埼玉大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
埼玉大学
埼玉大学正門
埼玉大学正門
大学設置 1949年
創立 1921年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人埼玉大学
本部所在地 埼玉県さいたま市桜区下大久保255
北緯35度51分51.1秒 東経139度36分28.9秒 / 北緯35.864194度 東経139.608028度 / 35.864194; 139.608028座標: 北緯35度51分51.1秒 東経139度36分28.9秒 / 北緯35.864194度 東経139.608028度 / 35.864194; 139.608028
キャンパス 大久保(埼玉県さいたま市)
大宮ソニックシティカレッジ
(埼玉県さいたま市)
東京ステーションカレッジ
東京都千代田区
学部 教養学部
教育学部
経済学部
理学部
工学部
研究科 人文社会科学研究科
教育学研究科
理工学研究科
連合学校教育学研究科
ウェブサイト 埼玉大学公式サイト
テンプレートを表示

埼玉大学(さいたまだいがく、英語: Saitama University)は、埼玉県さいたま市桜区下大久保255に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は埼大(さいだい)。

概観[編集]

大学全体[編集]

埼玉大学は官立浦和高等学校大正10年が起源の文科理科からなる官立旧制高等学校)、埼玉師範学校明治6年が起源)、埼玉青年師範学校大正11年が起源)の3校を統合して、昭和24年新制国立大学として設立された。現在では5学部(教養・教育・経済・理・工)、3大学院研究科(人文社会科学・教育学・理工学)を有する総合大学である。

理念・基本方針[編集]

埼玉大学は以下の2つを理念・基本方針としている。

  1. 市民社会の中核となるべき人材の育成
  2. 時代の要請に応える知識と技術の創出

教育および研究[編集]

埼玉大学の教育は、以下の3つの原則を基礎としている。

  • 深さ(Depth) 高度な専門性
  • 広さ(Breadth) 幅広い知識と教養
  • 相互関連性(Coherence) 諸領域の知識の体系的関連性

沿革[編集]

年表[編集]

基礎データ[編集]

キャンパスおよび所在地[編集]

大久保キャンパス[編集]

  • 埼玉県さいたま市桜区下大久保255
  • 交通アクセス
    • 南与野駅
    • 北浦和駅西口から埼玉大学行きのバスで約15分、終点下車(国際興業バス・西武バス)
    • 志木駅東口から南与野駅西口行きのバスで約25分、埼玉大学下車(国際興業バス)
    • 北朝霞駅から南与野駅西口行きのバスで約30分、埼玉大学下車(国際興業バス)
    • 浦和駅
      • 西口から大久保浄水場・下大久保行きのいずれかのバスで約20分、十石田または埼大裏下車(国際興業バス)
      • 西口から桜区役所行きのバスで約20分、十石田下車(国際興業バス)

サテライトキャンパス[編集]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学部[編集]

