東京大学空間情報科学研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京大学空間情報科学研究センター(とうきょうだいがくくうかんじょうほうかがくけんきゅうセンター、英称:Center for Spatial Information Science at the University of Tokyo、略称:CSIS)は、東京大学の全学センター(附属機関)の一つである。空間情報科学を研究対象としている。

当初は学内共同利用施設として設立されたが、2006年4月より全国共同利用施設(現・共同利用・共同研究拠点)となった。

沿革[編集]

  • 1998年4月 - 東京大学駒場IIキャンパス内に空間情報科学研究センターが設立される(空間情報解析研究部門、空間情報システム研究部門、時空間社会経済システム研究部門の3研究部門)。
  • 2005年3月 - 柏キャンパスに移転。
  • 2005年4月 - 研究部門を現在の4研究部門に再編。
  • 2006年4月 - 全国共同利用施設となる。
  • 2008年4月1日 - 空間情報社会研究イニシアティブ寄付研究部門を設置(2011年3月31日まで)。

組織[編集]

空間情報科学研究センターは以下の5研究部門で構成されている。

  • 空間情報解析研究部門
  • 空間情報統合研究部門
  • 時空間社会経済研究部門
  • 空間情報基盤研究部門
  • 空間情報社会研究イニシアティブ寄付研究部門

関連項目[編集]

外部リンク[編集]