日本地理学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本地理学会
The Association of Japanese Geographers
略称 AJG
設立年 1925年
設立者 山崎直方
種類 学会
法人番号 2010005018919
地位 公益社団法人
目的 地理学に関する学理及びその応用の研究に関する事業を行い、地理学の進歩普及を図り、もってわが国の学術の発展と科学技術の振興に寄与するとともに、地理教育の推進、社会連携の推進、国際協力の推進を図り、社会の発展に資すること
本部 東京都文京区弥生二丁目4番16号 学会センタービル内
座標 北緯35度42分55.6秒 東経139度45分47秒 / 北緯35.715444度 東経139.76306度 / 35.715444; 139.76306座標: 北緯35度42分55.6秒 東経139度45分47秒 / 北緯35.715444度 東経139.76306度 / 35.715444; 139.76306
貢献地域 地理学
公用語 日本語
会長 戸所隆
主要機関 専門委員会11、各種委員会12
提携 地理学連携機構
予算 55,087,482円(2011年度決算)
ウェブサイト www.ajg.or.jp/

公益社団法人日本地理学会(にっぽんちりがっかい[1]、にほんちりがっかい[2]英語:The Association of Japanese Geographers)とは、地理学に関する調査・研究を行う日本の学会であり、元文部科学省所管の社団法人である。会員数は約3千人。

概要[編集]

会員[編集]

  • 正会員:年会費12000円。機関誌の定期購読・本会施設の利用等が出来る。また、役員の選挙権・被選挙権を持つ。
  • 学生会員:年会費7000円。大学の学部生・大学院修士課程・博士課程の者、もしくはこの規定に準ずる者。
  • 賛助会員:事業を援助する個人、もしくは法人。
  • 名誉会員:地理学の発展に関して、特に貢献し、功績がある者。総会の議決によって推薦された者。

学術大会[編集]

春と秋、年に2回開かれる大会。シンポジウム・一般研究発表・巡検等が行われる[5]

月日 会場校 キャンパス 備考
2004年 9月24日 - 28日 秋季 広島大学 東広島キャンパス
2005年 3月28日 - 29日 春季 青山学院大学 青山キャンパス
9月17日 - 19日 秋季 茨城大学 水戸キャンパス
2006年 3月27日 - 29日 春季 埼玉大学  
9月23日 - 25日 秋季 静岡大学 浜松キャンパス
2007年 3月20日 - 22日 春季 東洋大学  
10月6日 - 8日 秋季 熊本大学 黒髪北キャンパス
2008年 3月29日 - 31日 春季 獨協大学  
10月4日 - 6日 秋季 岩手大学  
2009年 3月28日 - 30日 春季 帝京大学  
10月24日 - 26日 秋季 琉球大学 千原キャンパス
2010年 3月27日 - 29日 春季 法政大学  
10月2日 - 4日 秋季 名古屋大学  
2011年 3月29日 - 31日 春季 明治大学 中止(総会、代議員会のみ開催)[6]
9月23日 - 25日 秋季 大分大学 旦野原キャンパス
2012年 3月28日 - 30日 春季 首都大学東京  
10月6日 - 9日 秋季 神戸大学 鶴甲キャンパス
2013年 3月29日 - 31日 春季 立正大学 熊谷キャンパス
9月28日 - 30日 秋季 福島大学  
2014年 3月27日 - 30日 春季 国士舘大学  
9月20日 - 22日 秋季 富山大学 五福キャンパス
2015年 3月28日 - 30日 春季 日本大学 文理学部
9月18日 - 20日 秋季 愛媛大学 城北地区
2016年 3月21日 - 23日 春季 早稲田大学 早稲田キャンパス
9月30日 - 10月2日 秋季 東北大学 川内北キャンパス
2017年 3月28日 - 30日 春季 筑波大学 筑波キャンパス
9月29日 - 10月1日 秋季 三重大学   (予定)
2018年 3月22日 - 24日 春季 東京学芸大学   (予定)
  秋季 和歌山大学   (予定)

出版物[編集]