総合研究棟
  • 教養学部
    • 教養学科[7]
      • グローバル・ガバナンス専修課程
        • 国際関係論専攻
        • 国際開発論専攻  
      • 現代社会専修課程
        • 社会学専攻
        • フィールド科学専攻
      • 哲学歴史専修課程
        • 哲学専攻
        • 芸術論専攻
        • 歴史学専攻  
      • ヨーロッパ・アメリカ文化専修課程
        • ヨーロッパ文化専攻
        • アメリカ研究専攻
      • 日本・アジア文化専修課程
        • 日本文化専攻
        • 東アジア文化専攻
      • 講座[8]:文化環境、現代社会、哲学歴史、ヨーロッパ文化・アメリカ研究、日本・アジア研究
  • 教育学部
    • 2015年入学生以降
      • 学校教育教員養成課程
        • 小学校コース
          • 教育学専修
          • 心理・教育実践学専修
          • 言語文化専修
            • 国語分野
            • 英語分野
          • 社会専修
          • 自然科学専修
            • 算数分野
            • 理科分野
          • 芸術専修
            • 音楽分野
            • 図画工作分野
          • 身体文化専修
            • 体育分野
          • 生活創造専修
            • 家庭科分野
            • ものづくりと情報分野
        • 中学校コース
          • 言語文化専修
            • 国語分野
            • 英語分野
          • 社会専修
          • 自然科学専修
            • 数学分野
            • 理科分野
          • 芸術専修
            • 音楽分野
            • 美術分野
          • 身体文化専修
            • 保健体育分野
          • 生活創造専修
            • 家庭科分野
            • 技術分野
        • 乳幼児教育コース
        • 特別支援教育コース
        • 講座[8]:総合教育科学、教育心理カウンセリング、学校教育臨床、コラボレーション教育、乳幼児教育、特別支援教育、国語教育、社会科教育、数学教育、理科教育、音楽教育、美術教育、保健体育、技術教育、家政教育、英語教育
      • 養護教諭養成課程
        • 講座[8]:学校保健学
    • 2014年入学生まで
  • 経済学部
    • 2015年入学生以降
      • 経済学科
        • 昼間コース
          メジャー[9]:経済分析、国際ビジネスと社会発展、経営イノベーション、法と公共政策
        • 夜間主コース
    • 2014年入学生まで
      • 昼間コース[10]
      • 夜間主コース
        • 経済学科
        • 経営学科
        • 社会環境設計学科
  • 理学部[11]
    • 数学科
      • 講座:数理代数、大域幾何、数理解析
    • 物理学
      • 講座:物性物理学、核物理学
    • 基礎化学科
      • 講座:合成化学、解析化学
    • 分子生物学
      • 講座:生物分子、分子細胞
    • 生体制御学科
      • 講座:生体情報学、生体機能学、生体適応学
  • 工学部[11]
    • 機械工学
      • 講座:設計・生産システム、メカニカルサイエンス、知能機械システム、支援システム工学
    • 電気電子システム工学科
      • 講座:電気電子制御、電子システム
    • 情報システム工学科
      • 講座:情報制御、知能システム
    • 応用化学科
      • 講座:無機材料化学、分子プロセス工学、環境設計制御
    • 機能材料工学科
      • 講座:機能量子工学、機能生体分子工学
    • 建設工学科
      • 講座:地圏システム工学、計画設計システム工学、環境システム工学
    • 環境共生学科
      • 講座:物質循環科学、応用生態学、環境評価学

大学院[編集]

理学部・工学部では、学部と博士前期課程の6年一貫教育体制を標準的なコースとしている。2010年における理学部の大学院進学率は63.4%、工学部の大学院進学率は58.5%であった。

  • 人文社会科学研究科
2015年度に、文化科学研究科と経済科学研究科を統合して誕生
  • 研究部[12](教員組織)
    • 哲学・芸術学研究領域
    • 史学研究領域
    • 文学研究領域
    • 言語学研究領域
    • 人類学・地理学研究領域
    • 法学研究領域
    • 政治学研究領域
    • 経済学研究領域
    • 経営学研究領域
    • 商学研究領域
    • 社会学研究領域
  • 教育部(教育組織)
    • 文化環境専攻(博士前期課程)
      • グローバル・ガバナンスコース[13]
      • 現代社会コース[14]
      • 哲学歴史コース[15]
      • ヨーロッパ・アメリカ文化コース[16]
    • 国際日本アジア専攻(博士前期課程)
      • 日本アジア文化コース[17]
      • 日本アジア経済経営コース[18]
    • 経済経営専攻(博士前期課程・博士後期課程)
      • 経済経営コース(博士前期課程のみ)
    • 日本アジア文化専攻(博士後期課程)
  • 文化科学研究科 (2014年入学生まで)
    • 文化構造研究専攻[19](修士課程)
    • 日本・アジア研究専攻[20](修士課程)
    • 文化環境研究専攻[21](修士課程)
    • 日本・アジア文化研究専攻[22](博士後期課程)
    • 文部科学省「大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)」
      • 人文学によるスキル開発教育プログラム(2007年)
  • 経済科学研究科(2014年入学生まで)
主に社会人を対象としており、講義は平日夜間のほか、土曜日昼夜間も開講
  • 修士課程
    • 経済科学専攻
      • プログラム[23]
        • 金融・経営システム研究(東京ステーションカレッジで講義、研究指導)
        • 地域公共システム研究(さいたま本校で講義、研究指導)
  • 博士課程
    • 経済科学専攻
      • プログラム[24]
        • 金融・経営システム研究
      • 地域公共システム研究
  • 教育学研究科
    • 学校教育専攻(修士課程)
    • 特別支援教育専攻(修士課程)
    • 教科教育専攻(修士課程)
      • 国語教育専修
      • 社会教育専修
      • 数学教育専修
      • 理科教育専修
      • 音楽教育専修
      • 美術教育専修
      • 保健体育専修
      • 技術教育専修
      • 家政教育専修
      • 英語教育専修
  • 理工学研究科
理化学研究所と連携し、約30名の客員教員(理化学研究所主任研究員クラスが多い)による研究指導が行われている。
  • 研究部[26](教員組織)
    • 生命科学部門
      研究領域:分子生物学、生体制御学
    • 物質科学部門
      研究領域:物質基礎、物質機能
    • 数理電子情報部門
      研究領域:数理、電気電子システム、情報
    • 人間支援・生産科学部門
      研究領域:生産科学、人間支援工学
    • 環境科学・社会基盤部門
      研究領域:環境科学、環境計画、社会基盤創成
    • 連携先端研究部門
      研究領域:粒子宇宙科学、融合電子技術、脳科学、アンビエント・モビリティ・インターフェイス
    • 戦略的研究部門
      研究領域:グリーン・環境、ライフ・ナノバイオ、感性認知支援
  • 教育部(教育組織)
    • 博士前期課程
      • 生命科学系専攻
      • 物理機能系専攻
        • 物理学コース
        • 機能材料工学コース
      • 化学系専攻
        • 基礎化学コース
        • 応用化学コース
      • 数理電子情報系専攻
        • 数学コース
        • 電気電子システム工学コース
        • 情報システム工学コース
      • 機械科学系専攻
        • 機械工学コース
        • メカノロボット工学コース
      • 環境システム工学系専攻
        • 環境社会基盤国際コース
        • 環境制御システムコース
    • 博士後期課程
      • 理工学専攻
        • 生命科学コース
        • 物質科学コース
        • 数理電子情報コース
        • 人間支援・生産科学コース
        • 環境科学・社会基盤コース
        • 連携先端研究コース
    • 文部科学省「大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)」
      • 環境社会基盤国際連携大学院プログラム(2007年)

