日 - )は、日本社会学者教育学博士京都大学))。専門は、教育社会学京都大学教育学部名誉教授。関西大学名誉教授。

略歴[編集]

東京府生まれ[1]佐渡島で育つ[1]

京都大学教育学部卒業[2]後、サラリーマン生活を経て[3]、京都大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得満期退学[2][4]

関西大学で助教授[1]・社会学部[5]教授[1]を務めた後、京都大学へ移り[5]、教育学部教授[5]、大学院教授[5]・研究科長[5]、教育学部長[5]を歴任後、名誉教授[5]

2005年(平成17年)4月に関西大学教授に再任[1]し、2011年(平成23年)4月より関西大学人間健康学部長(初代)・教授[4]2012年(平成24年)3月に関西大学を定年退職し、関西大学東京センター長に就任[1]日本教育社会学会会長[1]読売新聞読書委員[1]中央教育審議会大学教育部会専門委員[5]日本学術振興会特別研究委員等審査委員会委員[5]などを歴任。

主な受賞歴[編集]

評価[編集]

耳塚寛明(当時:お茶の水女子大学副学長、専攻教育社会学)は、竹内著『学問の下流化』を「学界の諸先輩の中には何人かの巨人がいる。接するに、該博な知識、枯れることのない知的体力、専門領域を軽やかに越境する教養に圧倒される。著者もその一人」「著者には大河小説的専門書も多数」「原著以上の知的躍動」「すごい」と評している[6]

著作[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『卒業生からみた京都大学の教育 教育・職業・文化』 広島大学大学教育研究センター〈高等教育研究叢書 34〉、1995年3月。ISBN 4-938664-34-8
  • 『日本の教育と産業界』 竹内洋 述、関西経済研究センター〈関西経済研究センター資料 98-5 大変革期の日本 2〉、1998年4月。
  • 『学校システム論 子ども・学校・社会』 放送大学教育振興会〈放送大学大学院教材 2002〉、2002年3月。ISBN 4-595-13346-4
    • 『学校システム論』 放送大学教育振興会〈放送大学大学院教材 2007〉、2007年4月、改訂版。ISBN 978-4-595-13510-1
  • 村上一郎岩波茂雄と出版文化 近代日本の教養主義』 講談社、2013年12月。ISBN 978-4-06-292208-1- 解説担当

共編著[編集]

監修[編集]

訳書[編集]

  • G・ウォルフォード 『パブリック・スクールの社会学 英国エリート教育の内幕』 海部優子共訳、世界思想社、1996年12月。ISBN 4-7907-0626-5 - 原タイトル:Life in public schools.
  • タキエ・スギヤマ・リブラ 『近代日本の上流階級 華族のエスノグラフィー』 海部優子・井上義和共訳、世界思想社、2000年8月。ISBN 4-7907-0822-5 - 原タイトル:Above the Clouds: Status Culture of the Modern Japanese Nobility.
  • マイルズ・フレッチャー 『知識人とファシズム 近衛新体制昭和研究会』 井上義和共訳、柏書房、2011年4月。ISBN 978-4-7601-3686-5 - 原タイトル:The search for a new order.

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]