入倉孝次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

入倉 孝次郎(いりくら こうじろう、1940年8月22日 - )は日本の地震学者。京都大学名誉教授理学博士(京都大学、1983年)。中華民国青島市出身。

小さな地震で観測された地震波の記録を用いて大地震の際の揺れを数値計算により再現する経験的グリーン関数法を開発した。将来の大地震の揺れを予測するための「強震動予測レシピ」(入倉レシピ)を考案し、政府や地方自治体などにおけるハザードマップ作成で活用されている。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1968年4月 京都大学防災研究所助手(地震動研究部門 1996年 地震災害研究部門強震動地震学分野に改称)
  • 1973年5月 京都大学防災研究所助教授
  • 1988年8月 京都大学防災研究所教授
  • 2001年5月 京都大学防災研究所所長(2003年4月まで)
  • 2003年12月 京都大学総長補佐(2004年3月まで)
  • 2004年3月 京都大学定年退職
  • 2004年4月 京都大学名誉教授
  • 2004年4月 京都大学理事副学長(2005年9月)
  • 2005年10月 愛知工業大学地域防災研究センター客員教授

兼職[編集]

学外における役職[編集]

  • 日本学術会議地球物理学研究連絡委員会委員長(2000年9月-2003年9月)
  • 日本学術会議会員(第18期、第20期)
  • 日本地震学会会長
  • 日本地震工学会会長(2004年)
  • 日本活断層学会副会長(2007年)
  • 日本学術会議地球惑星科学委員長
  • 中央防災会議専門委員
  • 文部科学省地震調査研究推進本部地震調査委員会委員・強震動評価部会部会長
  • 科学技術・学術審議会測地学分科会臨時委員
  • 原子力安全委員会専門委員

受賞歴[編集]

  • 2003年にスロバキア学士院より地震学100年記念メダル
  • 2004年に文部科学大臣より研究功績者表彰
  • 2006年に内閣府より防災功労者防災担当大臣表彰
  • 2007年に経済産業省より原子力安全功労者表彰
  • 2008年に安全功労者内閣総理大臣表彰、防災功労者内閣総理大臣表彰
  • 2011年にCOSMOS/EERI/SSAよりBruce A. Balt Medal受賞
  • 2019年春の叙勲で瑞宝中綬章を受章[1]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』号外第14号、2019年(令和元年)5月21日


外部リンク[編集]