機関誌は,地理学評論E-journal GEOの二種類を発行している。地理学評論は、2002年の第75巻より、英文誌のGeographical Review of Japanと統合された[7]。第二機関誌のE-journal GEOは、年に2回刊行。目的は、地理学(者)が社会に情報を発信し、社会に貢献すること。掲載論文は、地理学の知識を活かした問題提起等が中心である。

運営組織[編集]

役員[編集]

2014〜2015年度役員[8]

歴代会長[編集]

会長 在任期間(年度) 備考
初代 山崎直方 1929
2代 加藤武雄 1930-1946
3代 辻村太郎 1947-1951
4代 田中啓爾 1952-1953
5代 内田寛一 1954-1955
6代 飯本信之 1956-1957
7代 多田文男 1958-1959
8代 冨田芳郎 1960-1961
9代 青野壽郎 1962-1963
10代 石川與吉 1964-1965
11代 石田龍次郎 1966-1967
12代 木内信蔵 1968-1969
13代 渡邊光 1970-1971
14代 尾留川正平 1972-1973
15代 織田武雄 1974-1975
16代 山本荘毅 1976-1977
17代 矢澤大二 1978-1979
18代 岸本實 1980-1981
19代 市川正巳 1982-1983
20代 吉川虎雄 1984-1985
21代 町田貞 1986-1987
22代 西川治 1988-1989
23代 吉野正敏 1990-1991
24代 浮田典良 1992-1993
25代 竹内啓一 1994-1995
26代 中村和郎 1996-1997
27代 山本正三 1998-1999
28代 奥野隆史 2000-2001
29代 野上道男 2002-2003
30代 斎藤功 2004-2005
31代 石原潤 2006-2007
32代 谷内達 2008-2009
33代 田林明 2010-2011
34代 矢ケ﨑典隆 2012-2013
35代 荒井良雄 2014-2015
36代 戸所隆 2016-現在

※初代 - 34代の出典は『ジオ・パルNEO 地理学・地域調査便利帖』[9]、35代は公式サイト[10]、36代は公式サイト[11]より。

委員会[編集]

2014年度専門委員会[12]
  • 総務専門委員会
  • 財務専門委員会
  • 地理学評論編集専門委員会
  • Geographical Review of Japan Series B 編集専門委員会
  • E-journal GEO 編集専門委員会
  • 集会専門委員会
  • 広報専門委員会
  • 交流専門委員会
  • 企画専門委員会
  • 地理教育専門委員会
  • 資格専門委員会
2014年度各種委員会[12]
  • 名誉会員候補者推薦委員会
  • 日本地理学会賞受賞候補者選考委員会
  • 国立地図学博物館設立推進委員会
  • 災害対応委員会
  • 地理教育公開講座委員会
  • GIS学術士資格委員会
  • ジオパーク対応委員会
  • 地域調査士認定委員会
  • 出版助成委員会
  • 英文叢書編集委員会
  • 小林浩二研究助成審査委員会
  • 選挙管理委員会

脚注[編集]

  1. ^ 科学技術振興機構"機関詳細 : 学会名鑑 - 科学技術振興機構/公益社団法人 日本地理学会"(2013年10月15日閲覧。)
  2. ^ CiNii"CiNii Books 著者 - 日本地理学会"(2013年10月15日閲覧。)
  3. ^ 社団法人日本地理学会の認可
  4. ^ (社)日本地理学会の新法人制度への対応について
  5. ^ 学術大会”. 日本地理学会. 2017年9月17日閲覧。
  6. ^ 2011年春季学術大会”. 日本地理学会. 2011年6月23日閲覧。
  7. ^ 日本地理学会: 機関誌 2017年9月2日閲覧
  8. ^ 日本地理学会"2014〜2015年度日本地理学会運営組織"(2014年10月11日閲覧。)
  9. ^ 野間ほか 編著(2012):244ページ
  10. ^ 日本地理学会"2014〜2015年度日本地理学会運営組織"(2014年10月11日閲覧。)
  11. ^ 日本地理学会"2016~2017年度日本地理学会運営組織"(2016年12月5日閲覧。)
  12. ^ a b 日本地理学会"役員/委員会"(2014年10月11日閲覧。)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]