今本博健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

今本 博健(いまもと ひろたけ、1937年12月9日[1] - )は、日本の河川工学者。水工技術研究所代表、京都大学名誉教授。専門は実験水理学・河川工学・防災工学。大阪市出身[2]

略歴[編集]

学歴[編集]

  • 1956年3月 大阪府立住吉高等学校卒業
  • 1961年3月 京都大学工学部土木工学科卒業
  • 1963年3月 京都大学大学院工学研究科修士課程土木工学専攻修了
  • 1965年3月 京都大学大学院工学研究科博士課程中退

職歴[編集]

  • 1965年4月 京都大学工学部土木工学教室講師
  • 1966年4月 京都大学工学部土木工学教室助教授
  • 1969年3月 京都大学防災研究所宇治川水理実験所
  • 1975年4月 京都大学防災研究所宇治川水理実験所教授
  • 1997年5月 京都大学防災研究所所長(~1999年4月)
  • 1996年4月 京都大学アメリカンフットボール部部長(~2001年3月)
  • 2001年
    • 3月 停年退官
    • 4月

学外における役職[編集]

  • 2001年2月~2007年1月 淀川水系流域委員会委員
  • 2006年2月~2007年1月 淀川水系流域委員会委員長

受賞歴[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]