鳥取大学乾燥地研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鳥取大学乾燥地研究センター
Tottori University Arid Land Research Center.jpg
鳥取大学乾燥地研究センター
正式名称 鳥取大学乾燥地研究センター
英語名称 Arid Land Research Center, Tottori University
略称 乾地研、ALRC
組織形態 共同利用・共同研究拠点
所在地 日本の旗 日本
680-0001
鳥取県鳥取市浜坂1390
北緯35度32分09秒
東経134度46分00秒
センター長 山中典和
設立年月日 1990年
前身 鳥取大学農学部付属砂丘利用研究施設
所管 国立大学法人鳥取大学
拠点 乾燥地科学
提供サービス 黄砂発生ハザードマップ、衛星モニタリングシステム高次処理データベース
ウェブサイト 共同利用・共同研究拠点 国立大学法人 鳥取大学乾燥地研究センター
テンプレートを表示

鳥取大学乾燥地研究センター(とっとりだいがくかんそうちけんきゅうせんたー、英称:Arid Land Research Center, Tottori University)は、鳥取県鳥取市にある鳥取大学所管の大学附置研究所であり、「乾燥地科学研究」の共同利用・共同研究拠点である。略称は「乾地研(かんちけん)」、「ALRC」。

概要[編集]

鳥取大学乾燥地研究センターは、1990年に全国共同利用施設として設立された、砂漠化干ばつなどの乾燥地の諸問題に組織的に取り組む、日本唯一の研究機関である[1]。乾燥地科学分野における共同利用・共同研究拠点として、砂漠化や干ばつ等の諸問題の解決および乾燥地における持続可能な発展に資する研究を推進している。

沿革[編集]

  • 1923年 - 鳥取高等農業学校(現:鳥取大学農学部)に湖山砂丘試験地が設けられ、砂防造林の研究を開始する。
  • 1949年 - 鳥取大学発足とともに浜坂砂丘の旧陸軍用地において砂丘地の農業利用の研究を開始する。
  • 1958年 - 鳥取大学農学部附属砂丘利用研究施設の設置が認められ、農学部門が発足する。
  • 1990年 - 鳥取大学乾燥地研究センターに改組され、全国共同利用施設となる。
  • 1995年 - 中核的研究機関支援プログラムの対象機関に選定される。
  • 2002年 - 21世紀COEプログラムに採択される。
  • 2007年 - グローバルCOEプログラムに採択される。
  • 2009年 - 共同利用・共同研究拠点として認定される(2010年度〜2022年度(13年間))。

組織[編集]

研究組織[編集]

  • 総合的砂漠化対処部門
    • 保全情報学分野
    • ダスト気候学分野
    • 国際開発協力分野
  • 環境保全部門
    • 緑化学分野
    • 微生物生態学分野
    • 気象学分野
    • 水文学分野
    • 動物生態学分野
  • 農業生産部門
    • 分子育種学分野
    • 乾燥地灌漑排水学分野
    • 植物生理生態学分野
    • 植物遺伝子工学分野
    • 植物分子生物学分野

大学院教育[編集]

鳥取大学乾燥地研究センターの教員は鳥取大学大学院農学研究科および鳥取大学連合大学院農学研究科において以下の専攻の教育を担当している。

所在地・交通アクセス[編集]

  • 680-0001 鳥取県鳥取市浜坂1390
  • JR鳥取駅北口バスターミナルから「十六本松」行きで浜坂小学校前下車(所要時間:約25 - 30分)。その後徒歩で約20分。

参照[編集]

外部リンク[編集]