機構と付属施設[編集]

図書館
大学会館
地域オープンイノベーションセンター
  • 教育機構
    • 教育企画室
    • 基盤教育研究センター
    • 英語教育開発センター
    • 日本語教育センター
    • 社会調査研究センター
    • アドミッションセンター
    • 学生支援センター
    • 保健センター
    • 教員免許センター
  • 研究機構
    • 研究企画推進室
      • 脳末梢科学研究センター
        • 脳機能解析応用部門
        • 脳末梢機能連関研究部門
      • 環境科学研究センター
      • アンビエント・モビリティ・インターフェイス研究センター
        • アンビエント・モビリティ部門
        • モビリティ・ダイナミクス部門
      • レジリエント社会研究センター
      • 科学分析支援センター
        • 生命科学分析分野
        • 機器分析分野
        • 環境分析分野
      • 総合技術支援センター
        • 機械建設系
        • 電気電子情報系
        • 物質・生命科学系
      • リサーチ・アドミニストレーターオフィス
        • URA部門
        • URA支援部門
    • オープンイノベーションセンター
      • 連携推進・知的財産部門
      • プロジェクト推進部門
  • 図書館
  • 情報メディア基盤センター
    • 学術情報処理研究開発部門
    • 高度情報共有環境研究開発部門
    • 情報メディア教育支援部門
  • 国際本部
    • 国際企画室
    • 留学交流支援室
    • 国際開発教育研究センター
  • 学生宿舎
埼玉大学の西門より道路を一つ挟んだ位置にある。平成22年度までは学生による自治寮であった。
かつて存在した付属施設[編集]
  • 地圏科学研究センター
2013年度をもって廃止。工学部建設工学科の一部となる。

附属学校園[編集]

大学関係者と組織[編集]

同窓会[編集]

埼玉大学の同窓会には、教養学部の「けやき会」、教育学部の「教友会」、経済学部の「経和会」などがあり、理学部、工学部などでは学科単位で同窓会が存在している。

大学関係者一覧[編集]

大学・部局間交流協定締結校[編集]

国内 大学間交流協定締結校
国外 大学間交流協定締結校
部局間交流協定締結校(大学間交流協定締結校を除く)

その他[編集]

