京都大学防災研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

京都大学防災研究所(きょうとだいがくぼうさいけんきゅうしょ、英称: Disaster Prevention Research Institute)は、京都大学の附置研究所共同利用・共同研究拠点)。「災害学理に関する総合研究」を行っている。略称は防災研DPRI

概要[編集]

1951年に設立された、防災に関する京都大学共同利用・共同研究拠点(2010年3月までは、全国共同利用型附置研究所)である。主に、地震火山大気海洋河川に関する自然災害とこれに対する防災・減災に関わる研究を行っている。

世界における防災研究の中心的存在であり、研究所所員が国内外でさまざまな研究活動を行うとともに、研究プロジェクトや研究集会などに参加するために海外研究者も多く訪れている。

研究[編集]

全国大学共同利用の共同利用・共同研究拠点として、共同利用施設および機器の利用だけでなく、共同研究費や研究集会の公募も行い、種々の共同研究を行っている。

組織[編集]

防災研究所は「総合防災研究グループ」、「地震・火山研究グループ」、「地盤研究グループ」、「大気・水研究グループ」の4グループで構成されている。グループの下に研究部門およびセンターが置かれている。

  • 総合防災研究グループ
    • 社会防災研究部門
    • 巨大災害研究センター
  • 地震・火山研究グループ
    • 地震災害研究部門
    • 地震防災研究部門
    • 地震予知研究センター
    • 火山活動研究センター
  • 地盤研究グループ
    • 地盤災害研究部門
    • 斜面災害研究センター
  • 大気・水研究グループ
    • 気象・水象災害研究部門
    • 流域災害研究センター
    • 水資源環境研究センター

教育[編集]

京都大学大学院工学研究科、理学研究科、情報学研究科における協力講座として専門教育を行うとともに、附置研究所として全学共通科目等の提供を行っている。

大学院教育[編集]

京都大学大学院工学研究科、理学研究科および情報学研究科に属し、修士論文および博士論文の指導を行っている。大学院入試は、各専攻に依存して様々な形態を採っている。

歴代所長[編集]

外部リンク[編集]