九州大学生体防御医学研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
生体防御医学研究所(馬出地区)

九州大学生体防御医学研究所(きゅうしゅうだいがくせいたいぼうぎょいがくけんきゅうじょ)は、福岡県福岡市東区に所在する九州大学の附置研究所である。

概要[編集]

大分県別府市に置かれていた九州大学温泉治療学研究所と、福岡県福岡市に置かれていた医学部附属癌研究施設とを統合して1982年(昭和57年)4月1日に設置された。統合に際して、九州大学温泉治療学研究所附属病院は九州大学生体防御医学研究所附属病院となったが、2004年(平成16年)に九州大学病院別府先進医療センターに改組された(管理は引き続き生体防御医学研究所)。2011年(平成23年)4月1日には、九州大学病院別府先進医療センターを九州大学病院に移管するとともに、生体防御医学研究所のうち別府地区の3分野を廃止。生体防御医学研究所は福岡地区に集約された。

九州大学温泉治療学研究所[編集]

量、種類ともに豊かな温泉資源に恵まれた別府温泉では、1912年(明治45年)に陸軍病院1925年(大正14年)に海軍病院(現国立病院機構別府医療センター)が開設され、温泉療法が実践されていた。

1931年(昭和6年)には、日本の大学で初めての温泉療法の研究施設として、九州大学温泉治療学研究所が開設された。本研究所では、温泉療法の科学的研究が行われ、リウマチ膠原病といった内科疾患をはじめとする各種疾病の治療への温泉の活用などが試みられた。研究領域は徐々に拡大し、1959年(昭和34年)には温泉理学部門が増設されて、リハビリへの温泉の活用の研究も行われた。

現在は診療部門が九州大学病院別府病院となっており、温泉療法医によるリハビリテーションなど温泉を活用する臨床研究も行われている。

沿革[編集]

九州大学温泉治療学研究所[編集]

  • 1931年(昭和6年)10月31日 - 勅令第266号により定められた温泉治療学研究所管制に基づき、九州帝国大学の附置施設として、大分県別府市に温泉治療学研究所設置。内科部門が置かれる。
  • 1936年(昭和11年)4月1日 - 外科部門開設。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 国立学校設置法により九州大学附置研究所となる
  • 1954年(昭和29年)4月1日 - 産婦人科部門増設。
  • 1956年(昭和31年)4月1日 - 皮膚泌尿器科部門増設。
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 温泉理学部門増設。
  • 1964年(昭和39年) - 温泉治療学研究所附属病院設置。内科、外科、産婦人科、皮膚泌尿器科が置かれる。
  • 1968年(昭和43年)4月1日 - 温泉地生気候学部門増設。附属病院に温泉地生気候内科増設。

医学部附属癌研究施設[編集]

  • 1955年(昭和30年)4月1日 - 医学部病理学教室内に癌研究室を設置。
  • 1957年(昭和32年)4月1日 - 医学部附属癌研究施設を増設、化学部門開設。
  • 1961年(昭和36年)4月1日 - 病理部門増設。
  • 1967年(昭和42年)4月1日 - 細胞部門増設。
  • 1976年(昭和51年)4月1日 - 免疫部門増設。

九州大学生体防御医学研究所[編集]

  • 1982年(昭和57年)4月1日 - 温泉治療学研究所及び医学部附属癌研究施設を改組・統合して生体防御医学研究所を設置。温泉治療学研究所附属病院は生体防御医学研究所附属病院となる。
  • 2004年(平成16年)4月1日 - 生体防御医学研究所附属病院を九州大学病院別府先進医療センターに改組。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 九州大学病院別府先進医療センターを九州大学病院に移管するとともに、別府地区の3分野を廃止。

施設[編集]

  • 生体防御医学研究所
  • 遺伝情報実験センター
  • 生体多階層システム研究センター
  • 感染ネットワーク研究センター
  • 研究所新館
  • 研究所旧館
  • 遺伝情報実験センター
  • 感染防御研究センター
  • ミレニアム研究棟

関連項目[編集]

外部リンク[編集]