  • 『読売ウィークリー』の主要56大学就職ランクの「公務員・教員就職力」で1位となった[28]
  • FM浦和に埼玉大学学生が制作を行っているラジオ番組「RadioCampus」があり、大学情報を発信している。
  • 大学祭は「むつめ祭」[29]。例年11月頭に開催される。むつめの名前の由来は、埼玉(さきたま)古墳から見つかった勾玉(まがたま)および仲睦まじい(なかむつまじい)より。
  • 埼玉県のサッカーの歴史は、明治41年埼玉師範学校(埼玉大学教育学部の前身校)に蹴球部が創設されたことをもって、その嚆矢としている。このこともあり、浦和レッズのエンブレムに描かれた建物は埼玉師範学校の校舎「鳳翔閣」がモデルとされている。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 埼玉大学長を誘拐8時間後に無事保護 2人組逮捕 読売新聞 1993年3月26日東京朝刊1頁
  2. ^ 1.国立大学の教養部改組の状況 文部科学省
  3. ^ 社会人と学生のための大学・大学院進学情報 RENA-NET NEWS
  4. ^ 国立大学改革、強化推進事業に7大学を選定…文科省
  5. ^ 設置計画の概要(経済学部) 文部科学省
  6. ^ 設置計画の概要(人文社会科学研究科) 文部科学省
  7. ^ 2016年入学生用の教養学部案内[1]によると、2年次から各専攻に分かれる。
  8. ^ a b c 国立大学法人埼玉大学学則
  9. ^ 2016年入学生用の経済学部案内[2]によると、2年進級時に選択。他メジャーの科目も選択科目として履修でき、ある程度まとまって他のメジャーの科目を履修すると、「マイナー」として認定される。
  10. ^ 2年次に学科に分かれる。
  11. ^ a b 講座は、国立大学法人埼玉大学学則による。
  12. ^ 研究領域は、2015年度版の大学概要[3]による。
  13. ^ 2016年入学生用の博士前期課程の学生募集要項[4]によると、専門分野として、国際関係論がある。
  14. ^ 2016年入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、専門分野として、人類学地理学、社会学・メディア・コミュニケーションがある。
  15. ^ 2016年入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、専門分野として、哲学・言語学、歴史学(西洋史・考古学)、芸術論がある。
  16. ^ 2016年入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、専門分野として、欧米文化がある。
  17. ^ 2016年入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、専門分野として、日本語学、日本文学、東アジア文化、歴史学(日本史・東洋史)がある。
  18. ^ 2016年入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、専門分野として、経済学・経営学・会計学・法学・政治学・行政学・公共政策がある。
  19. ^ 2014年度版の修士課程案内[5]によると、哲学、歴史学、国際関係論、欧米文化、言語学・心理学という分野で構成され、教員は各分野に分かれている。
  20. ^ 2014年度版の修士課程案内によると、日本語学、日本文学、東アジア文化という分野で構成され、教員は各分野に分かれている。
  21. ^ 2014年度版の修士課程案内によると、人類学地理学、情報メディア環境、芸術論という分野で構成され、教員は各分野に分かれている。
  22. ^ 2014年度入学生用の博士課程案内[6]によると、教員は言語文化研究系、歴史哲学文化研究系、社会文化環境研究系の各分野に分かれており、開講科目も「特殊研究科目」が言語文化研究系科目、歴史哲学文化研究系科目、社会文化環境研究系科目の3科目群、「総合演習科目」が言語文化研究総合演習、歴史哲学文化研究総合演習、社会文化環境研究総合演習の3科目、「研究支援科目」が言語文化研究方法論、歴史哲学文化研究方法論、社会文化環境研究方法論の3科目に分かれている。
  23. ^ 2015年入学生用の大学案内、2014年度版の大学概要[7]
  24. ^ 2015年入学生用の大学案内、2014年度版の大学概要
  25. ^ 2016年入学生用の大学案内[8]によると、教育学分野、教育心理学分野、幼児教育分野の3分野がある。国立大学法人埼玉大学大学院教育学研究科規程によると、学校教育専修開設科目は、「総合分野」の1科目を除くと前述の3分野に分かれており、学生は主として履修する分野から一定数の単位を履修しなければならないとされている。
  26. ^ 部門、研究領域は、2015年度版の大学概要による。国立大学法人埼玉大学大学院理工学研究科規程では、コースについては定めているが、研究部の部門や研究領域に関して定めていない。
  27. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  28. ^ 『読売ウィークリー』2008年2月17日,67巻7号,通巻3116号
  29. ^ 第66回埼玉大学 むつめ祭

関連項目[編集]

公式サイト[編集]