野間晴雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

野間 晴雄(のま はるお、1953年 - )は、日本の地理学者関西大学文学部教授[1]。2018年11月から人文地理学会会長を務めている[2]。専門はアジア地域論文化地理学歴史地理学

経歴[編集]

1977年京都大学文学部史学科・人文地理学専攻卒業[3]1979年京都大学大学院文学研究科修士課程修了[4]奈良大学文学部の助手となった[3]1983年滋賀大学教育学部の講師となり、1984年助教授1993年奈良女子大学文学部助教授1996年教授となる[3]2002年関西大学文学部教授[3]2005年博士(文学)[4]

主な著書[編集]

単著[編集]

  • 低地の歴史生態システム―日本の比較稲作社会論―、関西大学出版部、2009年

編著[編集]

  • 文化システムの磁場―16~20世紀アジアの交流史―、関西大学出版部、2010年

共編著[編集]

  • (山近博義、矢野司郎との共編著)地図でみる城下町、海青社、2020年
  • 香川貴志土平博河角龍典小原丈明との共編著)ジオ・パルNEO = Geo-Pal NEO : 地理学・地域調査便利帖、海青社、2012年

共著[編集]

  • 大和を歩く―ひとあじちがう歴史地理探訪―、奈良新聞社、2000年

脚注[編集]

  1. ^ ジオ・パルNEO 地理学・地域調査便利帖”. トーハン. 2017年3月29日閲覧。
  2. ^ 役員等一覧 « 一般社団法人 人文地理学会”. 2020年7月7日閲覧。
  3. ^ a b c d 野間晴雄 - Researchmap
  4. ^ a b 野間晴雄”. 関西大学学術情報システム. 2021年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
石川義孝
人文地理学会会長
2018年 -
次代:
現職