中村和郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中村 和郎(なかむら かずお、1934年(昭和9年) 5月2日[1]- )は、日本の地理学者、理学博士。駒澤大学名誉教授

来歴[編集]

岩手県生まれ。1958年東京大学卒業。1968年「東アフリカにおける赤道偏西風とその気候学的意義」で東京都立大学理学博士。東京都立大学理学部助教授を経て、教授に就任。のち駒澤大学教授に転じ、名誉教授。日本国際地図学会会長などを歴任。

著書[編集]

  • 旺文社学習図鑑 14 日本の地理 Ⅱ 各地のくらし』1976
  • 『雲と風を読む 自然景観の読み方』岩波書店、1991

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • スタンプ『生と死の地理学』別技篤彦共訳 古今書院 グローバル・シリーズ、1967
  • K.B.ステフェンソン『イギリス その国土と人々』帝国書院 全訳世界の地理教科書シリーズ、1977
  • G.S.ブラウンほか『アメリカ その国土と人々』帝国書院 全訳世界の地理教科書シリーズ、1978

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』