京都大学大学院教育学研究科・教育学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

京都大学大学院教育学研究科(きょうとだいがくだいがくいんきょういくがくけんきゅうか、英称:Graduate School of Education)は、京都大学大学院に設置される研究科の一つである。また、京都大学教育学部(きょうとだいがくきょういくがくぶ、英称:Faculty of Education)は、京都大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

1949年昭和24年)に新制京都大学の発足と同時に新しく教育学部が設立された。母体となったのは1906年明治39年)に設置された文学部の教育学教授法講座である。創設当時は、教育学部専任のスタッフも、学部固有の施設もほとんど存在せず、当分の問、文学部長が教育学部長を兼ねていたが、1951年下程勇吉教授が専任の初代教育学部長に就任して独立学部としての体裁が整った。また、大学院も第1回卒業生を送り出すのに合わせ、1953年に教育学研究科が発足した。現在は、2018年の組織再編により、学部1学科(教育科学科)、研究科1専攻(教育学環専攻)の体制となっている。

沿革[編集]

  • 1949年 京都大学教育学部設置[1]
  • 1953年 京都大学大学院教育学研究科(教育学専攻、教育方法学専攻)設置[1]
  • 1964年 教育学科設置。
  • 1976年 学科を教育学科・教育心理学科・教育社会学科の3学科に改組[1]
  • 1998年 大学院重点化にともない、教育科学専攻と臨床教育学専攻の2専攻に改組。3学科を教育科学科に再編成[1]
  • 2018年 2専攻を統合し、教育学環専攻を設置[1]

教育と研究[編集]

組織[編集]

教育学部[編集]

  • 教育科学科
    • 現代教育基礎学系
    • 教育心理学系
    • 相関教育システム論系

教育学研究科[編集]

  • 教育学環専攻

附属施設[編集]

教育学研究科附属
  • 附属臨床教育実践研究センター

研究[編集]

グローバルCOEプログラム
  • 2007年
人文科学
  • 「心が活きる教育のための国際的拠点」(教育学研究科教育科学専攻)

歴代教育学研究科長・教育学部長[編集]

歴代教育学研究科長・教育学部長は以下の通り。

氏名 在任時期 備考
原随園 1949年06月01日 - 1950年09月09日 事務取扱、文学部長
宮崎市定 1950年09月09日 - 1951年04月01日 事務取扱、文学部長
下程勇吉 1951年04月01日 - 1954年04月01日
重松俊明 1954年04月01日 - 1955年04月01日
高坂正顕 1955年04月01日 - 1959年12月31日
篠原陽二 1960年01月01日 - 1962年12月31日
重松俊明 1963年01月01日 - 1965年12月31日 再任
鰺坂二夫 1966年01月01日 - 1969年12月31日
姫岡勤 1970年01月01日 - 1970年10月19日
小倉親雄 1970年10月19日 - 1971年02月01日 事務取扱
前田博 1971年02月01日 - 1972年03月31日
小倉親雄 1972年04月01日 - 1974年03月31日 再任
兵頭泰三 1974年04月01日 - 1975年12月01日
渡辺洋二 1975年12月01日 - 1976年03月31日
梅本堯夫 1976年04月01日 - 1977年03月31日
蜂屋慶 1977年04月01日 - 1980年03月31日
河合隼雄 1980年04月01日 - 1983年03月31日

著名な出身者[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 歩み”. 京都大学大学院教育学研究科・教育学部. 2019年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]